日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Trident を統合

寄稿者

Astra Trident を統合するには、設計とアーキテクチャに関する次の要素を統合する必要があります。ドライバの選択と導入、ストレージクラスの設計、仮想ストレージプールの設計、永続的ボリューム要求( PVC )は、 Astra Trident を使用したストレージプロビジョニング、ボリューム運用、 OpenShift サービスの導入に影響を及ぼします。

ドライバの選択と展開

ONTAP のバックエンドドライバを選択します

ONTAP システムでは、 4 種類のバックエンドドライバを使用できます。これらのドライバの違いは、使用するプロトコルと、ストレージシステムでのボリュームのプロビジョニング方法です。そのため、どのドライバを展開するかを慎重に検討してください。

アプリケーションに共有ストレージを必要とするコンポーネント(同じ PVC にアクセスする複数のポッド)がある場合、 NAS ベースのドライバがデフォルトで選択されますが、ブロックベースの iSCSI ドライバは非共有ストレージのニーズを満たします。アプリケーションの要件と、ストレージチームとインフラチームの快適さレベルに基づいてプロトコルを選択してください。一般的に、ほとんどのアプリケーションでは両者の違いはほとんどないため、共有ストレージ(複数のポッドで同時にアクセスする必要がある場合)が必要かどうかに基づいて判断することがよくあります。

ONTAP バックエンドの 5 つのドライバを次に示します。

  • ontap-nas:プロビジョニングされた各PVは、ONTAP のフルFlexVolです。

  • ontap-nas-economy:PVがプロビジョニングされた各ボリュームはqtreeであり、FlexVolあたりのqtree数は設定可能です(デフォルトは200)。

  • ontap-nas-flexgroup:すべてのONTAP FlexGroup としてプロビジョニングされたPVごとに、SVMに割り当てられたすべてのアグリゲートが使用されます。

  • ontap-san:プロビジョニングされた各PVは、固有のFlexVol内のLUNです。

  • ontap-san-economy:プロビジョニングされた各PVはLUNで、FlexVolあたりのLUN数は設定可能です(デフォルトは100)。

3 つの NAS ドライバの間で選択すると、アプリケーションで使用できる機能にいくつかの影響があります。

次の表では、 Astra Trident からすべての機能が提供されるわけではありません。一部の機能は、プロビジョニング後にストレージ管理者が適用する必要があります。上付き文字の脚注は、機能やドライバごとに機能を区別します。

ONTAP NAS ドライバ Snapshot クローン 動的なエクスポートポリシー マルチアタッチ QoS サイズ変更 レプリケーション

ontap-nas

はい。

はい。

○脚注: 5[]

はい。

○脚注: 1[]

はい。

○脚注: 1[]

ontap-nas-economy

○脚注: 3[]

○脚注: 3[]

○脚注: 5[]

はい。

○脚注: 3[]

はい。

○脚注: 3[]

ontap-nas-flexgroup

○脚注: 1[]

いいえ

○脚注: 5[]

はい。

○脚注: 1[]

はい。

○脚注: 1[]

Astra Trident は、 ONTAP 向けに 2 つの SAN ドライバを提供しています。このドライバの機能は次のとおりです。

ONTAP SAN ドライバ Snapshot クローン マルチアタッチ 双方向 CHAP QoS サイズ変更 レプリケーション

ontap-san

はい。

はい。

○脚注: 4[]

はい。

○脚注: 1[]

はい。

○脚注: 1[]

ontap-san-economy

はい。

はい。

○脚注: 4[]

はい。

○脚注: 3[]

はい。

○脚注: 3[]

上記の表の脚注: 1 [ ]:Astra Trident 脚注で管理されていません。 2[ ]:Astra Trident で管理されていますが、 PV レベルの細かい脚注ではできません。説明: 4[] : Raw ブロックボリュームの脚注: 5 [ ]Trident でサポートされています。 CSI でサポートされています

PV に細分化されていない機能は FlexVol 全体に適用され、 PVS (共有 FlexVol 内の qtree または LUN )にはすべて共通のスケジュールが適用されます。

上の表に示すように、の機能の多くはです ontap-nas および ontap-nas-economy は同じです。しかし、だからです ontap-nas-economy ドライバは、PV単位でスケジュールを制御する機能を制限します。これは、ディザスタリカバリやバックアップ計画に特に影響を与える可能性があります。ONTAP ストレージでPVCクローン機能を利用したい開発チームの場合、この方法はを使用する場合にのみ使用できます ontap-nasontap-san または ontap-san-economy ドライバ。

