日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ構成オプション

寄稿者

Astra Trident 構成で使用できる設定オプションを確認してください。

グローバル構成オプション

以下の設定オプションは、使用するストレージプラットフォームに関係なく、すべての Astra Trident 構成に適用されます。

オプション 説明

version

構成ファイルのバージョン番号

1.

storageDriverName

ストレージドライバの名前

ontap-nasontap-sanontap-nas-economy
ontap-nas-flexgroupsolidfire-sanazure-netapp-files`または `gcp-cvs

storagePrefix

ボリューム名のオプションのプレフィックス。デフォルト:「 netappdvp_」 。

ステージング _

limitVolumeSize

ボリュームサイズに関するオプションの制限。デフォルト:「」(適用されていない)

10G

ヒント 使用しないでください storagePrefix (デフォルトを含む)をElementバックエンドに使用します。デフォルトでは、が表示されます solidfire-san ドライバはこの設定を無視し、プレフィックスを使用しません。Docker ボリュームマッピングには特定の tenantID を使用するか、 Docker バージョン、ドライバ情報、名前の munging が使用されている可能性がある場合には Docker から取得した属性データを使用することを推奨します。

作成するすべてのボリュームでデフォルトのオプションを指定しなくても済むようになっています。。 size オプションはすべてのコントローラタイプで使用できます。デフォルトのボリュームサイズの設定方法の例については、 ONTAP の設定に関するセクションを参照してください。

オプション 説明

size

新しいボリュームのオプションのデフォルトサイズ。デフォルト:「 1G 」

10G

ONTAP の設定

ONTAP を使用する場合は、上記のグローバル構成値に加えて、次のトップレベルオプションを使用できます。

オプション 説明

managementLIF

ONTAP 管理 LIF の IP アドレス。Fully Qualified Domain Name ( FQDN ;完全修飾ドメイン名)を指定できます。

10.0.0.1

dataLIF

プロトコル LIF の IP アドレス。指定しない場合に生成されます。をクリックします ontap-nas ドライバ*のみ*、FQDNを指定できます。この場合、FQDNがNFSマウント処理に使用されます。をクリックします ontap-san ドライバのデフォルトでは、SVMのすべてのデータLIF IPが使用され、iSCSIマルチパスが使用されます。IPアドレスの指定 dataLIF をクリックします ontap-san ドライバは、マルチパスを無効にして、指定されたアドレスだけを使用します。

10.0.0.2

svm

使用する Storage Virtual Machine (管理 LIF がクラスタ LIF である場合は必須)

SVM_NFS の場合

username

ストレージデバイスに接続するユーザ名

vsadmin

password

ストレージ・デバイスに接続するためのパスワード

秘密

aggregate

プロビジョニング用のアグリゲート(オプション。設定する場合は SVM に割り当てる必要があります)。をクリックします ontap-nas-flexgroup ドライバ。このオプションは無視されます。SVM に割り当てられたすべてのアグリゲートを使用して FlexGroup ボリュームがプロビジョニングされます。

aggr1

limitAggregateUsage

オプション。使用率がこの割合を超えている場合は、プロビジョニングを失敗させます

75%

nfsMountOptions

NFS マウントオプションのきめ細かな制御。デフォルトは「 -o nfsvers=3 」です。でのみ使用できます ontap-nas および ontap-nas-economy ドライバ"ここでは、 NFS ホストの設定情報を参照してください"

-o nfsvers=4

igroupName

プラグインで使用される igroup 。デフォルトは「 netappdvp 」です。* 「 ONTAP-SAN’d river 」のみ利用可能です。

myigroup と入力します

limitVolumeSize

最大要求可能ボリュームサイズと qtree 親ボリュームサイズ。*のため ontap-nas-economy また、このオプションを使用すると、作成するFlexVol *のサイズも制限されます。

300g

qtreesPerFlexvol

FlexVol あたりの最大 qtree 数は [50 、 300] の範囲で指定する必要があります。デフォルトは 200 です。*のため ontap-nas-economy ドライバ。このオプションを使用すると、FlexVol あたりの最大qtree数をカスタマイズできます。

300

作成するすべてのボリュームでデフォルトのオプションを指定しなくても済むようになっています。

オプション 説明

spaceReserve

スペースリザベーションモード:「 none 」(シンプロビジョニング)または「 volume 」(シック)

