日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

導入の前提条件

寄稿者

Trident を導入するには、必要なプロトコルをホストにインストールして設定しておく必要があります。

  • の導入がすべてを満たしていることを確認します "要件"

  • サポートされているバージョンの Docker がインストールされていることを確認します。Docker のバージョンが最新でない場合は、 "インストールまたは更新します"

docker --version
  • プロトコルの前提条件がホストにインストールされ、設定されていることを確認します。

プロトコル オペレーティングシステム コマンド

NFS

RHEL / CentOS 7.

sudo yum install -y nfs-utils

NFS

Ubuntu

sudo apt-get install -y nfs-common

iSCSI

RHEL / CentOS 7.

  1. 次のシステムパッケージをインストールします。

    sudo yum install -y lsscsi iscsi-initiator-utils sg3_utils device-mapper-multipath

  2. iscsi-initiator-utils のバージョンが 6.2.0.874-2.el7 以降であることを確認します。

    rpm -q iscsi-initiator-utils

  3. スキャンを手動に設定:

    sudo sed -i 's/^\(node.session.scan\).*/\1 = manual/' /etc/iscsi/iscsid.conf

  4. マルチパスを有効化:

    sudo mpathconf --enable --with_multipathd y --find_multipaths n

    注記 確認します etc/multipath.conf が含まれます find_multipaths no の下 defaults
  5. を確認します iscsid および multipathd 実行中:

    sudo systemctl enable --now iscsid multipathd

  6. を有効にして開始します iscsi

    sudo systemctl enable --now iscsi

iSCSI

Ubuntu

  1. 次のシステムパッケージをインストールします。

    sudo apt-get install -y open-iscsi lsscsi sg3-utils multipath-tools scsitools

  2. open-iscsi バージョンが 2.0.874-5ubuntu2.10 以降( bionic の場合)または 2.0.874-7.1ubuntu6.1 以降( Focal の場合)であることを確認します。

    dpkg -l open-iscsi

  3. スキャンを手動に設定:

    sudo sed -i 's/^\(node.session.scan\).*/\1 = manual/' /etc/iscsi/iscsid.conf

  4. マルチパスを有効化:

    sudo tee /etc/multipath.conf <←'EOF'
    defaults {
    user_friendly_names yes
    find_multipaths no
    }
    EOF
    sudo systemctl enable --now multipath-tools.service
    sudo service multipath-tools restart

    注記 確認します etc/multipath.conf が含まれます find_multipaths no の下 defaults
  5. を確認します open-iscsi および multipath-tools 有効になっていて実行中:

    sudo systemctl status multipath-tools
    sudo systemctl enable --now open-iscsi.service
    sudo systemctl status open-iscsi