日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

保護関係のフェイルオーバーとフェイルバックを実行する

寄稿者

ハードウェア障害や災害が原因で保護関係のソースボリュームが無効になっている場合は、 Unified Manager の保護関係機能を使用して保護デスティネーションの読み取り / 書き込みアクセスを可能にし、ソースがオンラインに戻るまでそのボリュームにフェイルオーバーすることができます。 その後、データの提供に使用できる元のソースにフェイルバックできます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • この処理を実行するには、 OnCommand Workflow Automation をセットアップしておく必要があります。

手順
  1. "SnapMirror 関係を解除"

    デスティネーションをデータ保護ボリュームから読み書き可能ボリュームに変換する前、および関係を反転する前に、関係を解除する必要があります。

  2. "保護関係を反転する"

    元のソースボリュームが再び使用可能になったら、ソースボリュームをリストアして元の保護関係を再確立できます。ソースをリストアする前に、以前のデスティネーションに書き込まれたデータとソースを同期させる必要があります。逆再同期処理を使用して新しい保護関係を作成するには、元の関係のロールを反転し、ソースボリュームと以前のデスティネーションを同期させます。新しい関係に対して新しいベースライン Snapshot コピーが作成されます。

    反転関係は、カスケード関係に似ています。

    UM トポロジの逆再同期
  3. "反転する SnapMirror 関係を解除する"

    元のソースボリュームが再同期され、再びデータを提供できるようになったら、解除処理を使用して反転関係を解除します。

  4. "関係を削除します"

    反転関係が不要になった場合は、元の関係を再確立する前に反転関係を削除する必要があります。

  5. "関係を再同期します"

    再同期処理を使用して、ソースからデスティネーションにデータを同期し、元の関係を再確立します。