なし

snapshotPolicy

使用する Snapshot ポリシー。デフォルトは「 none 」です。

なし

snapshotReserve

Snapshot リザーブの割合。 ONTAP のデフォルトを受け入れる場合は、デフォルトで「」になります

10.

splitOnClone

作成時にクローンを親からスプリットします。デフォルトは「 false 」です。

いいえ

encryption

新しいボリュームでNetApp Volume Encryption(NVE)を有効にします。デフォルトはです false。このオプションを使用するには、クラスタで NVE のライセンスが設定され、有効になっている必要があります。

NAEがバックエンドで有効になっている場合は、Astra TridentでプロビジョニングされたすべてのボリュームがNAEに有効になります。

詳細については、以下を参照してください。 "Astra TridentとNVEおよびNAEの相互運用性"

正しいです

unixPermissions

プロビジョニングされた NFS ボリューム用の NAS オプション。デフォルトは「 777 」

777

snapshotDir

にアクセスするためのNASオプション .snapshot ディレクトリ、デフォルトは「false」

正しいです

exportPolicy

NFS エクスポートポリシーで使用する NAS オプション。デフォルトは「 default 」

デフォルト

securityStyle

プロビジョニングされた NFS ボリュームにアクセスするための NAS オプション(デフォルトは「 UNIX 」)

混在

fileSystemType

SAN オプション:ファイルシステムタイプを選択します。デフォルトは「 ext4 」です。

XFS

tieringPolicy

使用する階層化ポリシー。デフォルトは「 none 」です。 ONTAP 9.5 より前の SVM-DR 構成では「 snapshot-only 」です

なし

スケーリングオプション

ontap-nas および ontap-san ドライバによって、DockerボリュームごとにONTAP FlexVol が作成されます。ONTAP では、クラスタノードあたり最大 1 、 000 個の FlexVol がサポートされます。クラスタの最大 FlexVol 数は 12 、 000 です。この制限内にDockerボリュームの要件が収まる場合は、を参照してください ontap-nas FlexVolで提供されるDockerボリューム単位のSnapshotやクローニングなどの機能が追加されているため、NAS解決策 がドライバとして推奨されます。

FlexVol の制限で対応できない数のDockerボリュームが必要な場合は、を選択します ontap-nas-economy または ontap-san-economy ドライバ。

ontap-nas-economy ドライバによって、自動管理されるFlexVolのプール内に、DockerボリュームがONTAP qtreeとして作成される。qtree の拡張性は、クラスタノードあたり最大 10 、 000 、クラスタあたり最大 2 、 40 、 000 で、一部の機能を犠牲にすることで大幅に向上しています。。 ontap-nas-economy ドライバは、Dockerボリューム単位のスナップショットやクローニングをサポートしていません。

注記 ontap-nas-economy ドライバは現在Docker Swarmではサポートされていません。Swarmは複数のノード間でのボリューム作成のオーケストレーションを行わないためです。

ontap-san-economy ドライバによって、自動で管理されるFlexVolの共有プール内にDockerボリュームがONTAP LUNとして作成される。この方法により、各 FlexVol が 1 つの LUN に制限されることはなく、 SAN ワークロードのスケーラビリティが向上します。ストレージアレイに応じて、 ONTAP はクラスタあたり最大 16384 個の LUN をサポートします。このドライバは、ボリュームが下位の LUN であるため、 Docker ボリューム単位の Snapshot とクローニングをサポートします。

を選択します ontap-nas-flexgroup 数十億個のファイルを含むペタバイト規模に拡張可能な1つのボリュームへの並列処理能力を高めるドライバ。FlexGroup のユースケースとしては、 AI / ML / DL 、ビッグデータと分析、ソフトウェアのビルド、ストリーミング、ファイルリポジトリなどが考えられます。Trident は、 FlexGroup ボリュームのプロビジョニング時に SVM に割り当てられたすべてのアグリゲートを使用します。Trident での FlexGroup のサポートでは、次の点も考慮する必要があります。

