日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Storage VM / 健全性の詳細ページ

寄稿者

Storage VM / 健全性の詳細ページでは、選択した Storage VM について、健全性、容量、構成、データポリシー、論理インターフェイス( LIF )、 LUN 、 qtree 、ユーザ、ユーザグループクォータ、および保護の詳細Storage VM に関連するオブジェクトやアラートに関する情報も確認できます。

注記

監視できるのはデータ Storage VM だけです。

コマンドボタン

選択した Storage VM について、各コマンドボタンを使用して次のタスクを実行できます。

  • * パフォーマンスビューに切り替え *

    Storage VM / パフォーマンスの詳細ページに移動できます。

  • * アクション *

    • アラートを追加します

      選択した Storage VM にアラートを追加できます。

    • 注釈

      選択した Storage VM をアノテートできます。

  • * Storage VM* を表示します

    健常性:すべての Storage VM ビューに移動できます。

正常性タブ

Health タブには、ボリューム、アグリゲート、 NAS LIF 、 SAN LIF 、 LUN などのさまざまなオブジェクトのデータ可用性、データ容量、および保護の問題に関する詳細な情報が表示されます。 プロトコル、サービス、 NFS 共有、および CIFS 共有

オブジェクトのグラフをクリックすると、フィルタリングされたオブジェクトのリストを表示できます。たとえば、警告が表示されたボリュームの容量のグラフをクリックすると、重大度が「警告」の容量の問題があるボリュームのリストが表示されます。

  • * 可用性の問題 *

    可用性の問題があるオブジェクトとないオブジェクトの両方を含むオブジェクトの合計数がグラフで表示されます。グラフでは、問題の重大度レベルに応じて色が表示されます。グラフの下には、 Storage VM 内のデータの可用性に影響を及ぼす可能性がある問題とすでに影響を及ぼしている問題に関する詳細が表示されます。たとえば、停止している NAS LIF および SAN LIF やオフラインになっているボリュームの情報が表示されます。

    現在実行中の関連するプロトコルやサービスに関する情報のほか、 NFS 共有や CIFS 共有の数とステータスも確認できます。

  • * 容量の問題 *

    容量の問題があるオブジェクトとないオブジェクトの両方を含むオブジェクトの合計数がグラフで表示されます。グラフでは、問題の重大度レベルに応じて色が表示されます。グラフの下には、 Storage VM 内のデータの容量に影響を及ぼす可能性がある問題とすでに影響を及ぼしている問題に関する詳細が表示されます。たとえば、設定されたしきい値を超える可能性があるアグリゲートの情報が表示されます。

  • * 保護の問題 *

    Storage VM の保護関連の健全性に関する概要情報として、フィールドのダイアログボックスに保護の問題がある関係とない関係を含む関係の合計数が表示されます。選択した Storage VM の Storage VM DR 関係のステータスも確認できます。Storage VM DR 関係のイベントが表示されます。イベントをクリックすると、イベントの詳細ページが表示されます。保護されていないボリュームがある場合は、リンクをクリックすると Health : All Volumes ビューに移動し、 Storage VM にある保護されていないボリュームのフィルタリングされたリストを確認できます。グラフでは、問題の重大度レベルに応じて色が表示されます。グラフをクリックすると、 Relationship : All Relationships ビューに移動します。このビューでは、保護関係の詳細のフィルタリングされたリストを確認できます。グラフの下には、 Storage VM 内のデータの保護に影響を及ぼす可能性がある問題とすでに影響を及ぼしている問題に関する詳細が表示されます。たとえば、 Snapshot コピーリザーブがほぼフルのボリュームに関する情報や、 SnapMirror 関係の遅延の問題に関する情報が表示されます。