注記 solidfire-san また、ドライバはPVCをクローニングすることもできます。

Cloud Volumes ONTAP のバックエンドドライバを選択します

Cloud Volumes ONTAP は、ファイル共有や NAS および SAN プロトコル( NFS 、 SMB / CIFS 、 iSCSI )を提供するブロックレベルストレージなど、さまざまなユースケースでデータ制御とエンタープライズクラスのストレージ機能を提供します。Cloud Volume ONTAP の互換性のあるドライバはです ontap-nasontap-nas-economyontap-san および ontap-san-economy。Cloud Volume ONTAP for Azure と Cloud Volume ONTAP for GCP に該当します。

Amazon FSX for ONTAP のバックエンドドライバを選択します

Amazon FSX for ONTAP を使用すると、お客様は使い慣れたネットアップの機能、パフォーマンス、管理機能を活用しながら、 AWS にデータを格納する際のシンプルさ、即応性、セキュリティ、拡張性を活用できます。FSX for ONTAP は、 ONTAP のファイルシステム機能と管理 API の多くをサポートしています。Cloud Volume ONTAP の互換性のあるドライバはです ontap-nasontap-nas-economyontap-nas-flexgroupontap-san および ontap-san-economy

NetApp HCI / SolidFire のバックエンドドライバを選択します

solidfire-san NetApp HCI / SolidFireプラットフォームで使用されるドライバ。管理者は、QoS制限に基づいてTrident用にElementバックエンドを設定できます。Tridentでプロビジョニングされるボリュームに特定のQoS制限を設定するためにバックエンドを設計する場合は、を使用してください type バックエンドファイル内のパラメータ。また、管理者は、を使用してストレージに作成できるボリュームサイズを制限することもできます limitVolumeSize パラメータ現在のところ、ボリュームのサイズ変更やボリュームのレプリケーションなどのElementストレージ機能は、ではサポートされていません solidfire-san ドライバ。これらの処理は、 Element ソフトウェアの Web UI から手動で実行する必要があります。

SolidFire ドライバ Snapshot クローン マルチアタッチ CHAP QoS サイズ変更 レプリケーション

solidfire-san

はい。

はい。

○脚注: 2 []

はい。

はい。

はい。

○脚注: 1[]

脚注:はい脚注: 1[] : Astra Trident で管理されていません。 * 注: 2[] :未フォーマットのブロックボリュームでサポートされています

Azure NetApp Files のバックエンドドライバを選択します

Astra Tridentがを使用 azure-netapp-files を管理するドライバ "Azure NetApp Files の特長" サービス

このドライバの詳細と設定方法については、を参照してください "Azure NetApp Files 向けの Trident バックエンド構成"

Azure NetApp Files ドライバ Snapshot クローン マルチアタッチ QoS を展開します レプリケーション

azure-netapp-files

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

○脚注: 1[]

脚注:はい脚注: 1[] : Astra Trident で管理されていません

GCP で Cloud Volumes Service のバックエンドドライバを選択します

Astra Tridentがを使用 gcp-cvs GCPバックエンドのCloud Volumes Service とリンクするドライバ。TridentでGCPバックエンドを設定するには、を指定する必要があります projectNumberapiRegion`および `apiKey バックエンドファイル内。プロジェクト番号は GCP Web ポータルで確認できますが、 GCP で Cloud Volume の API アクセスを設定する際に作成したサービスアカウントの秘密鍵ファイルから API キーを取得する必要があります。Astra Trident なら、 CVS ボリュームを 2 つのうちの 1 つで作成できます "サービスタイプ"

  1. * CVS * :基本 CVS サービスのタイプ。パフォーマンスレベルが限定的か中程度かに関係なく、高ゾーンの可用性を実現します。

  2. * CVS - パフォーマンス * :パフォーマンスを重視する本番環境のワークロードに最適な、パフォーマンスに最適化されたサービスタイプ。3つの独自のサービスレベルから選択できます [standardpremium`および `extreme]。現在、プロビジョニングする CVS パフォーマンスボリュームの最小サイズは 100GiB で、 CVS ボリュームは 300GiB 以上である必要があります。今後の CVS リリースでは、この制限が解除される可能性があります。