  • ONTAP バージョン 9.2 以降が必要です。

  • 本ドキュメントの執筆時点では、 FlexGroup は NFS v3 のみをサポートしています。

  • SVM で 64 ビットの NFSv3 ID を有効にすることを推奨します。

  • 推奨される最小 FlexGroup サイズは 100GB です。

  • FlexGroup Volume ではクローニングはサポートされていません。

FlexGroup と FlexGroup に適したワークロードの詳細については、を参照してください "NetApp FlexGroup Volume Best Practices and Implementation Guide"

同じ環境で高度な機能と大規模な拡張性を実現するために、を使用して、Docker Volume Pluginの複数のインスタンスを実行できます ontap-nas を使用しています ontap-nas-economy

ONTAP 構成ファイルの例

  • NFSの例 ontap-nas ドライバ*

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "ontap-nas",
    "managementLIF": "10.0.0.1",
    "dataLIF": "10.0.0.2",
    "svm": "svm_nfs",
    "username": "vsadmin",
    "password": "secret",
    "aggregate": "aggr1",
    "defaults": {
      "size": "10G",
      "spaceReserve": "none",
      "exportPolicy": "default"
    }
}
  • NFSの例 ontap-nas-flexgroup ドライバ*

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "ontap-nas-flexgroup",
    "managementLIF": "10.0.0.1",
    "dataLIF": "10.0.0.2",
    "svm": "svm_nfs",
    "username": "vsadmin",
    "password": "secret",
    "defaults": {
      "size": "100G",
      "spaceReserve": "none",
      "exportPolicy": "default"
    }
}
  • NFSの例 ontap-nas-economy ドライバ*

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "ontap-nas-economy",
    "managementLIF": "10.0.0.1",
    "dataLIF": "10.0.0.2",
    "svm": "svm_nfs",
    "username": "vsadmin",
    "password": "secret",
    "aggregate": "aggr1"
}
  • iSCSIの例 ontap-san ドライバ*

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "ontap-san",
    "managementLIF": "10.0.0.1",
    "dataLIF": "10.0.0.3",
    "svm": "svm_iscsi",
    "username": "vsadmin",
    "password": "secret",
    "aggregate": "aggr1",
    "igroupName": "myigroup"
}
  • NFSの例 ontap-san-economy ドライバ*

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "ontap-san-economy",
    "managementLIF": "10.0.0.1",
    "dataLIF": "10.0.0.3",
    "svm": "svm_iscsi_eco",
    "username": "vsadmin",
    "password": "secret",
    "aggregate": "aggr1",
    "igroupName": "myigroup"
}

Element ソフトウェアの設定

Element ソフトウェア( NetApp HCI / SolidFire )を使用する場合は、グローバルな設定値のほかに、以下のオプションも使用できます。

オプション 説明

Endpoint

SVIP

iSCSI の IP アドレスとポート

10.0.0.7 : 3260

TenantName

使用する SolidFire テナント(見つからない場合に作成)

Docker です

InitiatorIFace

iSCSI トラフィックをデフォルト以外のインターフェイスに制限する場合は、インターフェイスを指定します

デフォルト

Types

QoS の仕様

以下の例を参照してください

LegacyNamePrefix

アップグレードされた Trident インストールのプレフィックス。1.3.2 より前のバージョンの Trident を使用していて、既存のボリュームをアップグレードする場合は、この値を設定して、ボリューム名メソッドを使用してマッピングされた古いボリュームにアクセスする必要があります。

「 netappdvp - 」

solidfire-san ドライバはDocker Swarmをサポートしていません。

Element ソフトウェア構成ファイルの例

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "solidfire-san",
    "Endpoint": "https://admin:admin@192.168.160.3/json-rpc/8.0",
    "SVIP": "10.0.0.7:3260",
    "TenantName": "docker",
    "InitiatorIFace": "default",
    "Types": [
        {
            "Type": "Bronze",
            "Qos": {
                "minIOPS": 1000,
                "maxIOPS": 2000,
                "burstIOPS": 4000
            }
        },
        {
            "Type": "Silver",
            "Qos": {
                "minIOPS": 4000,
                "maxIOPS": 6000,
                "burstIOPS": 8000
            }
        },
        {
            "Type": "Gold",
            "Qos": {
                "minIOPS": 6000,
                "maxIOPS": 8000,
                "burstIOPS": 10000
            }
        }
    ]
}