Capacity (容量)タブ

容量タブには、選択した SVM のデータ容量に関する詳細情報が表示されます。

FlexVol ボリュームまたは FlexGroup ボリュームを備えた Storage VM については、次の情報が表示されます。

  • * 容量 *

    容量領域には、すべてのボリュームから割り当てられている使用済み容量と使用可能容量に関する詳細が表示されます。

    • 合計容量

      Storage VM の合計容量が表示されます。

    • 使用済み

      Storage VM に属するボリュームでデータに使用されているスペースが表示されます。

    • 保証あり - 利用可能

      Storage VM 内のボリュームで使用可能な保証済みのデータ用スペースが表示されます。

    • 保証なし

      Storage VM 内のシンプロビジョニングボリュームに割り当てられている、データに使用可能な残りのスペースが表示されます。

  • * 容量に問題があるボリューム *

    容量に問題があるボリュームのリストが、容量の問題があるボリュームに関する詳細情報が表形式で表示されます。

    • ステータス

      ボリュームに、容量関連のある問題が指定された重大度であることを示します。

      ステータスにカーソルを合わせると、ボリュームに対して生成された容量関連のイベントに関する詳細を確認できます。

      ボリュームのステータスが単一のイベントに基づく場合は、イベントの名前、イベントがトリガーされた日時、イベントが割り当てられている管理者の名前、イベントの原因などの情報が表示されます。イベントの詳細情報を表示するには、 * 詳細を表示 * ボタンを使用します。

      ボリュームのステータスが同じ重大度の複数のイベントに基づく場合は、上位の 3 つのイベントについて、イベントの名前、イベントがトリガーされた日時、イベントが割り当てられている管理者の名前などの情報が表示されます。イベント名をクリックすると、それらの各イベントの詳細を確認できます。また、「 * すべてのイベントを表示 * 」リンクをクリックして、生成されたイベントのリストを表示することもできます。

    注記

    ボリュームには、重大度が同じまたは異なる容量関連のイベントが複数ある場合もあります。ただし、表示されるのは最も高い重大度だけです。たとえば、重大度が「エラー」と「警告」の 2 つのイベントがボリュームにある場合、表示される重大度は「エラー」だけです。

    • ボリューム

      ボリュームの名前が表示されます。

    • 使用済みデータ容量

      ボリュームの容量の使用率に関する情報がグラフで表示されます。

    • フルまでの日数

      ボリュームの容量がフルに達するまでの推定日数が表示されます。

    • シンプロビジョニング

      選択したボリュームにスペースギャランティが設定されているかどうかが表示されます。有効な値は「はい」と「いいえ」です

    • アグリゲート

      FlexVol ボリュームの場合は、ボリュームが含まれているアグリゲートの名前が表示されます。FlexGroup ボリュームの場合、 FlexGroup で使用されているアグリゲートの数が表示されます。

[ 構成 ] タブ

Configuration タブには、選択した Storage VM の設定に関する詳細が表示されます。これには、 Storage VM に作成されたクラスタ、ルートボリューム、ボリュームのタイプ( FlexVol ボリューム)、ポリシー、保護などの情報が含まれます。

  • * 概要 *

    • クラスタ

      Storage VM が属するクラスタの名前が表示されます。

    • 使用できるボリュームタイプ

      Storage VM で作成できるボリュームのタイプが表示されます。「 FlexVol 」または「 FlexVol/FlexGroup 」のいずれかです。

    • ルートボリューム

      Storage VM のルートボリュームの名前が表示されます。

    • 許可するプロトコル

      Storage VM で設定できるプロトコルのタイプが表示されます。また、プロトコルが稼働しているかどうかを示します(LIF の可用性のアイコン– Up)、 Down (LIF の可用性のアイコン– Down)、またはが設定されていない(LIF の可用性のアイコン– Unknown)。

  • * データ・ネットワーク・インターフェイス *

    • NAS

      Storage VM に関連付けられている NAS インターフェイスの数が表示されます。インターフェイスの状態(LIF の可用性のアイコン– Up)または down (LIF の可用性のアイコン– Down)。

    • SAN

      Storage VM に関連付けられている SAN インターフェイスの数が表示されます。インターフェイスの状態(LIF の可用性のアイコン– Up)または down (LIF の可用性のアイコン– Down)。

    • FC-NVMe

      Storage VM に関連付けられている FC-NVMe インターフェイスの数が表示されます。インターフェイスの状態(LIF の可用性のアイコン– Up)または down (LIF の可用性のアイコン– Down)。

  • * 管理ネットワーク・インターフェイス *

    • 可用性

      Storage VM に関連付けられている管理インターフェイスの数が表示されます。管理インターフェイスの状態(LIF の可用性のアイコン– Up)または down (LIF の可用性のアイコン– Down)。

