日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Clone Filter ダイアログボックス

[ クローンフィルタ( Clone Filter ) ] ダイアログボックスでは、フィルタをコピーして、フィルタを編集できます。

  • プロパティタブ

  • [ クエリ ] タブ

プロパティタブ

[ * プロパティ * ( * Properties * ) ] タブでは、フィルタの名前の編集、辞書オブジェクトの選択、およびフィルタの概要 の編集を行うことができます。

  • * 名前 *

    フィルタの名前を編集できます。クローニングするように選択したフィルタの名前が、クローンの名前として使用され、デフォルトでは _copy が付加されます。

  • * 辞書タイプ *

    リストから辞書オブジェクトを選択できます。

  • * エンティティバージョン *

    フィルタのバージョン番号を _major.minor.revision_format で入力できます(たとえば、 1.0.0 )。

  • * 概要 *

    フィルタの概要 を編集できます。

[ クエリ ] タブ

属性の SQL クエリ、ラベル、および概要 を編集できます。

  • * SQL クエリ *

    フィルタの SQL クエリを編集できます。

  • * 入力パラメータ表 *

    入力した SQL クエリからのパラメータのリストを表示します。このリストには、フィルタの使用時にユーザ入力が必要です。パラメータの * Label * または * 概要 * 列をクリックして、ラベルまたは概要 を編集できます。

  • * 属性テーブル * が返されました

    SQL クエリから返された属性のリストを表示します。

コマンドボタン

  • * テスト *

    フィルタをテストできます。

  • * 更新 *

    • 入力パラメータ * テーブルと *Returned Attributes テーブルに、変更された値があればそれを入力します。

  • * 保存 *

    フィルタを保存してダイアログボックスを閉じます。

  • * キャンセル *

    フィルタを保存せずにダイアログボックスを閉じます。