日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OnCommand Workflow Automation 3.1 以降のバージョンからアップグレードします

OnCommand Workflow Automation ( WFA ) 3.1 以降のバージョンから、使用可能な最新バージョンの WFA へのインプレースアップグレードを実行して、新しい機能と拡張機能を使用できます。

ネットアップサポートサイトから WFA ホストマシンに .exe バイナリファイルをダウンロードしておきます。

WFA 5.1 クラスタ接続では、 SSL 証明書を承認する必要があります。以前のバージョンの WFA を WFA 5.1 に更新する際には、クラスタ接続を認定する必要があります。インプレースアップグレードの完了後に、クラスタ証明書のクラスタ接続の詳細を保存します。

以前のバージョンの WFA からアップグレードする場合、 MySQL を独自にインストールすることはできません。ただし、 MySQL は独自にインストールできます。

  • WFA 4.2 以降を新規にインストールするとき

  • WFA 4.2 から新しいバージョンの WFA にアップグレードする場合。

ステップ
  1. 次のいずれかの方法を選択して、 WFA 3.1 以降のバージョンからアップグレードします。

    • 対話型インストール

      1. WFA ホストマシンの .exe バイナリファイルに移動し、ファイルを実行します。

      2. ウィザードの指示に従って、アップグレードを完了します。

    • サイレントインストール

      コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

      「 WFA-version_number-build_number.exe /s /v 」 wfa_admin_username_up = WFA ユーザ名 wfa_admin_password_up = パスワード /qr/l * v C : \upgrades.log

      • 例 * :

        「 WFA-x64-v4.2.0.0.0-B2973881.exe /s /v 」 wfa_admin_username_up = admin wfa_admin_password_up = パスワード * 123/QR / l * v C : \upgrades.log

        注記 /qn オプションは、 WFA ではサポートされません。

      サイレントアップグレードを実行する場合は、すべてのコマンドパラメータの値を指定する必要があります。

      • wfa_admin_username_up は、 WFA データベースのバックアップを作成する権限を持つ WFA ユーザのユーザ名です。

      • wfa_ADMIN_NETWORK_PASSWORD_UP はユーザのパスワードです。