GCP 上の Cloud Volumes Service ( CVS )構成

Trident に、デフォルトの CVS サービスタイプが on に設定された小規模なボリュームがサポートされるようになりました "GCP"。を使用して作成したバックエンドの場合 `storageClass=software`をクリックすると、ボリュームのプロビジョニングサイズが300GiB以上になります。* 非本番環境のワークロード用に 1TiB 未満のボリュームを使用することを推奨 * 。現在、 CVS ではこの機能が限定的な可用性で提供されており、テクニカルサポートは提供されていません。

注記 1TiB 未満のボリュームにアクセスするには、サインアップします "こちらをご覧ください"
警告 デフォルトのCVSサービスタイプを使用してバックエンドを導入する場合 `storageClass=software`では、該当するプロジェクト番号とプロジェクトIDについて、GCPのsub-1TiBボリューム機能へのアクセス権を取得する必要があります。これは Trident で sub-1TiB ボリュームのプロビジョニングに必要です。そうでない場合、ボリュームの作成に失敗します。 PVC が 600 GiB 未満の場合。を使用して 1TiB 未満のボリュームへのアクセスを取得します "このフォーム"

デフォルトの CVS サービスレベル用に Trident で作成されたボリュームは次のようにプロビジョニングされます。

  • 300GiB 未満の PVC があると、 Trident によって 300GiB の CVS ボリュームが作成されます。

  • 300GiB から 600GiB の PVC があると、 Trident が要求されたサイズの CVS ボリュームを作成します。

  • 600GiB から 1TiB までの PVC の場合、 Trident によって 1TiB の CVS ボリュームが作成されます。

  • 1TiB を超える PVC の場合、 Trident は要求サイズの CVS ボリュームを作成します。

GCP で CVS を使用する場合は、グローバル構成の値に加えて、次のオプションも使用できます。

オプション 説明

apiRegion

CVS アカウントリージョン(必須)。は、このバックエンドがボリュームをプロビジョニングする GCP リージョンです。

「 us-west2 」

projectNumber

GCP プロジェクト番号(必須)。GCP Web ポータルのホーム画面にあります。

“ 123456789012 ”

hostProjectNumber

GCP 共有 VPC ホストプロジェクト番号(共有 VPC を使用する場合は必須)

「 098765432109 」

apiKey

CVS admin ロールを持つ GCP サービスアカウントの API キー(必須)。は、 GCP サービスアカウントの秘密鍵ファイルの JSON 形式のコンテンツです(バックエンド構成ファイルにそのままコピーされます)。サービスアカウントには netappcloudvolumes .admin ロールが必要です。

(秘密鍵ファイルの内容)

secretKey

CVS アカウントのシークレットキー(必須)。CVS Web ポータルの「アカウント設定」 > 「 API アクセス」で確認できます。

デフォルト

proxyURL

CVS アカウントへの接続にプロキシサーバが必要な場合は、プロキシ URL を指定します。プロキシサーバには、 HTTP プロキシまたは HTTPS プロキシを使用できます。HTTPS プロキシの場合、証明書の検証は省略され、プロキシサーバで自己署名証明書が使用されるようになります。* 認証が有効になっているプロキシサーバーはサポートされていません * 。

nfsMountOptions

NFS マウントオプション。デフォルトは「 -o nfsvers=3 」です。

「 nfsvers=3 、 proto=tcp 、 timeo=600 」

serviceLevel

パフォーマンスレベル(標準、プレミアム、エクストリーム)、デフォルトは「標準」

Premium サービス

network

CVS ボリュームに使用される GCP ネットワーク。デフォルトは「 default 」です。

デフォルト

注記 共有VPCネットワークを使用する場合は、両方を指定する必要があります projectNumber および hostProjectNumber。その場合は、 projectNumber は、サービスプロジェクトおよびです hostProjectNumber は、ホストプロジェクトです。
注記 NetApp Cloud Volumes Service for GCP では、サイズが 100GiB 未満の CVS パフォーマンスボリュームや 300GiB 未満の CVS ボリュームはサポートされていません。アプリケーションの導入を容易にするために、ボリュームサイズが小さすぎる場合は、 Trident によって最小サイズのボリュームが自動的に作成されます。