注意 デフォルトのCVSサービスタイプを使用してバックエンドを導入する場合 [storageClass=software]、ユーザー*は、該当するプロジェクト番号とプロジェクトIDについて、GCPのsub-1TiBボリューム機能へのアクセス権*を取得する必要があります。これは Trident で sub-1TiB ボリュームのプロビジョニングに必要です。そうでない場合、ボリュームの作成に失敗します。 PVC が 600 GiB 未満の場合。使用 "このフォーム" 1TiB 未満のボリュームへのアクセス権を取得するため。
CVS for GCP ドライバ Snapshot クローン マルチアタッチ QoS を展開します レプリケーション

gcp-cvs

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

○脚注: 1[]

脚注:はい脚注: 1[] : Astra Trident で管理されていません

gcp-cvs ドライバは仮想ストレージプールを使用します。仮想ストレージプールはバックエンドを抽象化し、 Astra Trident がボリュームの配置を決定できるようにします。管理者が backend.json ファイルに仮想ストレージプールを定義します。ストレージクラスは、ラベルを使用する仮想ストレージプールを識別します。

ストレージクラスの設計

Kubernetes ストレージクラスオブジェクトを作成するには、個々のストレージクラスを設定して適用する必要があります。このセクションでは、アプリケーション用のストレージクラスの設計方法について説明します。

特定のバックエンド使用率に対応したストレージクラスの設計

フィルタリングは、特定のストレージクラスオブジェクト内で使用でき、そのストレージクラスで使用するストレージプールまたはプールのセットを決定します。ストレージクラスでは、次の3セットのフィルタを設定できます。 storagePoolsadditionalStoragePools`または `excludeStoragePools

storagePools パラメータを指定すると、指定した属性に一致するプールのセットだけにストレージが制限されます。。 additionalStoragePools パラメータは、属性とで選択されたプールのセットに加えて、Astra Tridentがプロビジョニングに使用する一連のプールを拡張するために使用されます storagePools パラメータどちらか一方のパラメータを単独で使用することも、両方を使用して、適切なストレージプールセットが選択されていることを確認することもできます。

excludeStoragePools パラメータを使用すると、属性に一致する一連のプールが具体的に除外されます。

QoS ポリシーをエミュレートするストレージクラスの設計

ストレージクラスを設計してQoSポリシーをエミュレートする場合は、でストレージクラスを作成します media 属性の形式 hdd または ssd。に基づきます media ストレージクラスで説明されている属性の中から、Tridentが提供する適切なバックエンドを選択します hdd または ssd media属性に一致するアグリゲートを作成し、ボリュームのプロビジョニングを特定のアグリゲートに転送します。そこで、Premiumストレージクラスを作成します media 属性をとして設定します ssd Premium QoSポリシーに分類できます。メディア属性を「 hdd 」に設定し、標準の QoS ポリシーとして分類できる、別のストレージクラス標準を作成できます。また、ストレージクラスの「 IOPS 」属性を使用して、 QoS ポリシーとして定義できる Element アプライアンスにプロビジョニングをリダイレクトすることもできます。

特定の機能に基づいてバックエンドを利用するストレージクラスの設計

ストレージクラスは、シンプロビジョニングとシックプロビジョニング、 Snapshot 、クローン、暗号化などの機能が有効になっている特定のバックエンドでボリュームを直接プロビジョニングするように設計できます。使用するストレージを指定するには、必要な機能を有効にしてバックエンドに適したストレージクラスを作成します。

仮想ストレージプールのストレージクラス設計

Virtual Storage Pool は、すべての Astra Trident バックエンドで利用可能Trident が提供する任意のドライバを使用して、任意のバックエンドに対して仮想ストレージプールを定義できます。

仮想ストレージプールを使用すると、管理者はストレージクラスで参照可能なバックエンド経由で抽象化レベルを作成して、バックエンドにボリュームを柔軟かつ効率的に配置できます。同じサービスクラスを使用して異なるバックエンドを定義できます。さらに、同じバックエンドに異なる特性を持つ複数のストレージプールを作成することもできます。セレクタで特定のラベルを設定したストレージクラスがある場合、 Astra Trident は、ボリュームを配置するすべてのセレクタラベルに一致するバックエンドを選択します。ストレージクラスセレクタのラベルが複数のストレージプールに一致する場合、 Astra Trident がボリュームのプロビジョニングに使用するストレージクラスを 1 つ選択します。

