日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックエンドに ONTAP または Cloud Volumes ONTAP SAN ドライバを設定します

寄稿者

ONTAP および Cloud Volumes ONTAP SAN ドライバを使用した ONTAP バックエンドの設定について説明します。

ユーザ権限

Tridentは、通常はを使用して、ONTAP 管理者またはSVM管理者のどちらかとして実行される必要があります admin クラスタユーザまたはです vsadmin SVMユーザ、または同じロールを持つ別の名前のユーザ。Amazon FSX for NetApp ONTAP 環境では、Astra Tridentは、クラスタを使用して、ONTAP 管理者またはSVM管理者のどちらかとして実行されるものと想定しています fsxadmin ユーザまたはです vsadmin SVMユーザ、または同じロールを持つ別の名前のユーザ。。 fsxadmin このユーザは、クラスタ管理者ユーザを限定的に置き換えるものです。

注記 を使用する場合 limitAggregateUsage クラスタ管理者権限が必要です。Amazon FSX for NetApp ONTAP をAstra Tridentとともに使用している場合は、を参照してください limitAggregateUsage パラメータはでは機能しません vsadmin および fsxadmin ユーザアカウント:このパラメータを指定すると設定処理は失敗します。

ONTAP 内では、 Trident ドライバが使用できるより制限的な役割を作成することもできますが、推奨しません。Trident の新リリースでは、多くの場合、考慮すべき API が追加で必要になるため、アップグレードが難しく、エラーも起こりやすくなります。