日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

[ 実行 ] ウィンドウ

[ 実行 ] ウィンドウには、実行用に送信された各ワークフローの実行プロセスのステータスが表示されます。このウィンドウでは、実行プロセスの詳細を表示したり、ワークフローの実行を制御したりできます。このウィンドウにアクセスするには、 * 実行 * > * 実行 * を選択します。

  • ワークフローテーブル

  • ツールバー

ワークフローテーブル

ワークフローテーブルには、実行用に送信されたワークフローがリストされます。各列に対応したフィルタリング機能とソート機能を使用したり、列の順序を並べ替えたりして、テーブルの表示をカスタマイズできます。

  • フィルタアイコン テーブル全体のフィルタリングを有効または無効にします。フィルタリングが無効になっている場合は、アイコンの上に赤色の「 x 」が表示されます。

  • をダブルクリックします フィルタアイコン フィルタリングの選択をクリアおよびリセットします。

  • フィルタアイコン 各列ヘッダーのを使用すると、列の内容に基づいてフィルタリングできます。をクリックします フィルタアイコン 列では、ドロップダウンリストまたは使用可能なすべての項目で特定の項目をフィルタできます。

  • 列ヘッダーをクリックすると、ソートの昇順と降順が切り替わります。適用されたソート順序は、ソート用矢印(ソート上矢印アイコン (昇順の場合)および ソート下矢印アイコン 降順の場合)。

  • 列の位置を並べ替えるには、列をドラッグアンドドロップして必要な順序で配置します。ただし、これらの列を非表示にしたり削除したりすることはできません。

  • [ * 検索 * ( Search * ) ] フィルタテキストボックスをクリックすると、特定のコンテンツを検索できます。さらに、対応する列タイプ、アルファベット、数字を指定して、サポートされている演算子を使用して検索することもできます。

次の表に、 [ ワークフロー ] テーブルのアルファベット列と数値列でサポートされる演算子の概要を示します。このテーブルは、 [ * 検索 * ] フィルタテキストボックスで使用できます。

アルファベット 数値
  • が含まれます

  • にはを含めません

  • がで始まります

  • が次の値で終わる

  • が等しい

  • が同じではありません

  • リセットします

  • が等しい

  • が同じではありません

  • より小さい

  • が次の値より大きい

  • が次の値以下です

  • が次の値以上である必要があります

  • 間( Between )

  • リセットします

[ ワークフロー ] テーブルには ' 次のカラムがあります

  • * ジョブ番号 *

    ジョブの ID 番号が表示されます。

    ジョブ ID 番号は一意であり、ジョブの開始時にサーバによって割り当てられます。

  • * 名前 *

    ワークフローの名前が表示されます。

  • * 開始時間 *

    ワークフローが開始された日時が表示されます。

    [ 検索フィルタ ] テキストボックスのカレンダーアイコンをクリックして、特定の開始日のワークフローを検索します。

  • * 終了時間 *

    ワークフローが終了した日時が表示されます。

    検索フィルタテキストボックスのカレンダーアイコンをクリックして、特定の終了日のワークフローを検索します。

  • * ステータス *

    ジョブの実行ステータスを表示します。ステータスは、次のいずれかになります。

    • 失敗しました

      実行中にワークフローが失敗したことを示します。ワークフローの実行後の経過時間に基づいて、失敗したコマンドからワークフローを再開できます。

    • 実行中です

      ワークフローが実行中であることを示します。ワークフローは、計画フェーズで作成された計画を実行します。これは、他の実行の前に実行されます。

    • 成功しました

      ワークフローが正常に実行されたことを示します。

    • キャンセルされました

      ワークフローがユーザによってキャンセルされたことを示します。

    • 承認待ちです

      承認ポイントがワークフローの一部であることを示します。指定したユーザがワークフローの実行を承認するまで、ワークフローはこの状態のままになります。

    • スケジュール

      ワークフローの計画が完了し、ワークフローの実行がスケジュールされていることを示します。

    • 中止しています

      ワークフローを中止しています。中止されたワークフローは実行を続行しません。ワークフローの以前に完了した部分は完了したままです。

    • 廃止された

      スケジュールされたワークフローがスケジュールごとに指定された時間内に実行されていないことを示します。

    • 計画

      ワークフロー設計の解決、すべてのリソースの位置、設計実行可能性の検証、および実行計画の策定を示します。計画は、スタンドアロンのアクション、設計検証の一部、または実行の一部となります。これは、すべての実行が新しい計画から開始されるためです。

