日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

以前のバージョンの OnCommand Workflow Automation をハイアベイラビリティ構成に設定する

ハイアベイラビリティを実現するために、 3.1 より前のバージョンの OnCommand Workflow Automation ( WFA )を設定することができます。

手順
  1. 既存のバージョンの WFA を最新バージョンの WFA にアップグレードします。

    アップグレード後のバージョンの WFA が、クラスタのプライマリノードになります。

  2. WFA データベースのバックアップを作成します。

    パラメータを手動で変更した場合は、 WFA データベースのバックアップを作成し、既存の WFA インストールをアンインストールしてから、使用可能な最新バージョンの WFA をインストールし、バックアップをリストアして、 Microsoft Cluster Service ( MSCS )の設定に進む必要があります。

  3. プライマリノードに WFA をインストールするように MSCS を設定します。

  4. セカンダリノードに最新バージョンの WFA をインストールします。

  5. MSCS で WFA を設定します。

    WFA サーバはハイアベイラビリティ用に設定されています。