日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム / 健全性の詳細ページを使用したデータのリストア

寄稿者

ボリューム / 健全性の詳細ページのリストア機能を使用して、上書きまたは削除したファイルやディレクトリ、またはボリューム全体を Snapshot コピーからリストアできます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

NTFS ファイルストリームはリストアできません。

リストアオプションは、次の場合は使用できません。

  • ボリューム ID が不明な場合:クラスタ間関係が確立されているがデスティネーションクラスタが検出されていない場合など。

  • ボリュームが SnapMirror 同期レプリケーションの対象に設定されている場合。

手順
  1. ボリューム / 健全性 * の詳細ページの * 保護タブ * で、リストアするボリュームの名前をトポロジビューで右クリックします。

  2. メニューから * Restore * を選択します。

    または、 [ アクション * ] メニューから [ リストア * ] を選択して、詳細を表示している現在のボリュームを保護することもできます。

    [ 復元 ] ダイアログボックスが表示されます。

  3. デフォルトの設定と異なる場合は、データをリストアするボリュームと Snapshot コピーを選択します。

  4. リストアする項目を選択します。

    ボリューム全体をリストアすることも、リストアするフォルダやファイルを指定することもできます。

  5. 選択したアイテムを復元する場所を選択します。 * 元の場所 * または * 代替の既存の場所 * のいずれかを選択します。

  6. 別の既存の場所を選択した場合は、次のいずれかを実行します。

    • [ リストアパス ] テキストフィールドに、データを復元する場所のパスを入力し、 [ * ディレクトリの選択 * ] をクリックします。

    • [Browse] をクリックして [Browse Directories] ダイアログボックスを起動し、次の手順を実行します。

      1. リストア先のクラスタ、 SVM 、ボリュームを選択します。

      2. 名前 (Name) テーブルで ' ディレクトリ名を選択します

      3. [ * ディレクトリの選択 * ] をクリックします。

  7. [* リストア ] をクリックします。

    リストアプロセスが開始されます。

    注記

    Cloud Volumes ONTAP HA クラスタ間のリストア処理が NDMP のエラーで失敗する場合は、ソースシステムのクラスタ管理 LIF と通信できるように、デスティネーションクラスタで明示的な AWS ルートを追加しなければならないことがあります。この設定手順は OnCommand Cloud Manager で実行します。