日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Edit Active Directory Group ダイアログボックス

Active Directory グループの編集ダイアログボックスでは、 OnCommand Workflow Automation Active Directory グループの設定を表示および変更できます。

Active Directory グループの権限とロールによっては、 Active Directory グループウィンドウにアクセスできない場合があります。ただし、「 * 設定 * 」を選択し、「 * 管理 * 」で「 * Active Directory グループ * 」をクリックして、 Active Directory グループの設定を編集することができます。

注記 編集可能なフィールドは、 Active Directory グループの権限によって異なります。
  • * グループ名 *

    Active Directory グループのグループ名が表示されます。

  • * 役割 *

    ユーザアカウントに割り当てられているロールが表示されます。

    Active Directory グループに割り当てられている次のいずれかのグループロールが表示されます。

    • * ゲスト *

      このグループは、ワークフロー実行のステータスのみを表示したり、ワークフロー実行のステータスの変更について通知したりすることができます。

    • * 演算子 *

      このグループでは、グループにアクセス権が付与されているワークフローをプレビューして実行できます。

    • * 承認者 *

      このグループでは、グループにアクセス権が付与されているワークフローをプレビュー、実行、承認、および拒否できます。

      注記 承認者の E メール ID と、承認者に通知するワークフローのステータスを入力する必要があります。複数の承認者がいる場合は、 [ 電子メール *] フィールドにグループ電子メール ID を入力できます。
    • * 建築家 *

      このグループには作成ワークフローへのフルアクセスがありますが、 WFA サーバのグローバル設定の変更は制限されます。

    • * 管理者 *

      このグループは WFA サーバへの完全なアクセス権を持っています。

    注記 管理者グループを少なくとも 1 つ設定する必要があります。
  • * 電子メール *

    [Notify On] オプションが選択されている場合に通知が送信される Active Directory グループの電子メールを指定します。

  • * 通知オン *

    Active Directory グループによってトリガーされるワークフローの実行中に、 Active Directory グループに E メールで通知するタイミングを選択できます。次のオプションを任意に組み合わせて選択できます。

    • ワークフローの実行が開始されました : ワークフローの実行が開始されたときにユーザーに通知します

    • ワークフローの実行に失敗した / 部分的に成功した:ワークフローの実行に失敗した場合、または 1 つ以上のステップが失敗した場合でもワークフローが正常に実行された場合に、ユーザーに通知します。

      失敗したステップが、そのステップが失敗してもワークフローを続行できるように設定されているため、実行は完了しました。

    • ワークフローの実行が正常に完了しました:ワークフローの実行が正常に完了したことをユーザに通知します。

    • 承認待ちのワークフローの実行: WFA の設定によっては、 Operator ユーザまたは Architect ユーザからの承認を待っているワークフローが実行された場合にユーザに通知します。

コマンドボタン

  • * 保存 *

    設定を保存してダイアログボックスを閉じます。

  • * キャンセル *

    変更がある場合はキャンセルしてダイアログボックスを閉じます。