日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

フィルタルールを定義します

vFiler ユニット、アグリゲート、仮想マシンなどのディクショナリエントリリソースをフィルタリングするための一連のルールを定義できます。既存のワークフローおよび新しいワークフローの作成時に、それらのワークフローのルールをカスタマイズできます。

手順
  1. Web ブラウザから admin として * wfa * にログインします。

  2. [Designer>*Workflows] をクリックします。

  3. [* ワークフロー *] ウィンドウで、変更するワークフローをダブルクリックします。

    ワークフロー < ワークフロー名 > ウィンドウが表示されます。

  4. 次のいずれかのオプションを選択して、一連のルールを定義します。

    状況 操作

    行のコマンドが繰り返される場合は、リソースを検索する

    1. 行番号をクリックし、 * 行の繰り返し * を選択します。

    2. [ 行の繰り返し ] ダイアログボックスの [ * リピート * ] ドロップダウンリストから、グループ * の各リソースに対して * を選択します。

    3. リソースタイプを選択します。

    4. [ 検索条件の入力 *] リンクをクリックします。

    コマンド入力で必要なリソースを検索します

    1. をクリックします アイコンをクリックして、コマンドを追加します

    2. [< コマンド名 > のパラメータ( Parameters for <command_name> ) ] ダイアログボックスで、 [ 定義( Define ) ] < 辞書オブジェクト >* ドロップダウンリストから既存の < 辞書オブジェクト >* オプションを検索して * を選択します。

    3. [ 検索条件の入力 *] リンクをクリックします。

    コマンド入力の変数で参照されているリソースを検索します

    1. をクリックします アイコンをクリックして、コマンドを追加します

    2. [< コマンド名 > のパラメータ( Parameters for <command_name> ) ] ダイアログボックスで、 [ 属性 * ( attributes * ) ] オプションを [ * 定義 < 辞書オブジェクト >* ( * define <dictionary object > * ) ] ドロップダウンリストから入力して * を選択します。

    3. をクリックします をクリックします アイコンをクリックして参照オブジェクトを選択します

    コマンド名の文字列タイプを入力します

    1. をクリックします アイコンをクリックして、コマンドを追加します

    2. [< コマンド名 > のパラメータ( Parameters for <command_name> ) ] ダイアログボックスで、 [ 属性 * ( attributes * ) ] オプションを [ * 定義 < 辞書オブジェクト >* ( * define <dictionary object > * ) ] ドロップダウンリストから入力して * を選択します。

    3. をクリックします 楕円のアイコン 文字列フィールド。

  5. リソースを選択( Resource Selection )ダイアログボックスで、 * フィルタルールを定義 * ( Define filter rules * )チェックボックスを選択する。

    [ リソースを選択 ] ダイアログボックスの [ ファインダ ] ドロップダウンからいずれかのオプションを選択した場合、 [ フィルタルールを定義 ] チェックボックスは無効になります。フィルタルールの定義を有効にするには、 Finder の値を「なし」に設定する必要があります。

  6. ルールの属性、演算子、および値を入力します。

    値は単一引用符で囲む必要があります。フィルタルールには 1 つ以上のグループを含めることができます。

  7. [OK] をクリックします。