日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

tridentctl コマンドとオプション

寄稿者

"Trident インストーラバンドル" コマンドラインユーティリティを搭載しています。 `tridentctl`Astra Tridentに簡単にアクセスできます。十分な権限を持つ Kubernetes ユーザは、このロールを使用して Astra Trident をインストールしたり、 Astra Trident ポッドが含まれるネームスペースを直接管理したりできます。

使用方法については、を実行してください tridentctl --help

使用可能なコマンドとグローバルオプションは次のとおりです。

Usage:
  tridentctl [command]

使用可能なコマンド:

  • create:Astra Tridentにリソースを追加

  • delete:Astra Tridentから1つ以上のリソースを削除

  • get:Astra Tridentから1つ以上のリソースを入手

  • help:任意のコマンドに関するヘルプ。

  • images:Tridentが必要とするコンテナイメージを表で印刷

  • import:既存のリソースをAstra Tridentにインポート

  • install:Astra Tridentをインストール

  • logs:Astra Tridentからログを印刷

  • send:Astra Tridentからリソースを送信

  • uninstall:TridentからAstraをアンインストール。

  • update:Astra Tridentのリソースを変更

  • upgrade:Astra Tridentのリソースをアップグレード

  • version:Astra Tridentのバージョンを印刷

フラグ:

  • `-d, --debug:デバッグ出力。

  • `-h, --help:のヘルプ tridentctl

  • `-n, --namespace string: Astra Tridentのネームスペースの導入。

  • `-o, --output string:出力形式。JSON の 1 つ | yaml | name | wide | ps (デフォルト)。

  • `-s, --server string:Astra Trident RESTインターフェイスのアドレス/ポート。

    注意 Trident REST インターフェイスは、 127.0.0.1 ( IPv4 の場合)または [::1] ( IPv6 の場合)のみをリスンして処理するように設定できます。
注意 Trident REST インターフェイスは、 127.0.0.1 ( IPv4 の場合)または [::1] ( IPv6 の場合)のみをリスンして処理するように設定できます。

create

を実行します create Astra Tridentにリソースを追加するコマンド。

Usage:
  tridentctl create [option]

使用可能なオプション:
backend:Astra Tridentにバックエンドを追加

delete

を実行できます delete コマンドを使用して、Astra Tridentから1つ以上のリソースを削除します。

Usage:
  tridentctl delete [option]

使用可能なオプション:

  • backend:Tridentから1つ以上のストレージバックエンドを削除

  • snapshot:Astra Tridentから1つ以上のボリュームSnapshotを削除

  • storageclass:Astra Tridentから1つ以上のストレージクラスを削除

  • volume:Astra Tridentから1つ以上のストレージボリュームを削除

get

を実行できます get Astra Tridentから1つ以上のリソースを取得するためのコマンドです。

Usage:
  tridentctl get [option]

使用可能なオプション:

  • backend:Tridentから1つ以上のストレージバックエンドを取得

  • snapshot:Astra Tridentから1つ以上のスナップショットを取得

  • storageclass:Astra Tridentから1つ以上のストレージクラスを取得

  • volume:Astra Tridentから1つ以上のボリュームを取得

images

を実行できます images Astra Tridentが必要とするコンテナイメージの表を印刷するためのフラグ。

Usage:
  tridentctl images [flags]

フラグ:* -h, --help`: Help for images.
*
-v ,--k8s-version string`:Kubernetesクラスタのセマンティックバージョン。

import volume

を実行できます import volume コマンドを使用して、既存のボリュームをAstra Tridentにインポートします。

Usage:
  tridentctl import volume <backendName> <volumeName> [flags]

エイリアス:
volume, v

フラグ:

  • `-f, --filename string: YAMLまたはJSON PVCファイルへのパス。

  • `-h, --help:ボリュームのヘルプ。

  • `--no-manage:PV/PVCのみを作成します。ボリュームのライフサイクル管理を想定しないでください。

install

を実行できます install Astra Tridentのインストールにフラグを付けます。

Usage:
  tridentctl install [flags]

