日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームの作成ワークフローと CIFS 共有ワークフローをカスタマイズします

要件に応じてワークフローをカスタマイズできます。たとえば、事前定義されたボリュームの作成ワークフローと CIFS 共有ワークフローを変更して、重複排除と圧縮を含めることができます。

このタスクのカスタマイズと図は一例です。要件に基づいて WFA ワークフローを変更できます。

手順
  1. [Designer>*Workflows] をクリックします。

  2. Create a Volume and a CIFS Share * (ボリュームと CIFS 共有の作成)ワークフローを選択し、をクリックします クローンアイコン をクリックします。

    ワークフロークローンを変更します
  3. [ * 詳細 * ] タブをクリックし、 [ * ワークフロー名 * ] フィールドでワークフローの概要 を編集します。

  4. [* ワークフロー ] タブをクリックし、 [ ストレージ * スキーマ ] を展開し、 * ボリュームの作成 * コマンドと * CIFS 共有の作成 * コマンドの間に * セットアップ重複排除と圧縮 * コマンドをドラッグ・アンド・ドロップします。

    ワークフロー追加コマンドの変更
  5. 1 行目の * Setup deduplicなくなり compression* コマンドの下にマウスカーソルを置き、をクリックします

  6. 「セットアップ重複排除と圧縮のパラメータ」 * ダイアログボックスの * ボリューム * タブで、以前に定義したボリューム * オプションを使用して * を選択し、 * ボリュームの定義 * フィールドで * share_volume * オプションを選択します。これは、ワークフローで * Create Volume * コマンドで作成されるボリュームオブジェクト変数です。

  7. [ その他のパラメータ *] タブをクリックして、次の手順を実行します。

    1. [StartNow] フィールドで [true] を選択します。

    2. [* Compression] フィールドで [* Inline * ] を選択します。

    3. 「スケジュール * 」フィールドに「 sun -sat@1 」という式を入力します。この式は、毎週のすべての曜日の午前 1 時に重複排除と圧縮をスケジュールします

      ワークフローの変更ヘルパー( Modify workflow modify othrpar )
  8. [OK] をクリックします。

  9. [* プレビュー *] をクリックして、ワークフローの計画が正常に完了したことを確認し、 [OK] をクリックします。

  10. [ 保存( Save ) ] をクリックします。