日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell および Perl WFA モジュール

ワークフローのスクリプトを作成するには、 OnCommand Workflow Automation ( WFA )用の PowerShell または Perl モジュールを理解しておく必要があります。

PowerShell モジュール

ガイドライン

Data ONTAP PS Toolkit を使用して、 Toolkit が使用可能になったときにいつでも API を呼び出すことができます。

[Add VLAN] コマンドでは ' 次のようにツールキットを使用します

「 Add-NaNetVlan-Interface $Interface-VLANs $VlanID 」

Data ONTAP PS Toolkit で使用できるコマンドレットがない場合は、「 Invoke-NaSSH 」コマンドを使用して、 Data ONTAP で CLI を呼び出します。

Invoke-NaSsh -Name$ArrayName コマンド「 ifconfig -a 」 -Credential $Credentials 」が実行されます

Perl モジュール

NaServer モジュールは WFA のコマンドで使用されます。NaServer モジュールを使用すると、 Data ONTAP システムのアクティブ管理で使用される Data ONTAP API の呼び出しが可能になります。

ガイドライン

NetApp Manageability SDK が使用可能な場合は、 NaServer モジュールを使用して API を呼び出します。

以下に、 SnapMirror の再開処理に NaServer モジュールを使用する例を示します。

  eval {

    $wfa_util->sendLog('INFO',
        "Connecting to the cluster: $DestinationCluster"
    );
    my $server
        = $wfa_util->connect($DestinationClusterIp, $DestinationVserver);

    my $sm_info = $server->snapmirror_get(
        'destination-vserver' => $DestinationVserver,
        'destination-volume'  => $DestinationVolume
    );

    my $sm_state  = $sm_info->{'attributes'}->{'snapmirror-info'}->{'mirror-state'};
    my  $sm_status = $sm_info->{'attributes'}->{'snapmirror-info'}->{'relationship-status'};

    $wfa_util->sendLog('INFO',
        "SnapMirror relationship is $sm_state ($sm_status)");

    if ($sm_status ne 'quiesced') {
        $wfa_util->sendLog('INFO',
            'The status needs to be quiesced to resume transfer.');
    } else {
        my $result = $server->snapmirror_resume(
            'destination-vserver' => $DestinationVserver,
            'destination-volume'  => $DestinationVolume
        );
        $wfa_util->sendLog('INFO', "Result of resume:  $result");
        $wfa_util->sendLog('INFO', 'Resume operation started successfully.');
    }
}

Data ONTAP API が使用できない場合は、 executeSystemCli ユーティリティメソッドを使用して Data ONTAP CLI を呼び出します。

注記

executeSystemCli はサポートされておらず、現在は 7-Mode の Data ONTAP でのみ使用できます。

なし