Virtual Storage Pool Design の略

バックエンドの作成時に、一般に一連のパラメータを指定できます。管理者が、同じストレージクレデンシャルと異なるパラメータセットを使用して別のバックエンドを作成することはできませんでした。この問題は、仮想ストレージプールの導入に伴って、軽減されています。仮想ストレージプールは、バックエンドと Kubernetes ストレージクラスの間に抽象化されたレベルです。管理者は、 Kubernetes ストレージクラスを介してパラメータとラベルを定義でき、セレクタとしてバックエンドに依存しない方法で参照できます。Virtual Storage Pools は、サポート対象のすべてのネットアップバックエンドに Astra Trident を使用して定義できます。リストには、 SolidFire / NetApp HCI 、 ONTAP 、 GCP 上の Cloud Volumes Service 、 Azure NetApp Files が含まれます。

注記 仮想ストレージプールを定義する場合は、バックエンド定義内の既存の仮想プールの順序を変更しないことを推奨します。また、既存の仮想プールの属性を編集または変更したり、新しい仮想プールを定義したりしないことを推奨します。

さまざまなサービスレベル / QoS をエミュレートするための仮想ストレージプールを設計します

サービスクラスをエミュレートするための仮想ストレージプールを設計することができます。Cloud Volume Service for Azure NetApp Files の仮想プール実装を使用して、さまざまなサービスクラスをセットアップする方法を見ていきましょう。さまざまなパフォーマンスレベルを表す複数のラベルで ANF バックエンドを設定します。設定 servicelevel 適切なパフォーマンスレベルを考慮し、各ラベルの下にその他の必要な側面を追加します。では、別の仮想ストレージプールにマッピングする別の Kubernetes ストレージクラスを作成します。を使用する parameters.selector 各ストレージクラスは、ボリュームのホストに使用できる仮想プールを呼び出します。

特定の側面を割り当てるための仮想プールを設計します

特定の側面を持つ複数の仮想ストレージプールは、単一のストレージバックエンドから設計できます。そのためには、バックエンドに複数のラベルを設定し、各ラベルに必要な側面を設定します。を使用して、さまざまなKubernetesストレージクラスを作成します parameters.selector 異なる仮想ストレージプールにマッピングされるフィールド。バックエンドでプロビジョニングされるボリュームには、選択した仮想ストレージプールに定義された設定が適用されます。

ストレージプロビジョニングに影響する PVC 特性

要求されたストレージクラスを超えたパラメータの一部は、 PVC の作成時に Astra Trident のプロビジョニング決定プロセスに影響を与える可能性があります。

アクセスモード

PVC 経由でストレージを要求する場合、必須フィールドの 1 つがアクセスモードです。必要なモードは、ストレージ要求をホストするために選択されたバックエンドに影響を与える可能性があります。

Astra Trident は、次のマトリックスで指定されたアクセス方法で使用されているストレージプロトコルと一致するかどうかを試みます。これは、基盤となるストレージプラットフォームに依存しません。

ReadWriteOnce コマンドを使用します ReadOnlyMany ReadWriteMany

iSCSI

はい。

はい。

○( Raw ブロック)

NFS

はい。

はい。

はい。

NFS バックエンドが設定されていない Trident 環境に送信された ReadWriteMany PVC が要求された場合、ボリュームはプロビジョニングされません。このため、リクエスタは、アプリケーションに適したアクセスモードを使用する必要があります。

ボリューム操作

永続ボリュームの変更

永続ボリュームとは、 Kubernetes で変更不可のオブジェクトを 2 つだけ除いてです。再利用ポリシーとサイズは、いったん作成されると変更できます。ただし、これにより、ボリュームの一部の側面が Kubernetes 以外で変更されることが防止されるわけではありません。特定のアプリケーション用にボリュームをカスタマイズしたり、誤って容量が消費されないようにしたり、何らかの理由でボリュームを別のストレージコントローラに移動したりする場合に便利です。

注記 Kubernetes のツリー内プロビジョニングツールは、現時点では NFS または iSCSI PVS のボリュームサイズ変更処理をサポートしていません。Astra Trident では、 NFS ボリュームと iSCSI ボリュームの両方の拡張がサポートされています。