  • * ポリシー *

    • Snapshot

      Storage VM に作成された Snapshot ポリシーの名前が表示されます。

    • エクスポートポリシー

      エクスポートポリシーが 1 つ作成されている場合はその名前が表示され、複数作成されている場合はその数が表示されます。

  • * 保護 *

    • Storage VM DR

      選択した Storage VM が保護されているかどうか、デスティネーションか保護されていないか、および Storage VM が保護されているデスティネーションの名前が表示されます。選択した Storage VM がデスティネーションの場合、ソース Storage VM の詳細が表示されます。ファンアウトの場合、 Storage VM が保護されているデスティネーション Storage VM の合計数が表示されます。ソース Storage VM でフィルタされた Storage VM 関係グリッドが表示されます。

    • 保護されているボリューム

      選択した Storage VM 上の保護されているボリュームのうち、合計ボリューム数から外れているボリュームの数が表示されます。デスティネーション Storage VM を表示している場合は、選択した Storage VM のデスティネーションボリュームの番号のリンクです。

    • 保護されていないボリューム

      選択した Storage VM の保護されていないボリュームの数が表示されます。

  • * サービス *

    • を入力します

      Storage VM で設定されているサービスのタイプが表示されます。「 Domain Name System ( DNS ;ドメインネームシステム)」または「 Network Information Service ( NIS )」のいずれかです。

    • 状態

      サービスの状態が表示されます。 up (LIF の可用性のアイコン– Up)、 Down (LIF の可用性のアイコン– Down)、または設定されていない(LIF の可用性のアイコン– Unknown)。

    • ドメイン名( Domain Name )

      DNS サービスの DNS サーバまたは NIS サービスの NIS サーバの完全修飾ドメイン名( FQDN )が表示されます。NIS サーバが有効になっている場合は、アクティブな NIS サーバの FQDN が表示されます。NIS サーバが無効になっている場合は、すべての FQDN のリストが表示されます。

    • IP アドレス

      DNS サーバまたは NIS サーバの IP アドレスが表示されます。NIS サーバが有効になっている場合は、アクティブな NIS サーバの IP アドレスが表示されます。NIS サーバが無効になっている場合は、すべての IP アドレスのリストが表示されます。

Network Interfaces タブをクリックします

ネットワークインターフェイスタブには、選択した Storage VM に作成されているデータネットワークインターフェイス( LIF )に関する詳細が表示されます。

  • * ネットワーク・インターフェイス *

    選択した Storage VM に作成されているインターフェイスの名前が表示されます。

  • * 動作ステータス *

    インターフェイスの動作ステータスが表示されます。 up (LIF ステータスのアイコン– up)、 Down (LIF ステータスのアイコン– Down をクリックします)、または Unknown (HA 状態のアイコン– unknown)。インターフェイスの動作ステータスは、物理ポートのステータスで決まります。

  • * 管理ステータス *

    インターフェイスの管理ステータスが表示されます。 up (LIF ステータスのアイコン– up)、 Down (LIF ステータスのアイコン– Down をクリックします)、または Unknown (HA 状態のアイコン– unknown)。インターフェイスの管理ステータスは、設定への変更やメンテナンスを実施するために、ストレージ管理者が変更します。管理ステータスは、動作ステータスとは異なる場合があります。ただし、インターフェイスの管理ステータスが「停止」の場合、動作ステータスはデフォルトで「停止」になります。

  • * IP アドレス / WWPN *

    イーサネットインターフェイスの IP アドレスと FC LIF の World Wide Port Name ( WWPN )が表示されます。

  • * プロトコル *

    CIFS 、 NFS 、 iSCSI 、 FC / FCoE など、インターフェイスに対して指定されているデータプロトコルのリストが表示されます。 FC-NVMe 、および FlexCache が必要です。

