日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ドライバ固有のボリュームオプション

寄稿者

ストレージドライバにはそれぞれ異なるオプションがあり、ボリュームの作成時に指定することで結果をカスタマイズできます。構成済みのストレージシステムに適用されるオプションについては、以下を参照してください。

ボリューム作成処理では、これらのオプションを簡単に使用できます。を使用して、オプションと値を指定します -o CLI処理中の演算子。これらは、 JSON 構成ファイルの同等の値よりも優先されます。

ONTAP ボリュームのオプション

NFS と iSCSI のどちらの場合も、 volume create オプションには次のオプションがあります。

オプション 説明

size

ボリュームのサイズ。デフォルトは 1GiB です。

spaceReserve

ボリュームをシンプロビジョニングまたはシックプロビジョニングします。デフォルトはシンです。有効な値はです none (シンプロビジョニング)および volume (シックプロビジョニング)。

snapshotPolicy

Snapshot ポリシーが目的の値に設定されます。デフォルトはです none`つまり、ボリュームに対してSnapshotが自動的に作成されることはありません。ストレージ管理者によって変更されていない限り、「 default 」という名前のポリシーがすべての ONTAP システムに存在し、 6 個の時間単位 Snapshot 、 2 個の日単位 Snapshot 、および 2 個の週単位 Snapshot を作成して保持します。Snapshotに保存されているデータは、にアクセスしてリカバリできます `.snapshot ボリューム内の任意のディレクトリ内のディレクトリ。

snapshotReserve

これにより、 Snapshot リザーブの割合が希望する値に設定されます。デフォルト値は no で、 Snapshot ポリシーを選択した場合は ONTAP によって snapshotReserve が選択されます(通常は 5% )。 Snapshot ポリシーがない場合は 0% が選択されます。構成ファイルのすべての ONTAP バックエンドに対して snapshotReserve のデフォルト値を設定できます。また、この値は、 ONTAP-NAS-エコノミー を除くすべての ONTAP バックエンドでボリューム作成オプションとして使用できます。

splitOnClone

ボリュームをクローニングすると、そのクローンが原因 ONTAP によって親から即座にスプリットされます。デフォルトはです false。クローンボリュームのクローニングは、作成直後に親からクローンをスプリットする方法を推奨します。これは、ストレージ効率化の効果がまったくないためです。たとえば、空のデータベースをクローニングすると、時間を大幅に節約できますが、ストレージの節約はほとんどできないため、クローンをすぐに分割することをお勧めします。

encryption

新しいボリュームでNetApp Volume Encryption(NVE)を有効にします。デフォルトはです false。このオプションを使用するには、クラスタで NVE のライセンスが設定され、有効になっている必要があります。

NAEがバックエンドで有効になっている場合は、Astra TridentでプロビジョニングされたすべてのボリュームがNAEに有効になります。

詳細については、以下を参照してください。 "Astra TridentとNVEおよびNAEの相互運用性"

tieringPolicy

ボリュームに使用する階層化ポリシーを設定します。これにより、アクセス頻度の低いコールドデータをクラウド階層に移動するかどうかが決まります。

以下は、 NFS * のみ * 用の追加オプションです。

オプション 説明

unixPermissions

これにより、ボリューム自体の権限セットを制御できます。デフォルトでは、権限はに設定されます `---rwxr-xr-x`または数値表記0755、およびです `root が所有者になります。テキスト形式または数値形式のどちらかを使用できます。

snapshotDir

これをに設定します true がを作成します .snapshot ボリュームにアクセスしているクライアントから認識できるディレクトリ。デフォルト値はです false`の可視性を意味します `.snapshot ディレクトリはデフォルトで無効になっています。公式のMySQLイメージなどの一部のイメージは、の場合、期待どおりに機能しません .snapshot ディレクトリが表示されます。

exportPolicy

ボリュームで使用するエクスポートポリシーを設定します。デフォルトはです default

securityStyle

ボリュームへのアクセスに使用するセキュリティ形式を設定します。デフォルトはです unix。有効な値はです unix および mixed

以下の追加オプションは、 iSCSI * のみ * 用です。

オプション 説明

fileSystemType

iSCSI ボリュームのフォーマットに使用するファイルシステムを設定します。デフォルトはです ext4。有効な値はです ext3ext4`および `xfs

spaceAllocation

これをに設定します false LUNのスペース割り当て機能をオフにします。デフォルト値はです `true`つまり、ボリュームのスペースが不足し、ボリューム内のLUNに書き込みを受け付けられなくなったときに、ONTAP からホストに通知されます。また、このオプションで ONTAP 、ホストでデータが削除された時点での自動スペース再生も有効になります。