作成後に PV の接続の詳細を変更することはできません。

オンデマンドのボリューム Snapshot を作成

Astra Trident は、 CSI フレームワークを使用して、オンデマンドでボリュームスナップショットを作成し、スナップショットから PVC を作成できます。Snapshot は、データのポイントインタイムコピーを管理し、 Kubernetes のソース PV とは無関係にライフサイクルを管理する便利な方法です。これらの Snapshot を使用して、 PVC をクローニングできます。

Snapshot からボリュームを作成します

Astra Trident は、ボリューム Snapshot からの PersistentVolumes の作成もサポートしています。これを実現するには、PersistentVolumeClaimを作成し、を指定します datasource ボリュームの作成元となる必要があるSnapshot。Astra Trident がこの PVC を処理するには、 Snapshot にデータが存在するボリュームを作成します。この機能を使用すると、複数のリージョン間でデータを複製したり、テスト環境を作成したり、破損した本番ボリューム全体を交換したり、特定のファイルとディレクトリを取得して別の接続ボリュームに転送したりできます。

クラスタ内でボリュームを移動します

ストレージ管理者は、 ONTAP クラスタ内のアグリゲート間およびコントローラ間で、ストレージ利用者への無停止でボリュームを移動できます。この処理は、デスティネーションアグリゲートが Trident が使用している SVM からアクセス可能なアグリゲートであるかぎり、 Astra Trident または Kubernetes クラスタには影響しません。この点が重要なのは、アグリゲートが SVM に新たに追加された場合、 Astra Trident に再追加してバックエンドを更新する必要があることです。これにより、 Astra Trident が SVM のインベントリを再作成し、新しいアグリゲートが認識されるようになります。

ただし、バックエンド間でのボリュームの移動は Astra Trident では自動ではサポートされていません。これには、同じクラスタ内の SVM 間、クラスタ間、または別のストレージプラットフォーム上の SVM 間が含まれます(たとえストレージシステムが Trident から Astra に接続されている場合でも)。

ボリュームが別の場所にコピーされた場合、ボリュームインポート機能を使用して現在のボリュームを Astra Trident にインポートできます。

ボリュームを展開します

Astra Trident は、 NFS と iSCSI PVS のサイズ変更をサポートしています。これにより、ユーザは Kubernetes レイヤを介してボリュームのサイズを直接変更できます。ボリュームを拡張できるのは、 ONTAP 、 SolidFire / NetApp HCI 、 Cloud Volumes Service バックエンドなど、主要なすべてのネットアップストレージプラットフォームです。あとで拡張できるようにするには、をに設定します allowVolumeExpansion 終了: true ボリュームに関連付けられているストレージクラス内のストレージクラス。永続ボリュームのサイズを変更する必要がある場合は、を編集します spec.resources.requests.storage Persistent Volume Claimのアノテーションを、必要なボリュームサイズに設定します。Tridentによって、ストレージクラスタ上のボリュームのサイズが自動的に変更されます。

既存のボリュームを Kubernetes にインポートする

Volume Import では、既存のストレージボリュームを Kubernetes 環境にインポートできます。これは現在、でサポートされています ontap-nasontap-nas-flexgroupsolidfire-sanazure-netapp-files`および `gcp-cvs ドライバ。この機能は、既存のアプリケーションを Kubernetes に移植する場合や、ディザスタリカバリシナリオで使用する場合に便利です。

ONTAP およびを使用する場合 solidfire-san ドライバの場合は、コマンドを使用します tridentctl import volume <backend-name> <volume-name> -f /path/pvc.yaml 既存のボリュームをKubernetesにインポートしてAstra Tridentで管理import volume コマンドで使用した PVC YAML または JSON ファイルは、 Astra Trident をプロビジョニングツールとして識別するストレージクラスを指定します。NetApp HCI / SolidFire バックエンドを使用する場合は、ボリューム名が一意であることを確認してください。ボリューム名が重複している場合は、ボリュームインポート機能で区別できるように、ボリュームを一意の名前にクローニングします。

状況に応じて azure-netapp-files または gcp-cvs ドライバを使用する場合は、コマンドを使用します tridentctl import volume <backend-name> <volume path> -f /path/pvc.yaml からKubernetesにボリュームをインポートしてAstra Tridentで管理。これにより、ボリューム参照が一意になります。

上記のコマンドを実行すると、 Astra Trident がバックエンド上にボリュームを検出し、サイズを確認します。設定された PVC のボリュームサイズが自動的に追加(必要に応じて上書き)されます。次に Astra Trident が新しい PV を作成し、 Kubernetes が PVC を PV にバインド