  • * 役割 *

    インターフェイスのロールが表示されます。「データ」または「管理」のいずれかです。

  • * ホームポート *

    インターフェイスが最初に関連付けられていた物理ポートが表示されます。

  • * 現在のポート *

    インターフェイスが現在関連付けられている物理ポートが表示されます。インターフェイスが移行された場合、現在のポートがホームポートと同じでなくなることがあります。

  • * ポートセット *

    インターフェイスがマッピングされているポートセットが表示されます。

  • * フェイルオーバーポリシー *

    インターフェイスに設定されているフェイルオーバーポリシーが表示されます。NFS インターフェイス、 CIFS インターフェイス、および FlexCache インターフェイスの場合、デフォルトのフェイルオーバーポリシーは「次に使用可能」です。FC インターフェイスおよび iSCSI インターフェイスには、フェイルオーバーポリシーは適用できません。

  • * ルーティンググループ *

    ルーティンググループの名前が表示されます。ルーティンググループ名をクリックすると、ルートとデスティネーションゲートウェイに関する詳細を確認できます。

    ルーティンググループは ONTAP 8.3 以降ではサポートされないため、それらのクラスタの列は空白になります。

  • * フェイルオーバーグループ *

    フェイルオーバーグループの名前が表示されます。

Qtrees ( qtree )タブ

qtree タブには、 qtree とそのクォータに関する詳細が表示されます。1 つ以上の qtree の容量の健全性しきい値の設定を編集するには、しきい値の編集 * ボタンをクリックします。

「 * Export 」ボタンを使用して、監視対象のすべての qtree の詳細を含むカンマ区切り値( .csv )ファイルを作成します。CSV ファイルにエクスポートして qtree のレポートを作成する際は、現在の Storage VM 、現在のクラスタのすべての Storage VM 、またはデータセンター内のすべてのクラスタのすべての Storage VM について、のいずれかを選択できます。エクスポートした CSV ファイルには、 qtree に関する追加のフィールドもいくつか表示されます。

  • * ステータス *

    qtree の現在のステータスが表示されます。ステータスは Critical (重大度が「重大」のイベントのアイコン)、エラー(重大度が「 ERROR 」のイベントのアイコン)、警告(重大度が「警告」のイベントのアイコン)、または標準(重大度が「 Normal 」のイベントのアイコン)。

    ステータスアイコンにカーソルを合わせると、 qtree に対して生成されたイベントに関する詳細を確認できます。

    qtree のステータスが単一のイベントに基づく場合は、イベントの名前、イベントがトリガーされた日時、イベントが割り当てられている管理者の名前、イベントの原因などの情報が表示されます。イベントの詳細情報を表示するには、 * View Details * を使用します。

    qtree のステータスが同じ重大度の複数のイベントに基づく場合は、上位の 3 つのイベントについて、イベントの名前、イベントがトリガーされた日時、イベントが割り当てられている管理者の名前などの情報が表示されます。イベント名をクリックすると、それらの各イベントの詳細を確認できます。また、 * すべてのイベントを表示 * を使用して、生成されたイベントのリストを表示することもできます。

    注記

    qtree には、重大度が同じまたは異なる容量関連のイベントが複数ある場合もあります。ただし、表示されるのは最も高い重大度だけです。たとえば、重大度が「エラー」と「警告」の 2 つのイベントが qtree にある場合、表示される重大度は「エラー」だけです。

  • * qtree *

    qtree の名前が表示されます。

  • * クラスタ *

    qtree を含むクラスタの名前が表示されます。エクスポートした CSV ファイルにのみ表示されます。

  • * Storage Virtual Machine *

    qtree を含む Storage Virtual Machine ( SVM )の名前が表示されます。エクスポートした CSV ファイルにのみ表示されます。

  • * 音量 *

    qtree が含まれているボリュームの名前が表示されます。

    ボリューム名にカーソルを合わせると、ボリュームに関する詳細を確認できます。

  • * クォータセット *

    qtree でクォータが有効になっているかどうかを示します。

  • * クォータタイプ *

    ユーザ、ユーザグループ、または qtree のいずれのクォータであるかを示します。エクスポートした CSV ファイルにのみ表示されます。

  • * ユーザーまたはグループ *

    ユーザまたはユーザグループの名前が表示されます。ユーザおよびユーザグループごとに複数の行が表示されます。クォータのタイプが qtree の場合やクォータが設定されていない場合は空になります。エクスポートした CSV ファイルにのみ表示されます。

