日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

tridentctl 展開をカスタマイズします

寄稿者

Astra Tridentインストーラを使用して、導入をカスタマイズできます。

インストーラの詳細を確認してください

Astra Tridentインストーラを使用して、属性をカスタマイズできます。たとえば、Tridentイメージをプライベートリポジトリにコピーした場合は、を使用してイメージ名を指定できます --trident-image。Tridentイメージと必要なCSIサイドカーイメージをプライベートリポジトリにコピーした場合は、を使用してリポジトリの場所を指定することを推奨します --image-registry スイッチ。の形式を指定します <registry FQDN>[:port]

通常の「 /var/lib/kubelet 」以外のパスに「 kubelet 」がデータを保持している Kubernetes の配布を使用する場合は、「 --kubelet -dir 」を使用して代替パスを指定できます。

インストーラの引数で許可される範囲を超えてインストールをカスタマイズする必要がある場合は、配置ファイルをカスタマイズすることもできます。--generate-custom-yaml パラメータを使用して、インストーラの「 etup 」ディレクトリに次の YAML ファイルを作成します。

  • trident-clusterrolebinding.yaml

  • trident-deployment.yaml

  • trident-CRDs .YAML

  • trident-clusterrolment.yaml

  • trident-demimonimon.yamml`

  • trident-service.yaml

  • trident-namespac.yaml

  • trident-ServiceAccount.yaml

  • trident-resourcesequota.yaml

これらのファイルを生成したら、必要に応じて変更し、「 --use-custom-yaml 」を使用してカスタム展開をインストールできます。

./tridentctl install -n trident --use-custom-yaml