特定のインポートされた PVC を必要とするようにコンテナを導入した場合、ボリュームインポートプロセスによって PVC/PV ペアがバインドされるまで、コンテナは保留状態のままになります。PVC/PV ペアがバインドされると、他に問題がなければコンテナが起動します。

OpenShift サービスを導入します

OpenShift の付加価値クラスタサービスは、クラスタ管理者とホストされているアプリケーションに重要な機能を提供します。これらのサービスが使用するストレージはノードローカルリソースを使用してプロビジョニングできますが、これにより、サービスの容量、パフォーマンス、リカバリ性、持続可能性が制限されることがよくあります。エンタープライズストレージアレイを活用してこれらのサービスに容量を提供することで、劇的に向上したサービスを実現できます。ただし、すべてのアプリケーションと同様に、 OpenShift とストレージ管理者は、緊密に連携してそれぞれに最適なオプションを決定する必要があります。Red Hat のドキュメントは、要件を決定し、サイジングとパフォーマンスのニーズを確実に満たすために大きく活用する必要があります。

レジストリサービス

レジストリのストレージの導入と管理については、に記載されています "netapp.io のコマンドです" を参照してください "ブログ"

ロギングサービス

他の OpenShift サービスと同様に、ログ記録サービスは、 Ansible と、インベントリファイル(別名)で提供される構成パラメータを使用して導入されますホスト。プレイブックに含まれています。ここでは、 OpenShift の初期インストール時にロギングを導入し、 OpenShift のインストール後にロギングを導入するという、 2 つのインストール方法について説明します。

注意 Red Hat OpenShift バージョン 3.9 以降、データ破損に関する懸念があるため、記録サービスに NFS を使用しないことを公式のドキュメントで推奨しています。これは、 Red Hat 製品のテストに基づいています。ONTAP の NFS サーバにはこのような問題はなく、簡単にロギング環境をバックアップできます。ロギングサービスには最終的にどちらかのプロトコルを選択する必要がありますが、両方のプロトコルがネットアッププラットフォームを使用する場合に適していることと、 NFS を使用する理由がないことを確認してください。

ロギングサービスでNFSを使用する場合は、Ansible変数を設定する必要があります openshift_enable_unsupported_configurations 終了: true インストーラが失敗しないようにします。

はじめに

ロギングサービスは、必要に応じて、両方のアプリケーションに導入することも、 OpenShift クラスタ自体のコア動作に導入することもできます。操作ログを配置する場合は、変数を指定します openshift_logging_use_ops として `true`サービスのインスタンスが2つ作成されます。操作のロギングインスタンスを制御する変数には「 ops 」が含まれ、アプリケーションのインスタンスには含まれません。

導入方法に基づいて Ansible 変数を設定することは、基盤のサービスが正しいストレージを利用できるようにするために重要です。各導入方法のオプションを見てみましょう。

注記 以下の表には、ロギングサービスに関連するストレージ構成に関連する変数のみが含まれています。その他のオプションは、で確認できます "Red Hat OpenShift のロギングに関するドキュメント" 導入環境に応じて、確認、設定、使用する必要があります。

次の表の変数では、入力した詳細を使用してロギングサービスの PV と PVC を作成する Ansible プレイブックが作成されます。この方法は、 OpenShift インストール後にコンポーネントインストールプレイブックを使用するよりもはるかに柔軟性に劣るが、既存のボリュームがある場合はオプションとなります。

変数( Variable ) 詳細

openshift_logging_storage_kind

をに設定します nfs ログ記録サービス用のNFS PVを作成するため。

openshift_logging_storage_host

NFS ホストのホスト名または IP アドレス。仮想マシンのデータ LIF に設定してください。

openshift_logging_storage_nfs_directory

NFS エクスポートのマウントパス。たとえば、ボリュームがとしてジャンクションされている場合などです `/openshift_logging`この変数には、このパスを使用します。

openshift_logging_storage_volume_name

名前。例 `pv_ose_logs`作成するPVの。

openshift_logging_storage_volume_size

たとえば、NFSエクスポートのサイズ 100Gi

OpenShift クラスタがすでに実行中で、そのため Trident を導入して設定した場合、インストーラは動的プロビジョニングを使用してボリュームを作成できます。次の変数を設定する必要があります。

