日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

変数のガイドライン

コマンドまたはデータソースの種類を作成するときは、 OnCommand Workflow Automation ( WFA )で PowerShell 変数と Perl 変数のガイドラインに注意する必要があります。

PowerShell の変数

ガイドライン

スクリプト入力パラメータの場合:

  • Pascal の事例を使用してください。

  • アンダースコアは使用しないでください。

  • 省略形は使用しないでください。

「 $VolumeName 」

$AutoDeleteOptions'

「 $Size 」

スクリプト内部変数の場合:

  • Camel case を使用します。

  • アンダースコアは使用しないでください。

  • 省略形は使用しないでください。

「 $newVolume 」

「 $qtreeName 」

「 $TIME 」

関数の場合:

  • Pascal の事例を使用してください。

  • アンダースコアは使用しないでください。

  • 省略形は使用しないでください。

「 GetVolumeSize 」

変数名では大文字と小文字は区別されません。ただし、読みやすくするために、同じ名前に異なる大文字と小文字を使用しないでください。

「 $VARIABLE 」は「 $VARIABLE 」と同じです

変数名は、プレーン英語で記述され、スクリプトの機能に関連した名前にする必要があります。

「 $a`. 」ではなく「 $name` 」を使用してください

各変数のデータ型を明示的に宣言します。

[string] name

[int] サイズ

特殊文字 (! @ # & % 、 . )とスペース。

なし

PowerShell の予約キーワードは使用しないでください。

なし

入力パラメータをグループ化するには、まず必須パラメータを配置し、続けてオプションパラメータを配置します。

param(
[parameter(Mandatory=$true)]
[string]$Type,

[parameter(Mandatory=$true)]
[string]$Ip,

[parameter(Mandatory=$false)]
[string]$VolumeName
)

すべての入力変数には 'HelpMessage' 注釈と意味のあるヘルプ・メッセージを使用してコメントを付けます

[parameter(Mandatory=$false,HelpMessage="LUN to map")]
[string]$LUNName

変数名として「ファイラー」を使用しないでください。代わりに「アレイ」を使用してください。

なし

引数が列挙値を取得する場合は 'ValidateSet' 注釈を使用しますこれにより、パラメータの Enum データ型に自動的に変換されます。

[parameter(Mandatory=$false,HelpMessage="Volume state")]
[ValidateSet("online","offline","restricted")]
[string]$State

パラメータの末尾に「 _Capacity 」が付いたエイリアスを追加して、パラメータが容量タイプであることを示します。

「 Create Volume 」コマンドでは、次のようにエイリアスを使用します。

[parameter(Mandatory=$false,HelpMessage="Volume increment size in MB")]
[Alias("AutosizeIncrementSize_Capacity")]
[int]$AutosizeIncrementSize

パラメータがパスワードタイプであることを示すために、エイリアスを "_Password" で終わるパラメータに追加します。

param (
  [parameter(Mandatory=$false, HelpMessage="In order to create an Active Directory machine account for the CIFS server or setup CIFS service for Storage Virtual Machine, you must supply the password of a Windows account with sufficient privileges")]  [Alias("Pwd_Password")]  [string]$ADAdminPassword
)

Perl 変数

ガイドライン

スクリプト入力パラメータの場合:

  • Pascal の事例を使用してください。

  • アンダースコアは使用しないでください。

  • 省略形は使用しないでください。

「 $VolumeName 」

$AutoDeleteOptions'

「 $Size 」

スクリプトの内部変数には省略形を使用しないでください。

$new_volume

「 $qtree_name 」のようになります

「 $TIME 」

関数には省略形を使用しないでください。

'get_volume_size

変数名では大文字と小文字が区別されます。読みやすくするために、同じ名前に異なる大文字と小文字を使用しないでください。

「 $VARIABLE 」は「 $VARIABLE 」と同じではありません

変数名は、プレーン英語で記述され、スクリプトの機能に関連した名前にする必要があります。

「 $a`. 」ではなく「 $name` 」を使用してください

入力パラメータをグループ化するには、まず必須パラメータを配置し、続けてオプションパラメータを配置します。

なし

GetOptions 関数で、入力パラメータの各変数のデータ型を明示的に宣言します。

GetOptions(
	"Name=s"=>\$Name,
	"Size=i"=>\$Size
)

変数名として「ファイラー」を使用しないでください。代わりに「アレイ」を使用してください。

なし

Perl には ' 列挙値の 'ValidateSet' 注釈は含まれません引数が列挙値を取得する場合は ' 明示的な if 文を使用します

if
(defined$SpaceGuarantee&&!($SpaceGuaranteeeq'none'

$SpaceGuaranteeeq’volume'

$SpaceGuaranteeeq’file')) { die’Illegal SpaceGuarantee argument: \''.$SpaceGuarantee.'\''; } ----

すべての Perl WFA コマンドでは、変数、参照、サブルーチンに安全でない構成要素を使用しないようにするために、 "strict" プラグマを使用する必要があります。

use strict;
# the above is equivalent to
use strictvars;
use strictsubs;
use strictrefs;

すべての Perl WFA コマンドでは、次の Perl モジュールを使用する必要があります。

  • getopt

    これは、入力パラメータの指定に使用されます。

  • WFAUtil のようになります

    コマンドロギング、コマンドの進捗状況の報告、アレイコントローラへの接続などに使用されるユーティリティ機能に使用されます。

use Getopt::Long;
use NaServer;
use WFAUtil;