日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Event Management のインベントリページ

寄稿者

Event Management インベントリページでは、現在のイベントとそのプロパティのリストを表示できます。イベントについて、確認、解決、割り当てなどのタスクを実行することができます。特定のイベントに対するアラートを追加することもできます。

このページの情報は 5 分ごとに自動的に更新され、最新のイベントが表示されます。

フィルタコンポーネント

イベントリストに表示される情報をカスタマイズできます。次のコンポーネントを使用して、イベントのリストを絞り込むことができます。

  • [ 表示 ] メニューでは、事前定義されたフィルタ選択のリストから選択できます。

    これには、すべてのアクティブなイベント(新規および確認済みのイベント)、アクティブなパフォーマンスイベント、自分(ログインしているユーザ)に割り当てられているイベント、メンテナンス時間中に生成されたすべてのイベントなどの項目が含まれます。

  • 検索ペインでキーワードの全体または一部を入力して、イベントのリストを絞り込むことができます。

  • [ フィルタ ] ペインを起動する [ フィルタ ] ボタン。使用可能なすべてのフィールドとフィールド属性から選択して、イベントのリストを絞り込むことができます。

コマンドボタン

各コマンドボタンを使用して次のタスクを実行できます。

  • * 「 * 」に割り当てます

    イベントを割り当てるユーザを選択できます。イベントをユーザに割り当てると、イベントリストの選択したイベントの該当するフィールドに、そのユーザの名前とイベントを割り当てた時刻が追加されます。

    • 現在ログインしているユーザにイベントを割り当てます。

    • 別のユーザ

      [ 所有者の割り当て ] ダイアログボックスが表示されますこのダイアログボックスでは ' イベントを他のユーザーに割り当てたり ' 再割り当てしたりできます所有権のフィールドを空白にすると、イベントの割り当てを解除できます。

  • * 確認 *

    選択したイベントを確認します。

    イベントを確認すると、イベントリストの選択したイベントの該当するフィールドに、自分のユーザ名とイベントを確認した時刻が追加されます。確認したイベントについては、自分で対処する必要があります。

    注記

    情報イベントに確認応答することはできません。

  • * 解決済みとしてマーク *

    イベントの状態を解決済みに変更できます。

    イベントを解決すると、イベントリストの選択したイベントの該当するフィールドに、自分のユーザ名とイベントを解決した時刻が追加されます。イベントに対処したら、そのイベントを解決済みとしてマークする必要があります。

  • * アラートの追加 *

    アラートの追加ダイアログボックスが表示され、選択したイベントのアラートを追加できます。

  • * レポート *

    現在のイベントビューの詳細をカンマ区切り値( .csv )ファイルまたは PDF ドキュメントとしてエクスポートできます。

  • * 列セレクタの表示 / 非表示 *

    ページに表示する列とその表示順序を選択できます。

イベントのリスト

すべてのイベントの詳細がトリガーされた時刻の順に表示されます。

デフォルトでは、すべてのアクティブなイベントの表示には、影響レベルがインシデントまたはリスクである過去 7 日間の「新規」と「確認済み」のイベントが表示されます。

  • * トリガー日時 *

    イベントが生成された時刻。

  • * 重大度 *

    イベントの重大度: Critical ()、エラー()、警告()、および情報()。

  • * 状態 *

    イベントの状態:新規、確認済み、解決済み、廃止。

  • * 影響レベル *

    イベントの影響レベル:インシデント、リスク、イベント、アップグレード。

  • * 影響領域 *

    イベントの影響領域:可用性、容量、パフォーマンス、保護、構成、 または Security を選択します。

  • * 名前 *

    イベント名。名前を選択して、そのイベントのイベントの詳細ページを表示できます。

  • * 出典 *

    イベントが発生したオブジェクトの名前。名前を選択して、そのオブジェクトの健全性またはパフォーマンスの詳細ページを表示できます。

    共有 QoS ポリシーの違反の場合、このフィールドには、 IOPS または MBps が高い上位のワークロードオブジェクトのみが表示されます。このポリシーを使用する他のワークロードは、イベントの詳細ページに表示されます。

  • * ソースタイプ *

    イベントが関連付けられているオブジェクトのタイプ( Storage VM 、ボリューム、 qtree など)。

  • * 割り当て先 *

    イベントが割り当てられているユーザの名前。

  • * イベントの発生元 *

    イベントの生成元が「 Active IQ ポータル」であるか、「 Active IQ Unified Manager 」から直接であるか。

  • * アノテーション名 *

    ストレージオブジェクトに割り当てられたアノテーションの名前。

  • * メモ *

    イベントに追加されたメモの数。

  • * 未処理日数 *

    イベントが最初に生成されてからの経過日数。

  • * 割り当て時間 *

    イベントがユーザに割り当てられてからの経過時間。1 週間を過ぎたイベントには、割り当て時のタイムスタンプが表示されます。

  • * 承認者 *

    イベントを確認したユーザの名前。イベントが確認されていない場合は空白になります。

  • * 承認時間 *

    イベントが確認されてからの経過時間。1 週間を過ぎたイベントには、確認時のタイムスタンプが表示されます。

  • * 解決者 *

    イベントを解決したユーザの名前。イベントが解決されていない場合は空白になります。

  • * 解決時間 *

    イベントが解決されてからの経過時間。1 週間を過ぎたイベントには、解決時のタイムスタンプが表示されます。

  • * 廃止時刻 *

    イベントの状態が「廃止」になった時刻。