日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Element Management 拡張ポイント

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-pcarriga このページの PDF をダウンロード

NetApp Element Management 拡張ポイントでは、クラスタの追加と管理、リンクモードの vCenter Server へのストレージクラスタの割り当て、管理ノードの QoSSIOC の設定を行うことができます。

注記 NetApp Element Plug-in for vCenter Server を使用して他の vCenter Server のクラスタリソースを管理する方法については、を参照してください "vCenter リンクモード" はローカルストレージクラスタのみに制限されます。
注記 インストールされている vSphere のバージョンによっては、 vSphere Web Client が次のイメージと多少異なる場合があります。
Management 拡張ポイント

クラスタナビゲーションバーでは、プラグインに追加されたクラスタ間をすばやく切り替えることができます。

  • * クラスタ * :複数のクラスタが追加されている場合は、管理タスクに使用するクラスタがナビゲーションバーで選択されていることを確認してください。ドロップダウンリストから追加された他のクラスタを選択します。

  • * MVIP * :選択したクラスタの管理仮想 IP アドレス。

  • * SVIP * :選択したクラスタのストレージ仮想 IP アドレス。

  • * vCenter * :選択したクラスタからアクセスできる vCenter Server 。プラグインに追加されたクラスタには、 vCenter Server へのアクセスが割り当てられています。

NetApp Element Management 拡張ポイントからは、次のタブを使用できます。

  • * はじめに * :プラグインの拡張ポイントと実行可能なアクションについて説明します。NetApp Element Management 拡張ポイントの * バージョン情報 * タブでは、各ページの [ はじめに ] ページを非表示にしたり、これらのページを復元したりできます。

  • * Reporting * :クラスタコンポーネントに関する情報とクラスタのパフォーマンスの概要が表示されます。イベント、アラート、 iSCSI セッション、実行中のタスク、およびボリュームのパフォーマンスに関する情報を検索することもできます。

  • * 管理 * :データストア、ボリューム、ユーザアカウント、アクセスグループ、イニシエータを作成、管理します。バックアップ処理、クローニング、 Snapshot を実行することもできます。NetApp Element ソフトウェア 10 以降を使用している場合は、 QoS ポリシーの作成と管理も可能です。

  • * 保護 * :個々の Snapshot とグループ Snapshot を管理します。また、 Snapshot の作成スケジュールの作成、リアルタイムレプリケーションのためのクラスタのペアリング、ボリュームペアの管理も可能です。

  • * クラスタ * :ドライブとノードを追加、管理します。VLAN の作成と管理も可能です。

  • * vvols * :仮想ボリュームおよび仮想ボリュームに関連付けられたストレージコンテナ、プロトコルエンドポイント、およびバインドを管理します。

詳細については、こちらをご覧ください