  • * 使用ディスク %*

    ディスクスペースの使用率が表示されます。ディスクのハードリミットが設定されている場合は、そのハードリミットに基づく値です。ディスクのハードリミットなしでクォータが設定されている場合は、ボリュームのデータスペースに基づきます。クォータが設定されていない場合や qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、グリッドページに「該当なし」と表示され、 CSV エクスポートデータではフィールドが空白になります。

  • * ディスクハードリミット *

    qtree に対するディスクスペースの最大割り当て容量が表示されます。この上限に達すると、 Unified Manager で重大なイベントが生成され、ディスクへの書き込みがそれ以上許可されなくなります。ディスクのハードリミットなしでクォータが設定されている場合、クォータが設定されていない場合、または qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、「無制限」と表示されます。

  • * ディスクソフトリミット *

    qtree に対するディスクスペースの割り当て容量について、警告イベントを生成する容量が表示されます。ディスクのソフトリミットなしでクォータが設定されている場合、クォータが設定されていない場合、または qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、「無制限」と表示されます。デフォルトでは、この列は表示されません。

  • * ディスクしきい値 *

    ディスクスペースについて設定されているしきい値が表示されます。ディスクのしきい値の制限なしでクォータが設定されている場合、クォータが設定されていない場合、または qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、「無制限」と表示されます。デフォルトでは、この列は表示されません。

  • * 使用されているファイル数 %*

    qtree で使用されているファイルの割合が表示されます。ファイルのハードリミットが設定されている場合は、そのハードリミットに基づく値です。ファイルのハードリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は表示されません。クォータが設定されていない場合や qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、グリッドページに「該当なし」と表示され、 CSV エクスポートデータではフィールドが空白になります。

  • * ファイルハードリミット *

    qtree に許可されるファイル数のハードリミットが表示されます。ファイルのハードリミットなしでクォータが設定されている場合、クォータが設定されていない場合、または qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、「無制限」と表示されます。

  • * ファイルソフトリミット *

    qtree に許可されるファイル数のソフトリミットが表示されます。ファイルのソフトリミットなしでクォータが設定されている場合、クォータが設定されていない場合、または qtree が属するボリュームでクォータがオフになっている場合は、「無制限」と表示されます。デフォルトでは、この列は表示されません。

[ ユーザークォータ ] タブと [ グループクォータ ] タブ

選択した Storage VM のユーザおよびユーザグループのクォータに関する詳細が表示されます。クォータのステータス、ユーザまたはユーザグループの名前、ディスクおよびファイルのソフトリミットとハードリミット、使用されているディスクスペースとファイル数、ディスクのしきい値などの情報を確認できます。ユーザまたはユーザグループに関連付けられている E メールアドレスを変更することもできます。

  • * 電子メールアドレスの編集コマンドボタン *

    E メールアドレスの編集ダイアログボックスが開き、選択したユーザまたはユーザグループの現在の E メールアドレスが表示されます。E メールアドレスを変更することができます。[ メールアドレスの編集 ] フィールドが空白の場合、デフォルトルールを使用して、選択したユーザーまたはユーザーグループのメールアドレスが生成されます。

    複数のユーザが同じクォータを使用する場合は、ユーザの名前がカンマで区切って表示されます。また、デフォルトのルールを使用して E メールアドレスが生成されることはないため、通知を送信するには E メールアドレスを指定する必要があります。

  • * 電子メールルールの設定コマンドボタン *

    Storage VM で設定されているユーザまたはユーザグループクォータについて、 E メールアドレスを生成するルールを作成または変更できます。クォータに違反が発生すると、指定した E メールアドレスに通知が送信されます。

  • * ステータス *

    クォータの現在のステータスが表示されます。ステータスは Critical (重大度が「重大」のイベントのアイコン)、警告(重大度が「警告」のイベントのアイコン)、または標準(重大度が「 Normal 」のイベントのアイコン)。

    ステータスアイコンにカーソルを合わせると、クォータに対して生成されたイベントに関する詳細を確認できます。

    クォータのステータスが単一のイベントに基づく場合は、イベントの名前、イベントがトリガーされた日時、イベントが割り当てられている管理者の名前、イベントの原因などの情報が表示されます。イベントの詳細情報を表示するには、 * View Details * を使用します。