GCP で CVS を使用している場合は、これらのデフォルトのボリュームオプション設定を使用できます。

オプション 説明

exportRule

NFS アクセスリスト(アドレスおよび CIDR サブネット)。デフォルトは「 0.0.0.0/0 」です。

「 10.0.1.0/24,10.0.2.100 」

snapshotDir

の表示/非表示を制御します .snapshot ディレクトリ

いいえ

snapshotReserve

スナップショット予約の割合。デフォルトでは、 CVS のデフォルト値である 0 を使用します

10.

size

ボリュームサイズ、デフォルトは「 100GiB 」

「 10T 」

GCP 上の CVS 構成ファイルの例

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "gcp-cvs",
    "projectNumber": "012345678901",
    "apiRegion": "us-west2",
    "apiKey": {
        "type": "service_account",
        "project_id": "my-gcp-project",
        "private_key_id": "1234567890123456789012345678901234567890",
        "private_key": "-----BEGIN PRIVATE KEY-----\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nznHczZsrrtHisIsAbOguSaPIKeyAZNchRAGzlzZE4jK3bl/qp8B4Kws8zX5ojY9m\nXsYg6gyxy4zq7OlwWgLwGa==\n-----END PRIVATE KEY-----\n",
        "client_email": "cloudvolumes-admin-sa@my-gcp-project.iam.gserviceaccount.com",
        "client_id": "123456789012345678901",
        "auth_uri": "https://accounts.google.com/o/oauth2/auth",
        "token_uri": "https://oauth2.googleapis.com/token",
        "auth_provider_x509_cert_url": "https://www.googleapis.com/oauth2/v1/certs",
        "client_x509_cert_url": "https://www.googleapis.com/robot/v1/metadata/x509/cloudvolumes-admin-sa%40my-gcp-project.iam.gserviceaccount.com"
    },
    "proxyURL": "http://proxy-server-hostname/"
}

Azure NetApp Files 構成

を設定して使用します "Azure NetApp Files の特長" バックエンドには、次のものが必要です。

  • subscriptionID Azure NetApp Files を有効にしたAzureサブスクリプションから選択します

  • tenantIDclientID`および `clientSecret から "アプリケーション登録" Azure Active Directory で、 Azure NetApp Files サービスに対する十分な権限がある

  • Azure ロケーションに少なくとも 1 つ以上が含まれている "委任されたサブネット"

ヒント 初めて Azure NetApp Files を使用している場合や、新しい場所で を使用している場合は、そのような初期設定が必要になります "クイックスタートガイド" ご案内します。
注記 Astra Trident 21.04.0 以前では、手動 QoS 容量プールはサポートされていません。
オプション 説明 デフォルト

version

常に 1

storageDriverName

「 azure-NetApp-files 」

backendName

ストレージバックエンドのカスタム名

ドライバ名 + "_" + ランダムな文字

subscriptionID

Azure サブスクリプションのサブスクリプション ID

tenantID

アプリケーション登録からのテナント ID

clientID

アプリケーション登録からのクライアント ID

clientSecret

アプリケーション登録からのクライアントシークレット

serviceLevel

「 Standard 」、「 Premium 」、「 Ultra 」のいずれか

「」(ランダム)

location

新しいボリュームを作成する Azure の場所の名前をに指定します

「」(ランダム)

virtualNetwork

委任されたサブネットを持つ仮想ネットワークの名前

「」(ランダム)

subnet

に委任されたサブネットの名前 Microsoft.Netapp/volumes

「」(ランダム)

nfsMountOptions

NFS マウントオプションのきめ細かな制御

「 -o nfsvers=3 」

limitVolumeSize

要求されたボリュームサイズがこの値を超えている場合、プロビジョニングが失敗します

“”(デフォルトでは適用されません)

注記 Azure NetApp Files サービスでは、サイズが 100GB 未満のボリュームはサポートされません。Trident では、アプリケーションの導入を容易にするために、より小さいボリュームが要求された場合に、 100GB のボリュームが自動的に作成されます。

これらのオプションを使用して、構成の特別なセクションで各ボリュームをデフォルトでプロビジョニングする方法を制御できます。

オプション 説明 デフォルト

exportRule

新しいボリュームのエクスポートルール。CIDR 表記の IPv4 アドレスまたは IPv4 サブネットの任意の組み合わせをカンマで区切って指定する必要があります。

