日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

変数の編集( Edit Variable )ダイアログボックス

変数の編集: <UserInputName> ダイアログボックスでは、ワークフローのユーザー入力属性を編集できます。

プロパティ

  • * 変数名 *

    ユーザ入力の名前を編集できます。ユーザー入力の名前を変更すると、ワークフロー内のユーザー入力に対するすべての参照が更新されます。

  • * 表示名 *

    ユーザ入力の表示名を指定または編集できます。同様の名前でユーザ入力属性を作成した場合は、一意の表示名を指定できます。

  • * 概要 *

    ユーザ入力の概要 を指定または編集できます。ワークフローを実行またはプレビューすると、概要 がツールチップとして表示されます。

  • * タイプ *

    ユーザ入力のタイプを選択できます。選択したオプションに基づいて、フィールドまたはダイアログボックスへのリンクが表示されます。使用できるオプションは次のとおりです。

    • string : regex フィールドに有効な値の正規表現を入力できます。たとえば、「 * 」と入力します。

    • Number : Range フィールドに数値範囲を入力できます。たとえば、 1 ~ 15 のように入力できます。

    • Enum : [Enum Values] フィールドに、値の閉じたリストを入力できます。

    • Query :単純な SQL クエリを入力して結果を取得できます。

      ユーザーは、結果の最初の列から値のみを選択できます。

    • クエリ(複数選択):値のリストを取得する SQL クエリを入力できます。

      ワークフローの実行中に単一の値または複数の値を選択できます。たとえば、単一のボリューム、複数のボリューム、または共有とエクスポートが設定されたボリュームを選択できます。

      結果に表示された任意の列から値を選択できます。行を選択すると、選択した行のすべての列から値が選択されます。

    • ブール: [ ユーザー入力( User Inputs ) ] ダイアログボックスにチェックボックスを表示できます。

    • 表:ワークフローの実行中に複数の値を入力できるテーブルの列ヘッダーを指定できます。たとえば、ノード名とポート名のリストを指定するテーブルなどです。

      列ユーザー入力のタイプと、列ユーザー入力に関連付けられたプロパティを構成することもできます。選択したユーザ入力タイプに基づいてダイアログボックスが表示されます。使用できるオプションは次のとおりです。

      • string : regex フィールドに有効な値の正規表現を入力できます。たとえば、「 * 」と入力します。

      • Number : Range フィールドに数値範囲を入力できます。たとえば、 1 ~ 15 のように入力できます。

      • Enum : [Enum Values] フィールドに、値の閉じたリストを入力できます。

      • Query :単純な SQL クエリを入力して結果を取得できます。

        ユーザーは、結果の最初の列から値のみを選択できます。テーブルユーザ入力の列内のクエリは、クエリ内の他のユーザ入力を参照できません。

      • Boolean :ドロップダウンリストからブール値として「 true 」または「 false 」を選択できます。

    • Password :ユーザに入力として提供されるパスワードを暗号化できます。

      暗号化されている場合、 WFA アプリケーションとログファイルに一連のアスタリスク文字が表示されます。

    • 辞書:選択した辞書エントリのテーブルデータを追加できます。

      辞書エントリ属性は、返される属性を選択します。ワークフローの実行中に、単一の値または複数の値を選択できます。たとえば、単一のボリューム、複数のボリューム、または共有とエクスポートが設定されているボリュームを選択できます。デフォルトでは、単一の値が選択されています。フィルタ処理のルールを選択することもできます。ルールは、ディクショナリエントリ属性、演算子、および値で構成されます。属性には、その参照の属性も含めることができます。たとえば、文字列「 aggr 」で始まる名前のすべてのアグリゲートを一覧表示し、使用可能なサイズが 5GB を超えるアグリゲートのルールを指定できます。グループの最初の規則は ' 属性名 ' 演算子 'starts-name' と値 kaggr です同じグループの 2 番目の規則は ' 属性 available_size_mb' で ' 演算子は '>' および値は 5000 です

  • * ロック値 *

    クエリから返された値以外の値の入力をユーザに許可するかどうかを指定できます。このチェックボックスをオンにすると、ユーザは値を指定できません。選択できるのは、クエリーから返された値のみです。このオプションは、 Enum および Query type オプションとともに使用します。

  • * デフォルト値 *

    ユーザ入力のデフォルト値を設定できます。

  • * 必須 *

    ワークフローの実行にユーザ入力が必須かどうかを指定できます。

グループ

  • * グループ名 *

    関連するユーザ入力属性をグループ化できます。ユーザー入力属性は、ワークフローのプレビューまたは実行時に定義したグループに表示されます。たとえば、ボリュームの詳細に関連するユーザ入力属性をグループ化できます。

  • * デフォルトでグループを展開 *

    グループに指定されているすべてのユーザ入力属性を展開リストとして表示できます。このチェックボックスをオフにすると、ユーザー入力グループが折りたたまれて表示されます。

依存関係

別のユーザ入力用に入力した値に基づいてユーザ入力を有効にできます。たとえば 'NAS プロトコルを構成するワークフローでは ' 読み取り / 書き込みホスト・リスト "" ユーザー入力 "" または CIFS ACL 設定 "" を有効にするために ' プロトコルに必要なユーザー入力を "NFS" として指定できます

  • * 依存するユーザー入力を選択します *

    変数名フィールドに表示されるユーザー入力を有効にするために必要なユーザー入力を選択できます。

  • * 適用可能な値(カンマ区切り) *

    変数名フィールドに表示されるユーザ入力を有効にする条件付きユーザ入力の値を指定できます。