変数( Variable ) 詳細

openshift_logging_es_pvc_dynamic

動的にプロビジョニングされたボリュームを使用する場合は true に設定します。

openshift_logging_es_pvc_storage_class_name

PVC で使用されるストレージクラスの名前。

openshift_logging_es_pvc_size

PVC で要求されたボリュームのサイズ。

openshift_logging_es_pvc_prefix

ロギングサービスで使用される PVC のプレフィックス。

openshift_logging_es_ops_pvc_dynamic

をに設定します true 動的にプロビジョニングされたボリュームをopsロギングインスタンスに使用する。

openshift_logging_es_ops_pvc_storage_class_name

処理ロギングインスタンスのストレージクラスの名前。

openshift_logging_es_ops_pvc_size

処理インスタンスのボリューム要求のサイズ。

openshift_logging_es_ops_pvc_prefix

ops インスタンス PVC のプレフィックス。

ロギングスタックを導入します

初期の OpenShift インストールプロセスの一部としてロギングを導入する場合、標準の導入プロセスに従うだけで済みます。Ansible は、必要なサービスと OpenShift オブジェクトを構成および導入して、 Ansible が完了したらすぐにサービスを利用できるようにします。

ただし、最初のインストール後に導入する場合は、コンポーネントプレイブックを Ansible で使用する必要があります。このプロセスは、 OpenShift のバージョンが異なるためわずかに変更される場合があるので、必ず読んで従うようにしてください "Red Hat OpenShift Container Platform 3.11 のドキュメント" 使用しているバージョンに対応した

指標サービス

この指標サービスは、 OpenShift クラスタのステータス、リソース利用率、可用性に関する重要な情報を管理者に提供します。ポッドの自動拡張機能にも必要であり、多くの組織では、チャージバックやショーバックのアプリケーションに指標サービスのデータを使用しています。

ロギングサービスや OpenShift 全体と同様に、 Ansible を使用して指標サービスを導入します。また、ロギングサービスと同様に、メトリックサービスは、クラスタの初期セットアップ時またはコンポーネントのインストール方法を使用して運用可能になった後に導入できます。次の表に、指標サービスに永続的ストレージを設定する際に重要となる変数を示します。

注記 以下の表には、指標サービスに関連するストレージ構成に関連する変数のみが含まれています。このドキュメントには、他にも導入環境に応じて確認、設定、使用できるオプションが多数あります。
変数( Variable ) 詳細

openshift_metrics_storage_kind

をに設定します nfs ログ記録サービス用のNFS PVを作成するため。

openshift_metrics_storage_host

NFS ホストのホスト名または IP アドレス。これは SVM のデータ LIF に設定されている必要があります。

openshift_metrics_storage_nfs_directory

NFS エクスポートのマウントパス。たとえば、ボリュームがとしてジャンクションされている場合などです `/openshift_metrics`この変数には、このパスを使用します。

openshift_metrics_storage_volume_name

名前。例 `pv_ose_metrics`作成するPVの。

openshift_metrics_storage_volume_size

たとえば、NFSエクスポートのサイズ 100Gi

OpenShift クラスタがすでに実行中で、そのため Trident を導入して設定した場合、インストーラは動的プロビジョニングを使用してボリュームを作成できます。次の変数を設定する必要があります。

変数( Variable ) 詳細

openshift_metrics_cassandra_pvc_prefix

メトリック PVC に使用するプレフィックス。

openshift_metrics_cassandra_pvc_size

要求するボリュームのサイズ。

openshift_metrics_cassandra_storage_type

指標に使用するストレージのタイプ。適切なストレージクラスを使用して PVC を作成するには、 Ansible に対してこれを dynamic に設定する必要があります。

openshift_metrics_cassanda_pvc_storage_class_name

使用するストレージクラスの名前。

指標サービスを導入する

ホスト / インベントリファイルに適切な Ansible 変数を定義して、 Ansible でサービスを導入します。OpenShift インストール時に導入する場合は、 PV が自動的に作成されて使用されます。コンポーネントプレイブックを使用して導入する場合、 OpenShift のインストール後に Ansible によって必要な PVC が作成されます。また、 Trident 用のストレージをプロビジョニングしたあとにサービスを導入します。

上記の変数と導入プロセスは、 OpenShift の各バージョンで変更される可能性があります。必ず見直しを行ってください "RedHat OpenShift 導入ガイド" をバージョンに合わせて設定し、環境に合わせて設定します。