日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows に OnCommand Workflow Automation をインストールします

OnCommand Workflow Automation ( WFA )をインストールすると、環境で実行されるストレージタスクを自動化するためのストレージワークフローを作成およびカスタマイズできます。

必要なもの
  • インストールの前提条件を確認しておく必要があります。

  • WFA を以前にインストールしたシステムからアンインストールしたあとに WFA をインストールする場合は、そのシステムに WFA サービスがないことを確認する必要があります。

  • ネットアップサポートサイトから WFA インストーラをダウンロードしておく必要があります。

  • Java の「自動アップグレード」機能を無効にする必要があります。

このタスクについて
  • WFA を仮想マシン( VM )にインストールする場合、 VM の名前にアンダースコア( _ )文字を含めることはできません。

  • ActiveState ActivePerl は、 WFA をインストールする前にインストールされます。

    このインストールは、 WFA サーバにインストールした ActivePerl の他のインスタンスには影響しません。

  • MySQL をアンインストールした場合は、 WFA 4.2 以降を再インストールする前に、 MySQL のデータディレクトリを削除しておく必要があります。

  • MySQL を独自にインストールする場合、 WFA は MySQL my.ini` ファイルの「 secure-file-privilege 」および「 sql-mode 」プロパティを空白に設定します。

手順
  1. 管理者権限を持つアカウントで Windows にログインします。

  2. エクスプローラを開き、インストールファイルが保存されているディレクトリに移動します。

  3. WFA をインストールします。

    • 対話型インストール

      1. WFA インストーラの実行ファイル( .exe ファイル)を右クリックし、 admin ユーザとして実行します。

      2. 「 * 次へ * 」をクリックします。

      3. デフォルトの admin ユーザのクレデンシャルを入力し、 * 次へ * をクリックします。

        デフォルトの admin パスワードは次の条件を満たしている必要があります。

        • 6 文字以上にする必要があります

        • 大文字の 1 文字

        • 小文字を 1 文字使用します

        • 1 つの数字

        • 1 つの特殊文字 * 注: * admin ユーザのクレデンシャルをメモしておく必要があります。

      4. WFA 設定のポートを選択し、 * Next * をクリックします。

      5. サイト名と会社名を入力し、 [ 次へ * ] をクリックします。

        サイト名には、たとえばピッツバーグの WFA インストール場所を含めることができます。

      6. デフォルトのインストール場所を変更する場合は、 WFA をインストールする場所を選択し、 * Next * をクリックします。

      7. WFA データベースのデフォルトの場所を変更しない場合は、 * Next * をクリックします。

      8. インストールを続行するには、 * Install * をクリックします。

      9. [ 完了 ] をクリックしてインストールを完了します。

      10. 次のいずれかを実行して、 WFA が正常にインストールされたことを確認します。

        • Web ブラウザを使用して WFA にアクセスします。

        • Windows サービスコンソールを使用して、 NetApp WFA Server サービスと NetApp WFA Database サービスが実行されていることを確認します。

    • サイレントインストール(コマンドプロンプトから): +`WFA-version_number-build_number.exe /s /v" wfa_admin_username=wfa_Admin_password=password wfa_admin_mysql_password=confirm admin password/wfa_mysql_pass=password confirm password wfa_install_site=site wfa_install_organization =site WFA_install_organization =organization q_port=wfa_install_port\q_port=WFA_install_directory=wfa_install_admin_admin_password=wfa_install_admin_admin_password=WFA_admin_password=WFA_install_admin_install_install_password=WFA_directory=WFA_install_directory=wfa_install_admin_admin_install_install

      • 例 *

        「 WFA-x64-v4.2.0.0.0-B2973881.exe /s /v 」 wfa_admin_username=admin wfa_admin_username=Company * 234 wfa_admin_confirm_password=Company * 234 wfa_mysql_pass=mysql * 234 wfa_install_site=nb wfa_install_organization = nb wfa_install_HTTP ポート =admin wfa_http_port_port=admin WFA\WFA\qr ディレクトリ \qr Program \qr\WFA\HTTPS\WFA\WFA\HTTPS\WFA\HTTPS\WFA\WFA\HTTPS\WFA\WFA\HTTPS\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\HTTPS\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA\WFA

        注記 /qn オプションは、 WFA ではサポートされません。

      コマンドパラメータは次のとおりです。

    パラメータ 説明

    wfa_admin_username

    管理ユーザ名

    オプションのパラメータ。値を指定しない場合は、デフォルト値の admin が使用されます。

    wfa_Admin_password

    管理ユーザのパスワード

    必須パラメータ。デフォルトの admin パスワードは次の条件を満たしている必要があります。

    • 6 文字以上にする必要があります

    • 大文字の 1 文字

    • 小文字を 1 文字使用します

    • 1 つの数字

    • 1 つの特殊文字

    wfa_Admin_confirm_password

    管理ユーザのパスワード

    必須パラメータ

    wfa_mysql_pass

    MySQL ユーザのパスワード

    必須パラメータ

    CONFIRM_wfa_mysql_pass

    MySQL ユーザのパスワード

    必須パラメータ

    wfa_install_site

    WFA をインストールしている組織単位必須パラメータ

    _wfa_install_organization _

    WFA をインストールする組織または会社の名前

    必須パラメータ

    wfa_http_port_

    HTTP ポートオプションパラメータ。値を指定しない場合は、デフォルト値の 80 が使用されます。

    wfa_HTTPS_PORT

    HTTPS ポートオプションパラメータ。値を指定しない場合は、デフォルト値 443 が使用されます。

    _ インストール _

    インストールディレクトリのパス

    オプションのパラメータ。値を指定しない場合は、デフォルトパス「 C : \Program Files\NetApp\WFA\" 」が使用されます。

    • 関連情報 *