日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB データを移行

寄稿者 netapp-barbe ciarm

「 show 」コマンドと「 can 」コマンドを使用して移行を計画した後、データを移行できます。

コピー

copy コマンドは ' ソース・ディレクトリ構造全体をスキャンし ' デスティネーション SMB 共有にコピーします’copy' コマンドでは ' ソース・パスとデスティネーション・パスを変数として指定する必要がありますスキャンおよびコピーされたファイル、スループット / 速度、および経過時間の詳細が、 5 秒ごとにコンソールに出力されます。

  • 例: *

C:\xcp>xcp copy \\<source SMB share> \\<destination SMB share>

詳細は 'XCP help copy' を参照してください

同期

「 sync 」コマンドは、ソース共有とターゲット共有の変更と変更を同時にスキャンし、ターゲットに適切なアクション(削除、変更、名前変更など)を適用して、ターゲットがソースと同一であることを確認します。

sync コマンドは、データの内容、タイムスタンプ、ファイル属性、所有権、およびセキュリティ情報を比較します。

  • 例: *

C:\xcp>xcp sync \\<source SMB share> \\<destination SMB share>

詳細については、「 XCP help sync 」を参照してください。

確認します

「 ve rify 」コマンドは、ソース共有とターゲット共有の両方を読み取り、比較して、相違点に関する情報を提供します。コマンドは、コピーや同期に使用するツールに関係なく、任意のソースとデスティネーションで使用できます。

  • 例: *

C:\xcp>xcp verify \\<source SMB share> \\<destination SMB share>

詳細は 'XCP help verify' を参照してください