フラグ:

  • `--autosupport-image string:AutoSupport テレメトリのコンテナイメージ(デフォルトは「NetApp / Trident autosupport:20.07.0」)。

  • `--autosupport-proxy string:AutoSupport テレメトリを送信するプロキシのアドレス/ポート。

  • `--csi:CSI Tridentをインストールします(Kubernetes 1.13のみを上書きします。機能ゲートが必要です)。

  • `--enable-node-prep:ノードに必要なパッケージをインストールします。

  • `--generate-custom-yaml:インストールを行わずにYAMLファイルを生成します。

  • `-h, --help:インストールのヘルプ。

  • `--http-request-timeout:TridentコントローラのREST APIのHTTP要求タイムアウトを上書きします(デフォルトは1分30秒)。

  • `--image-registry string:内部イメージレジストリのアドレス/ポート。

  • `--k8s-timeout duration:すべてのKubernetes処理のタイムアウト(デフォルトは3分0)。

  • `--kubelet-dir string: kubeletの内部状態のホストの場所(デフォルトは/var/lib/kubelet )

  • `--log-format string: Astra Tridentのログ形式(テキスト、JSON](デフォルトは「text」)。

  • `--pv string: Astra Tridentが使用するレガシーPVの名前は、存在しないことを確認します(デフォルトは"trident")。

  • `--pvc string: Astra Tridentが使用するレガシーPVCの名前は、存在しないことを確認します(デフォルトは"trident")。

  • `--silence-autosupport:AutoSupport バンドルを自動的にネットアップに送信しない(デフォルトはtrue)。

  • `--silent:インストール中は、ほとんどの出力を無効にします。

  • `--trident-image string:インストールするAstra Tridentのイメージ

  • `--use-custom-yaml: setupディレクトリに存在する既存のYAMLファイルを使用します。

  • `--use-ipv6:Astra Tridentの通信にIPv6を使用

logs

を実行できます logs Astra Tridentからログを印刷するためのフラグ。

Usage:
  tridentctl logs [flags]

フラグ:

  • `-a, --archive:特に指定がないかぎり、すべてのログを含むサポートアーカイブを作成します。

  • `-h, --help:ログのヘルプ。

  • `-l, --log string:Astra Tridentのログが表示されます。trident | auto | trident-operator | all (デフォルトは「 auto 」)のいずれかです。

  • `--node string:ノードポッドログの収集元のKubernetesノード名。

  • `-p, --previous:以前のコンテナインスタンスのログが存在する場合は、それを取得します。

  • `--sidecars:サイドカーコンテナのログを取得します。

send

を実行できます send Astra Tridentからリソースを送信するコマンド。

Usage:
  tridentctl send [option]

使用可能なオプション:
autosupport:ネットアップにAutoSupport アーカイブを送信します。

uninstall

を実行できます uninstall Astra Tridentをアンインストールするためのフラグ。

Usage:
  tridentctl uninstall [flags]

フラグ:* -h, --help:アンインストールのヘルプ。* --silent:アンインストール中のほとんどの出力を無効にします。

update

を実行できます update Astra Tridentのリソースを変更するコマンド。

Usage:
  tridentctl update [option]

使用可能なオプション:
backend:Astra Tridentのバックエンドを更新。

upgrade

を実行できます upgrade Astra Tridentのリソースをアップグレードするためのコマンド。

Usage:
tridentctl upgrade [option]

使用可能なオプション:
volume:1つ以上の永続ボリュームをNFS/iSCSIからCSIにアップグレードします。

version

を実行できます version のバージョンを印刷するためのフラグ tridentctl 実行中のTridentサービス

Usage:
  tridentctl version [flags]

フラグ:* --client:クライアントバージョンのみ(サーバは不要)。* -h, --help:バージョンのヘルプ。