日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想ストレージプール

寄稿者

仮想ストレージプールは、 Astra Trident のストレージバックエンドと Kubernetes の間に抽象化レイヤを提供します。管理者は ' どの物理バックエンド ' バックエンドプール ' またはバックエンドタイプを ' 目的の基準を満たすために使用するかを ' 「 torageClass 」で指定することなく ' バックエンドに依存しない共通の方法で ' 各バックエンドのロケーション ' パフォーマンス ' 保護などの側面を定義できます

仮想ストレージプールについて説明します

ストレージ管理者は、任意の Astra Trident バックエンドに JSON または YAML 定義ファイルで仮想ストレージプールを定義できます。

に、仮想ストレージプールの概念図を示します。

仮想プールリストの外部で指定されたすべての要素はバックエンドにグローバルであり、すべての仮想プールに適用されます。一方、各仮想プールは、 1 つまたは複数の要素を個別に指定できます(バックエンドグローバルな要素を上書きします)。

注記 仮想ストレージプールを定義する場合は、バックエンド定義で既存の仮想プールの順序を変更しないでください。また、既存の仮想プールの属性を編集または変更したり、新しい仮想プールを定義したりしないことを推奨します。

ほとんどの項目はバックエンド固有の用語で指定されます。アスペクト値は、バックエンドのドライバの外部には公開されず、「 torageClasses 」でのマッチングには使用できません。代わりに、管理者が各仮想プールに 1 つ以上のラベルを定義します。各ラベルはキー:値のペアで、ラベルは一意のバックエンド間で共通です。側面と同様に、ラベルはプールごとに指定することも、バックエンドに対してグローバルに指定することもできます。名前と値があらかじめ定義されている側面とは異なり、管理者は必要に応じてラベルキーと値を定義する完全な裁量を持っています。

'S torageClass' は、セレクタパラメータ内のラベルを参照して、使用する仮想プールを識別します。仮想プールセレクタは、 6 つの演算子をサポートします。

演算子 説明

=

パフォーマンス = プレミアム

プールのラベル値は一致している必要があります

`!= `

パフォーマンス! = 非常に優れています

プールのラベル値が一致していない必要があります

「 in`

場所(東部、西部)

プールのラベル値は一連の値にする必要があります

「 notin 」

パフォーマンス記名(シルバー、ブロンズ)

プールのラベル値は b にできません