日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージクラスを管理する

寄稿者

ストレージクラスの作成、ストレージクラスの削除、および既存のストレージクラスの表示に関する情報を検索します。

ストレージクラスを設計する

を参照してください "こちらをご覧ください" ストレージクラスとその設定方法の詳細については、を参照してください。

ストレージクラスを作成する。

ストレージクラスファイルが作成されたら、次のコマンドを実行します。

kubectl create -f <storage-class-file>

<storage-class-file> は、ストレージクラスのファイル名に置き換えてください。

ストレージクラスを削除する

Kubernetes からストレージクラスを削除するには、次のコマンドを実行します。

kubectl delete storageclass <storage-class>

<storage-class> は、ストレージクラスで置き換える必要があります。

このストレージクラスで作成された永続ボリュームには変更はなく、 Astra Trident によって引き続き管理されます。

注記 Astra Tridentでは空白が強制される fsType を作成します。iSCSIバックエンドの場合は、適用することを推奨します parameters.fsType ストレージクラス。esixting StorageClassesを削除して、を使用して再作成する必要があります parameters.fsType 指定された。

既存のストレージクラスを表示します

  • 既存の Kubernetes ストレージクラスを表示するには、次のコマンドを実行します。

kubectl get storageclass
  • Kubernetes ストレージクラスの詳細を表示するには、次のコマンドを実行します。

kubectl get storageclass <storage-class> -o json
  • Astra Trident の同期されたストレージクラスを表示するには、次のコマンドを実行します。

tridentctl get storageclass
  • Astra Trident の同期されたストレージクラスの詳細を表示するには、次のコマンドを実行します。

tridentctl get storageclass <storage-class> -o json

デフォルトのストレージクラスを設定する

Kubernetes 1.6 では、デフォルトのストレージクラスを設定する機能が追加されています。永続ボリューム要求( PVC )に永続ボリュームが指定されていない場合に、永続ボリュームのプロビジョニングに使用するストレージクラスです。

  • アノテーションを設定してデフォルトのストレージクラスを定義します storageclass.kubernetes.io/is-default-class をtrueに設定してストレージクラスの定義に追加します。仕様に応じて、それ以外の値やアノテーションがない場合は false と解釈されます。

  • 次のコマンドを使用して、既存のストレージクラスをデフォルトのストレージクラスとして設定できます。

kubectl patch storageclass <storage-class-name> -p '{"metadata": {"annotations":{"storageclass.kubernetes.io/is-default-class":"true"}}}'
  • 同様に、次のコマンドを使用して、デフォルトのストレージクラスアノテーションを削除できます。

kubectl patch storageclass <storage-class-name> -p '{"metadata": {"annotations":{"storageclass.kubernetes.io/is-default-class":"false"}}}'

また、このアノテーションが含まれている Trident インストーラバンドルにも例があります。

注記 クラスタには、常に 1 つのデフォルトストレージクラスだけを設定してください。Kubernetes では、技術的に複数のストレージを使用することはできますが、デフォルトのストレージクラスがまったくない場合と同様に動作します。

ストレージクラスのバックエンドを特定します

以下は、回答 でできるJSON形式の質問の例です tridentctl Astra Tridentバックエンドオブジェクトの出力これにはを使用します jq ユーティリティ。先にインストールする必要がある場合があります。

tridentctl get storageclass -o json | jq  '[.items[] | {storageClass: .Config.name, backends: [.storage]|unique}]'