日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想ネットワークを作成および管理する

寄稿者 netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

クラスタ構成に新しい仮想ネットワークを追加すると、マルチテナント環境から NetApp Element ソフトウェアを実行しているクラスタに接続し、 vCenter Plug-in を使用して仮想ネットワークを管理できるようになります。

仮想ネットワークを作成

クラスタ構成に新しい仮想ネットワークを追加できます。

必要なもの
  • ESXi ホストに iSCSI ソフトウェアアダプタが 1 つ必要です。

  • ホストまたはスイッチが VLAN 用に設定されている。

  • クラスタノード上の仮想ネットワークに割り当てる IP アドレス範囲を特定しておきます。

  • すべての NetApp Element ストレージトラフィックのエンドポイントとして使用するストレージネットワーク IP ( SVIP )アドレスを特定しておきます。

重要

この構成では、次の条件を考慮する必要があります。

  • VRF は、 VLAN の作成時にのみ有効にできます。非 VRF に戻す場合は、 VLAN を削除して再作成する必要があります。

  • VRF が有効でない VLAN では、 SVIP と同じサブネットにイニシエータが含まれている必要があります。

  • VRF が有効な VLAN では、 SVIP と同じサブネットにイニシエータが含まれている必要はなく、ルーティングがサポートされます。

仮想ネットワークを追加すると、各ノードのインターフェイスが作成され、そのそれぞれに仮想ネットワーク IP アドレスが必要となります。新しい仮想ネットワークを作成する際に指定する IP アドレスの数は、クラスタ内のノードの数以上であることが必要です。仮想ネットワークアドレスはまとめてプロビジョニングされ、個々のノードに自動的に割り当てられます。仮想ネットワークアドレスをクラスタ内のノードに手動で割り当てる必要はありません。

手順
  1. NetApp Element Management > Cluster * の順に選択します。

    注記 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーションバーで選択されていることを確認してください。
  2. [ * ネットワーク * ( Network * ) ] サブタブを選択します。

  3. [Create VLAN] を選択します。

  4. [Create VLAN*] ダイアログボックスに、 VLAN の名前を入力します。

  5. VLAN タグを整数で入力します。

  6. ストレージクラスタのストレージ仮想 IP ( SVIP )アドレスを入力します。

  7. 必要に応じてネットマスクを調整します。

    デフォルトは「 255.255.255.0 」です。

  8. オプション: VLAN の概要を入力します。

  9. オプション: [ 仮想ルーティングおよび転送を有効にする *] チェックボックスをオンにします。

    注記 Virtual Routing and Forwarding ( VRF ;仮想ルーティング / 転送)を使用すると、ルーティングテーブルの複数のインスタンスをルータ内に共存させ、同時に使用することができます。この機能はストレージネットワークでのみ使用できます。
    1. 仮想ネットワークのゲートウェイの IP アドレスを入力します。

  10. VLAN に含めるホストを選択します。

    注記 注: vCenter リンクモードを使用している場合は、クラスタが割り当てられている vCenter Server で使用可能なホストのみを選択できます。
  11. ストレージノードの IP アドレスブロックを次のように設定します。

    注記 注:少なくとも 1 つの IP アドレスブロックを作成する必要があります。
    1. [ ブロックの作成 ] をクリックします。

    2. IP 範囲の開始アドレスを入力します。

    3. アドレスブロックに含める IP アドレスの数を入力します。

      注記 IP アドレスの総数は、ストレージクラスタのノードの数と一致しなければなりません。
    4. エントリの外側をクリックして値を受け入れます。

  12. [OK] をクリックして VLAN を作成します。

仮想ネットワークの詳細を表示します

NetApp Element Management 拡張ポイントからは、クラスタタブのネットワークページで VLAN のネットワーク情報を確認できます。

手順
  1. NetApp Element Management > Cluster * の順に選択します。

    注記 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーションバーで選択されていることを確認してください。
  2. [ ノード * ( Nodes * ) ] サブタブを選択します。

  3. [ アクティブ( * Active ) ] ビューを選択します。

  4. ストレージクラスタ内のノードの詳細を表示します。

    各 VLAN の ID と名前、各 VLAN に関連付けられているタグ、各 VLAN に割り当てられている SVIP 、各 VLAN で使用される IP 範囲などの情報を参照できます。

仮想ネットワークを編集します

VLAN 名、ネットマスク、 IP アドレスブロックのサイズなどの VLAN 属性を変更できます。

VLAN の VLAN タグおよび SVIP は変更できません。ゲートウェイ属性を変更できるのは VRF VLAN のみです。iSCSI 、リモートレプリケーション、またはその他のネットワークセッションの実行中は、変更に失敗することがあります。

手順
  1. NetApp Element Management > Cluster * の順に選択します。

    注記 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーションバーで選択されていることを確認してください。
  2. [ * ネットワーク * ( Network * ) ] サブタブを選択します。

  3. 編集する VLAN のチェックボックスを選択します。

  4. [* アクション * ] をクリックします。

  5. 表示されたメニューで、 * 編集 * をクリックします。

  6. 表示されたメニューで、 VLAN の新しい属性を入力します。

  7. [ ブロックの作成( Create Block ) ] をクリックして、仮想ネットワークの非連続的な IP アドレスブロックを追加します。

  8. [OK] をクリックします。

仮想ネットワークを削除します

VLAN オブジェクトとその IP ブロックを完全に削除できます。VLAN に割り当てられていたアドレスブロックは、割り当てが解除されて、別の仮想ネットワークに再割り当てできるようになります。

手順
  1. NetApp Element Management > Cluster * の順に選択します。

    注記 複数のクラスタが追加されている場合は、このタスクに使用するクラスタがナビゲーションバーで選択されていることを確認してください。
  2. [ * ネットワーク * ( Network * ) ] サブタブを選択します。

  3. 削除する VLAN のチェックボックスを選択します。

  4. [* アクション * ] をクリックします。

  5. 表示されたメニューで、 * 削除 * をクリックします。

  6. 操作を確定します。