日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

メンテナンスコンソールから SAML 認証を無効にする

寄稿者

Unified Manager GUI にアクセスできない場合は、必要に応じてメンテナンスコンソールから SAML 認証を無効にすることができます。この状況は、設定に誤りがある場合や IdP にアクセスできない場合に発生します。

  • 必要なもの *

メンテナンスコンソールにメンテナンスユーザとしてアクセスできる必要があります。

SAML 認証が無効な場合は、 Active Directory や LDAP などの設定済みのディレクトリサービスプロバイダがサインオン認証を実行します。設定されているリモートユーザに加え、ローカルユーザとメンテナンスユーザもグラフィカルユーザインターフェイスにアクセスできるようになります。

SAML 認証は、 UI のセットアップ / 認証のページから無効にすることもできます。

注記

SAML 認証を無効にしたあと、 Unified Manager が自動的に再起動されます。

手順
  1. メンテナンスコンソールにログインします。

  2. メインメニュー * で、 * SAML 認証を無効にする * オプションの番号を入力します。

    SAML 認証を無効にして Unified Manager を再起動することの確認を求めるメッセージが表示されます。

  3. 「 * y * 」と入力して Enter キーを押すと、 Unified Manager が再起動します。

リモートユーザが Unified Manager のグラフィカルインターフェイスにアクセスする際にクレデンシャルを入力するページが、次回から IdP のログインページではなく Unified Manager のログインページに変わります。

必要に応じて、 IdP にアクセスして Unified Manager サーバの URL とメタデータを削除します。