日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コマンドラインオプション

寄稿者

Trident は、 Trident オーケストレーションツールのコマンドラインオプションをいくつか公開しています。これらのオプションを使用して、導入環境を変更できます。

ロギング

  • -debug:デバッグ出力をイネーブルにします。

  • -loglevel <level>:ログレベルを設定します(デバッグ、情報、警告、エラー、致命的)。デフォルトは info です。

Kubernetes

  • -k8s_pod:このオプションまたはを使用します -k8s_api_server をクリックしてKubernetesのサポートを有効にしこれを設定すると、 Trident はポッドの Kubernetes サービスアカウントのクレデンシャルを使用して API サーバに接続します。これは、サービスアカウントが有効になっている Kubernetes クラスタで Trident がポッドとして実行されている場合にのみ機能します。

  • -k8s_api_server <insecure-address:insecure-port>:このオプションまたはを使用します -k8s_pod をクリックしてKubernetesのサポートを有効にしTrident を指定すると、セキュアでないアドレスとポートを使用して Kubernetes API サーバに接続されます。これにより、 Trident をポッドの外部に導入することができますが、サポートされるのは API サーバへのセキュアでない接続だけです。セキュアに接続するには、Tridentをポッドに搭載し、を使用して導入します -k8s_pod オプション

  • -k8s_config_path <file>:必須。このパスをKubeConfigファイルに指定する必要があります。

Docker です

  • -volume_driver <name>:Dockerプラグインの登録時に使用するドライバ名。デフォルトはです netapp

  • -driver_port <port-number>: UNIXドメインソケットではなく、このポートでリッスンします。

  • -config <file>:必須。バックエンド構成ファイルへのパスを指定する必要があります。

REST

  • -address <ip-or-host>:TridentのRESTサーバがリスンするアドレスを指定します。デフォルトは localhost です。localhost で聞いて Kubernetes ポッド内で実行しているときに、 REST インターフェイスにポッド外から直接アクセスすることはできません。使用 -address "" RESTインターフェイスにポッドのIPアドレスからアクセスできるようにするため。

注意 Trident REST インターフェイスは、 127.0.0.1 ( IPv4 の場合)または [::1] ( IPv6 の場合)のみをリスンして処理するように設定できます。
  • -port <port-number>:TridentのRESTサーバがリスンするポートを指定します。デフォルトは 8000 です。

  • -rest:RESTインターフェイスを有効にします。デフォルトは true です。