    • 保留中です

      ワークフローが計画キューにあることを示します。これは内部ステータスです。このステータスから計画のワークフローが取得されます。

    • 部分的に成功

      ワークフローは正常に実行されましたが、失敗したステップが 1 つ以上あることを示します。実行は、失敗したステップが、ステップが失敗してもワークフローの実行が継続するように構成されているために完了します。

  • * 完了 *

    選択したワークフローの合計ステップ数の完了済みステップ数が表示されます。

  • * 送信者 *

    ワークフローを送信したユーザのユーザ名が表示されます。

  • * 送信日時: *

    ワークフローが送信された日時が表示されます。

    [ 検索フィルタ ] テキストボックスのカレンダーアイコンをクリックして、特定の日付に送信されたワークフローを検索します。

  • * 実行コメント *

    ワークフローの実行で指定されたコメントが表示されます。

  • * スケジュール対象 *

    ワークフローの実行予定日時が表示されます。

    [ フィルタの検索 ] テキストボックスのカレンダーアイコンをクリックして、特定の日付にスケジュールされているワークフローを検索します。後日ジョブを表示するフィルタが列に適用されると、「ジョブ番号ゼロ」のジョブが表示される場合があります。これは、ジョブがまだ作成されておらず、スケジュールされた時刻に作成されることを示します。

  • * 繰り返し ID *

    定期的なスケジュールの識別子を表示します。

  • * スケジュール名 *

    スケジュールの名前が表示されます。

  • * 最後のステータス変更 *

    ステータスが変更された時刻が表示されます。

    [ 検索フィルタ ] テキストボックスのカレンダーアイコンをクリックして、特定の最終ステータス変更日を持つワークフローを検索します。

  • * 承認ポイントコメント *

    ワークフローの実行中に最後の承認ポイントに表示されるメッセージ(該当する場合)を示します。

ツールバー

ツールバーは列ヘッダーの上にあります。ツールバーのアイコンを使用して、さまざまな操作を実行できます。これらのアクションには、ウィンドウの右クリックメニューからもアクセスできます。

  • *詳細アイコン (詳細) *

    選択したワークフローの Monitoring ウィンドウを開きます。このウィンドウには、ワークフローに関する詳細情報を表示する次のタブがあります。

    • フロー( Flow )

    • 実行計画

    • ユーザ入力

    • 戻りパラメータ

    • 履歴テーブル内のエントリをダブルクリックして [ モニタリング ] ウィンドウを開き、詳細情報を表示することもできます。

  • *中止アイコン (中止) *

    実行プロセスの続行を停止します。このオプションは、実行モードのワークフローに対して有効になります。

  • *スケジュールの再設定アイコン (再スケジュール) *

    [ ワークフローの再スケジュール ] ダイアログボックスが開き、ワークフローの実行時間を変更できます。このオプションは、スケジュール済み状態のワークフローに対して有効になります。

  • *再開アイコン (再開) *

    ワークフローの再開ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、環境の問題を変更した後にワークフローの実行を再開できます(たとえば、アレイに対する資格情報が間違っている、ライセンスがない、アレイがダウンしているなど)。このオプションは、失敗状態のワークフローに対して有効になります。

  • *承認 / 再開アイコン (承認および再開) *

    ワークフローの実行を承認し、実行プロセスを続行できます。このオプションは、 [ 承認待ち ] 状態のワークフローに対して有効になります。

  • *拒否 / 中止アイコン (拒否および中止) *

    ワークフローの実行を拒否し、実行プロセスを停止できます。このオプションは、 [ 承認待ち ] 状態のワークフローに対して有効になります。

  • *予約の消去アイコン (ご予約を消去) *

    ワークフローに対して行われたリソースリザベーションをローカルキャッシュからクリーンアップできます。クリーン予約は、スケジュール済み、失敗、および部分的に成功したワークフローに対してのみ使用できます。クリーニング後は予約を再開できません。

  • *更新アイコン (更新) *

    ワークフローのリストを更新します。ビューは自動的に更新されます。をクリックすると、自動更新のオンとオフを切り替えることができます をステータスバーに表示します。