「 0.0.0.0/0 」

snapshotDir

の表示/非表示を制御します .snapshot ディレクトリ

いいえ

size

新しいボリュームのデフォルトサイズ

「 100G 」

Azure NetApp Files 構成の例

  • 例 1 : azure-NetApp-files* のバックエンドの最小構成

これは、バックエンドの絶対的な最小構成です。この構成では、 Trident がお客様のネットアップアカウント、容量プール、および ANF に委譲されたサブネットをすべて検出し、新しいボリュームをいずれかの場所にランダムに配置します。

この構成は、 ANF の利用を開始して問題を解決するのに役立ちます。 しかし実際には、プロビジョニングするボリュームの範囲を追加して、必要な特性を確実に持ち、それを使用しているコンピューティングに近いネットワーク上で終了するようにします。詳細については、以降の例を参照してください。

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "azure-netapp-files",
    "subscriptionID": "9f87c765-4774-fake-ae98-a721add45451",
    "tenantID": "68e4f836-edc1-fake-bff9-b2d865ee56cf",
    "clientID": "dd043f63-bf8e-fake-8076-8de91e5713aa",
    "clientSecret": "SECRET"
}
  • 例 2 : Azure NetApp Files の単一の場所と特定のサービスレベル *

このバックエンド構成では、 Azure の「 eastus 」ロケーションにボリュームを「 Premium 」容量プールに配置します。Trident は、 ANF に委任されているすべてのサブネットを自動的に検出し、いずれかのサブネットに新しいボリュームをランダムに配置します。

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "azure-netapp-files",
    "subscriptionID": "9f87c765-4774-fake-ae98-a721add45451",
    "tenantID": "68e4f836-edc1-fake-bff9-b2d865ee56cf",
    "clientID": "dd043f63-bf8e-fake-8076-8de91e5713aa",
    "clientSecret": "SECRET",
    "location": "eastus",
    "serviceLevel": "Premium"
}
  • 例 3 : azure-NetApp-files* の高度な設定

このバックエンド構成は、ボリュームの配置を単一のサブネットにまで適用する手間をさらに削減し、一部のボリュームプロビジョニングのデフォルト設定も変更します。

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "azure-netapp-files",
    "subscriptionID": "9f87c765-4774-fake-ae98-a721add45451",
    "tenantID": "68e4f836-edc1-fake-bff9-b2d865ee56cf",
    "clientID": "dd043f63-bf8e-fake-8076-8de91e5713aa",
    "clientSecret": "SECRET",
    "location": "eastus",
    "serviceLevel": "Premium",
    "virtualNetwork": "my-virtual-network",
    "subnet": "my-subnet",
    "nfsMountOptions": "nfsvers=3,proto=tcp,timeo=600",
    "limitVolumeSize": "500Gi",
    "defaults": {
        "exportRule": "10.0.0.0/24,10.0.1.0/24,10.0.2.100",
        "size": "200Gi"
    }
}
  • 例 4 : azure-NetApp-files* を使用する仮想ストレージプール

このバックエンド構成では、複数のが定義され "ストレージのプール" 1 つのファイルに格納できます。これは、異なるサービスレベルをサポートする複数の容量プールがあり、それらを表すストレージクラスを Kubernetes で作成する場合に便利です。

仮想ストレージプールの機能の表面に、ラベルが貼られています。

{
    "version": 1,
    "storageDriverName": "azure-netapp-files",
    "subscriptionID": "9f87c765-4774-fake-ae98-a721add45451",
    "tenantID": "68e4f836-edc1-fake-bff9-b2d865ee56cf",
    "clientID": "dd043f63-bf8e-fake-8076-8de91e5713aa",
    "clientSecret": "SECRET",
    "nfsMountOptions": "nfsvers=3,proto=tcp,timeo=600",
    "labels": {
        "cloud": "azure"
    },
    "location": "eastus",

    "storage": [
        {
            "labels": {
                "performance": "gold"
            },
            "serviceLevel": "Ultra"
        },
        {
            "labels": {
                "performance": "silver"
            },
            "serviceLevel": "Premium"
        },
        {
            "labels": {
                "performance": "bronze"
            },
            "serviceLevel": "Standard",
        }
    ]
}