日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN のプロビジョニング

寄稿者

Active IQ Unified Manager に付属のプロビジョニング API を使用して、 Storage Virtual Machine ( SVM )に LUN をプロビジョニングできます。このプロビジョニングワークフローでは、 LUN を作成する前に SVM 、パフォーマンスサービスレベル、およびストレージ効率化ポリシーのキーを取得する手順について詳しく説明します。

次の図は、 LUN のプロビジョニングワークフローの手順を示しています。

LUNs を作成します
注記

このワークフローは、 ONTAP クラスタが Unified Manager に追加され、クラスタキーが取得されていることを前提としています。また、 SVM がすでにクラスタに作成されていることも前提としています。

  1. LUN を作成する SVM の SVM キーを取得します。詳細については、「クラスタテノ SVM ノサクシヨ _ ワークフロー」のトピックを参照してください。

  2. 次の API を実行し、応答からパフォーマンスサービスレベルのキーを取得します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    取得

    「 /storage-provider/performion-service-levels 」と入力します

    注記

    「 system_defined 」入力パラメータを「 true 」に設定すると、システム定義のパフォーマンスサービスレベルの詳細を取得できます。出力から、 LUN に適用するパフォーマンスサービスレベルのキーを取得します。

  3. 必要に応じて、次の API を実行し、応答から LUN に適用するストレージ効率化ポリシーのキーを取得します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    取得

    「 /storage-provider/storage-efficiency policies 」のように入力します

  4. 作成する LUN ターゲットへのアクセスを許可するイニシエータグループ( igroup )が作成されているかどうかを確認します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    データセンター

    取得

    「 /datacenter /protocols /san/igroups 」 /datacenter /protocols /san/igroups/\ { key } 」です

    igroup がアクセス権を持つ SVM をパラメータ値として入力する必要があります。また、特定の igroup を照会する場合は、入力パラメータとして igroup 名(キー)を入力します。

  5. アクセスを許可する igroup が出力に見つかった場合は、そのキーを取得します。見つからない場合は igroup を作成します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    データセンター

    投稿( Post )

    「 /datacenter /protocols/san/igroups 」を参照してください

    作成する igroup の詳細を、入力パラメータとして指定する必要があります。これは同期呼び出しであり、 igroup の作成を出力で確認できます。エラーが発生した場合はメッセージが表示されるため、トラブルシューティングして API を再実行します。

  6. LUN を作成します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    投稿( Post )

    「 /storage-provider/LUNs 」のようになります

    LUN を作成するには、取得した値を必須パラメータとして指定する必要があります。

    注記

    ストレージ効率化ポリシーは、 LUN の作成ではオプションのパラメータです。

    • cURL の例 *

      作成する LUN のすべての詳細を入力パラメータとして指定する必要があります。

      ウォンバット: 1 番を抽出します

    JSON 出力にジョブオブジェクトキーが表示され、作成した LUN の検証に使用できます。

  7. ジョブの照会で返されたジョブオブジェクトキーを使用して、 LUN の作成を確認します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    management-server

    取得

    「 /management-server /jobs/{key}` 」と入力します

    応答の末尾に、作成された LUN のキーが表示されます。

    ウォンバット: 2 番を抽出します

  8. 返されたキーを指定して次の API を実行し、 LUN の作成を確認します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    取得

    「 /storage-provider/LUN/{key}` 」と入力します

    • JSON 出力の例 *

      /storage-provider/LUN' の POST メソッドが ' 各関数に必要なすべての API を内部的に呼び出し ' オブジェクトを作成していることがわかりますたとえば 'LUN にパフォーマンス・サービス・レベルを割り当てるための '/storage-provider/performion-service-levels /`API を呼び出します

    Wombat : #3 を抽出

LUN の作成またはマッピングに失敗した場合のトラブルシューティング手順

このワークフローを完了しても、 LUN の作成に失敗することがあります。LUN の作成に成功しても、 LUN を作成したノードに SAN LIF またはアクセスエンドポイントがないために igroup との LUN マッピングが失敗することがあります。障害が発生すると、次のメッセージが表示されます。

The nodes <node_name> and <partner_node_name> have no LIFs configured with the iSCSI or FCP protocol for Vserver <server_name>. Use the access-endpoints API to create a LIF for the LUN.

この問題を回避するには、次のトラブルシューティング手順を実行します。

  1. LUN を作成しようとした SVM に、 iSCSI/FCP プロトコルをサポートするアクセスエンドポイントを作成します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    投稿( Post )

    「 /storage-provider/access-endpoints 」と入力します

    • cURL の例 *

      作成するアクセスエンドポイントの詳細を、入力パラメータとして指定する必要があります。

    注記

    入力パラメータに、 LUN のホームノードを示すアドレスと、ホームノードのパートナーノードを示す ha_address を追加したことを確認します。この処理を実行すると、ホームノードとパートナーノードの両方にアクセスエンドポイントが作成されます。

    + Wombat : #4 を抽出

  2. JSON 出力で返されたジョブオブジェクトキーを使用してジョブを照会し、 SVM にアクセスエンドポイントを追加するジョブが正常に実行されたこと、および SVM で iSCSI/FCP サービスが有効になっていることを確認します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    management-server

    取得

    「 /management-server /jobs/{key}` 」と入力します

    • JSON 出力の例 *

      出力の末尾に、作成されたアクセスエンドポイントのキーが表示されます。次の出力では、「 name 」:「 accessEndpointKey 」値は LUN のホームノードに作成されたアクセスエンドポイントを示します。このキーは 9c964258-14ef-11ea95e2-00a098e32c28 です。「 name 」:「 accessEndpointHAKey 」値は、ホームノードのパートナーノードに作成されたアクセスエンドポイントを示します。このキーは 9d347006-14ef-11ea-8760-00a098e3215f です。

    Wombat : #5 を抽出

  3. LUN を変更して igroup マッピングを更新します。ワークフローの変更の詳細については、「ストレージワークロードの変更」を参照してください。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    パッチ

    「 /storage-provider/LUN/{key}` 」と入力します

    入力で、 LUN マッピングの更新に使用する igroup キーと LUN キーを指定します。

    • cURL の例 *

      ウォンバット: #6 を抽出します

    JSON 出力にジョブオブジェクトキーが表示され、マッピングが成功したかどうかの検証に使用できます。

  4. LUN キーを指定して照会することで、 LUN マッピングを確認します。

    カテゴリ HTTP 動詞 パス

    ストレージプロバイダ

    取得

    「 /storage-provider/LUN/{key}` 」と入力します

    • JSON 出力の例 *

      この出力から、 LUN のプロビジョニング時に使用された igroup ( d19ec2fa -fec7-11E8-b23d-00a098e32c28 キー)に LUN が正常にマッピングされていることがわかります。

    ウォンバット: #7 を抽出します