日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イベントの詳細ページ

寄稿者

イベントの詳細ページでは、選択したイベントの重大度、影響レベル、影響領域、イベントソースなどの詳細を確認できます。問題を解決するための考えられる対処方法について、追加情報を確認することもできます。

  • * イベント名 *

    イベントの名前と最終確認時刻。

    パフォーマンスイベント以外のイベントの場合は、状態が「新規」または「確認済み」のときは最終確認時刻が不明なため、この情報は表示されません。

  • * イベント概要 *

    イベントの簡単な概要。

    イベント概要には、イベントがトリガーされた理由が含まれる場合があります。

  • * 競合状態のコンポーネント *

    動的なパフォーマンスイベントについて、クラスタの論理コンポーネントと物理コンポーネントを表すアイコンが表示されます。コンポーネントが競合状態にある場合は、アイコンが赤い丸で強調表示されます。

    表示されるコンポーネントの概要については、「 _ クラスタコンポーネントとその競合の原因」を参照してください。

「イベント情報」、「システム診断」、および「推奨処置」の各セクションについては、他のトピックで説明しています。

コマンドボタン

各コマンドボタンを使用して次のタスクを実行できます。

  • * メモアイコン *

    イベントに関するメモを追加または更新したり、他のユーザが残したすべてのメモを確認したりできます。

  • アクションメニュー *

  • * 自分に割り当て *

    イベントを自分に割り当てます。

  • * 他のユーザーに割り当て *

    [ 所有者の割り当て ] ダイアログボックスが開きますこのダイアログボックスで ' イベントを他のユーザーに割り当てたり ' 再割り当てしたりできます

    イベントをユーザに割り当てると、イベントリストの選択したイベントの該当するフィールドに、ユーザの名前とイベントが割り当てられた時刻が追加されます。

    所有権のフィールドを空白にすると、イベントの割り当てを解除できます。

  • * 確認 *

    選択したイベントに確認応答し、アラート通知が繰り返し送信されないようにします。

    イベントを確認すると、ユーザ名とそのイベントを確認した時刻が、選択したイベントのイベントリスト(確認済みのイベントのリスト)に追加されます。確認したイベントについては、自分で対処する必要があります。

  • * 解決済みとしてマーク *

    イベントの状態を解決済みに変更できます。

    イベントを解決すると、イベントリスト(で解決)に選択したイベントのユーザ名と解決時刻が追加されます。イベントに対処したら、そのイベントを解決済みとしてマークする必要があります。

  • * アラートの追加 *

    アラートの追加ダイアログボックスが表示され、選択したイベントにアラートを追加できます。