日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

REST API の使用方法

Workflow Automation ( WFA )の REST API を使用して、外部ポータルやデータセンターオーケストレーションソフトウェアからワークフローを呼び出すことができます。WFA では、すべての REST API について XML および JSON コンテンツタイプがサポートされます。

WFA を使用すると、外部サービスからワークフロー、ユーザ、フィルタ、ファインダなどのさまざまなリソース収集にアクセスできます。 URI パスを使用する。外部サービスでは、 GET 、 PUT 、 POST 、 DELETE などの HTTP メソッドを使用できます。 これらの URI を使用してリソースに対して CRUD 操作を実行します。

WFA REST API を使用して、次のような操作を実行できます。

  • ワークフローの定義とメタデータにアクセスします。

  • ワークフローを実行し、その実行を監視します。

  • ユーザとロールを表示し、パスワードを変更する。

  • リソース選択フィルタの実行とテスト

  • リソースファインダの実行とテスト

  • ストレージやその他のデータセンターオブジェクトのクレデンシャルを管理する。

  • データソースとデータソースのタイプを表示します。

REST API の詳細については、 _REST ドキュメントを参照してください。

_https : // wfa_server_ip : port /rest/docs

「 wfa_server_ip 」は WFA サーバの IP アドレスです。「 port 」はインストール時に WFA サーバに使用した TCP ポート番号です。