以下の例を参照してください。

  • 10GiB ボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name demo -o size=10G -o encryption=true
  • Snapshot を使用して 100GiB のボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name demo -o size=100G -o snapshotPolicy=default -o snapshotReserve=10
  • setuid ビットが有効になっているボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name demo -o unixPermissions=4755

最小ボリュームサイズは 20MiB です。

Snapshotリザーブが指定されていない場合、Snapshotポリシーはです `none`Tridentは0%のSnapshotリザーブを使用します。

  • Snapshot ポリシーがなく、 Snapshot リザーブがないボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name my_vol --opt snapshotPolicy=none
  • Snapshot ポリシーがなく、カスタムの Snapshot リザーブが 10% のボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name my_vol --opt snapshotPolicy=none --opt snapshotReserve=10
  • Snapshot ポリシーを使用し、カスタムの Snapshot リザーブを 10% に設定してボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name my_vol --opt snapshotPolicy=myPolicy --opt snapshotReserve=10
  • Snapshot ポリシーを設定してボリュームを作成し、 ONTAP のデフォルトの Snapshot リザーブ(通常は 5% )を受け入れます。

    docker volume create -d netapp --name my_vol --opt snapshotPolicy=myPolicy

Element ソフトウェアのボリュームオプション

Element ソフトウェアのオプションでは、ボリュームに関連付けられているサービス品質( QoS )ポリシーのサイズと QoS を指定できます。ボリュームの作成時に、関連付けられているQoSポリシーをを使用して指定します -o type=service_level 名称。

Element ドライバを使用して QoS サービスレベルを定義する最初の手順は、少なくとも 1 つのタイプを作成し、構成ファイル内の名前に関連付けられた最小 IOPS 、最大 IOPS 、バースト IOPS を指定することです。

Element ソフトウェアのその他のボリューム作成オプションは次のとおりです。

オプション 説明

size

ボリュームのサイズ。デフォルト値は 1GiB または設定エントリ …​ 「 defaults 」: { 「 size 」:「 5G 」 } 。

blocksize

512 または 4096 のいずれかを使用します。デフォルトは 512 または config エントリ DefaultBlockSize です。

QoS 定義を含む次のサンプル構成ファイルを参照してください。

{
    "...": "..."
    "Types": [
        {
            "Type": "Bronze",
            "Qos": {
                "minIOPS": 1000,
                "maxIOPS": 2000,
                "burstIOPS": 4000
            }
        },
        {
            "Type": "Silver",
            "Qos": {
                "minIOPS": 4000,
                "maxIOPS": 6000,
                "burstIOPS": 8000
            }
        },
        {
            "Type": "Gold",
            "Qos": {
                "minIOPS": 6000,
                "maxIOPS": 8000,
                "burstIOPS": 10000
            }
        }
    ]
}

上記の構成では、 Bronze 、 Silver 、 Gold の 3 つのポリシー定義を使用します。これらの名前は任意です。

  • 10GiB の Gold ボリュームを作成します。

    docker volume create -d solidfire --name sfGold -o type=Gold -o size=10G
  • 100GiB Bronze ボリュームを作成します。

    docker volume create -d solidfire --name sfBronze -o type=Bronze -o size=100G

CVS on GCP ボリュームのオプション

GCP 上の CVS ドライバのボリューム作成オプションには、次のものがあります。

オプション 説明

size

ボリュームのサイズ。 CVS パフォーマンスボリュームの場合はデフォルトで 100GiB 、 CVS ボリュームの場合は 300GiB になります。

serviceLevel

ボリュームの CVS サービスレベル。デフォルトは「 Standard 」です。有効な値は、 standard 、 premium 、 extreme です。

snapshotReserve

これにより、 Snapshot リザーブの割合が希望する値に設定されます。デフォルト値は no で、 CVS によって Snapshot リザーブが選択されます(通常は 0% )。

  • 2TiB のボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name demo -o size=2T
  • 5TiB の Premium ボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name demo -o size=5T -o serviceLevel=premium

CVS パフォーマンスボリュームの場合は最小ボリュームサイズが 100GiB 、 CVS ボリュームの場合は 300GiB です。

Azure NetApp Files ボリュームのオプション

Azure NetApp Files ドライバの volume create オプションには、次のものがあります。

オプション 説明

size

ボリュームのサイズ。デフォルトは 100GB です。

  • 200GiB ボリュームを作成します。

    docker volume create -d netapp --name demo -o size=200G

最小ボリュームサイズは 100GB です。