    クォータのステータスが同じ重大度の複数のイベントに基づく場合は、上位の 3 つのイベントについて、イベントの名前、イベントがトリガーされた日時、イベントが割り当てられている管理者の名前などの情報が表示されます。イベント名をクリックすると、それらの各イベントの詳細を確認できます。また、 * すべてのイベントを表示 * を使用して、生成されたイベントのリストを表示することもできます。

    注記

    クォータには、重大度が同じまたは異なる容量関連のイベントが複数ある場合もあります。ただし、表示されるのは最も高い重大度だけです。たとえば、重大度が「エラー」と「警告」の 2 つのイベントがクォータにある場合、表示される重大度は「エラー」だけです。

  • * ユーザーまたはグループ *

    ユーザまたはユーザグループの名前が表示されます。複数のユーザが同じクォータを使用する場合は、ユーザの名前がカンマで区切って表示されます。

    SecD のエラーによって ONTAP から有効なユーザ名が提供されない場合、値は「 Unknown 」と表示されます。

  • * タイプ *

    ユーザまたはユーザグループのどちらのクォータであるかを示します。

  • * ボリュームまたは qtree *

    ユーザまたはユーザグループのクォータが指定されているボリュームまたは qtree の名前が表示されます。

    ボリュームまたは qtree の名前にカーソルを合わせると、そのボリュームまたは qtree に関する詳細を確認できます。

  • * 使用ディスク %*

    ディスクスペースの使用率が表示されます。ディスクのハードリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は「該当なし」と表示されます。

  • * ディスクハードリミット *

    クォータに対するディスクスペースの最大割り当て容量が表示されます。この上限に達すると、 Unified Manager で重大なイベントが生成され、ディスクへの書き込みがそれ以上許可されなくなります。ディスクのハードリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は「無制限」と表示されます。

  • * ディスクソフトリミット *

    クォータに対するディスクスペースの割り当て容量について、警告イベントを生成する容量が表示されます。ディスクのソフトリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は「無制限」と表示されます。デフォルトでは、この列は表示されません。

  • * ディスクしきい値 *

    ディスクスペースについて設定されているしきい値が表示されます。ディスクのしきい値制限なしでクォータが設定されている場合は ' 無制限と表示されますデフォルトでは、この列は表示されません。

  • * 使用されているファイル数 %*

    qtree で使用されているファイルの割合が表示されます。ファイルのハードリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は「該当なし」と表示されます。

  • * ファイルハードリミット *

    クォータに許可されるファイル数のハードリミットが表示されます。ファイルのハードリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は「無制限」と表示されます。

  • * ファイルソフトリミット *

    クォータに許可されるファイル数のソフトリミットが表示されます。ファイルのソフトリミットなしでクォータが設定されている場合は、値は「無制限」と表示されます。デフォルトでは、この列は表示されません。

  • * 電子メールアドレス *

    クォータに違反が発生した場合に通知が送信されるユーザまたはユーザグループの E メールアドレスが表示されます。

NFS Shares ( NFS 共有)タブ

NFS 共有タブには、 NFS 共有について、ステータス、ボリューム( FlexGroup または FlexVol ボリューム)に関連付けられたパス、 NFS 共有に対するクライアントのアクセスレベル、エクスポートされているボリュームに対して定義されているエクスポートポリシーなどの情報が表示されます。NFS 共有は、ボリュームがマウントされていない場合、またはボリュームのエクスポートポリシーに関連付けられているプロトコルに NFS 共有が含まれていない場合は表示されません。

  • * ステータス *

    NFS 共有の現在のステータスが表示されます。ステータスは、 Error (重大度が「 ERROR 」のイベントのアイコン)または標準(重大度が「 Normal 」のイベントのアイコン)。

  • * ジャンクションパス *

    ボリュームがマウントされているパスが表示されます。qtree に明示的な NFS エクスポートポリシーが適用されている場合、 qtree にアクセスできるボリュームのパスが表示されます。

  • * ジャンクションパスがアクティブ *

    マウントされたボリュームにアクセスするパスがアクティブであるか非アクティブであるかが表示されます。

  • * ボリュームまたは qtree *

    NFS エクスポートポリシーが適用されているボリュームまたは qtree の名前が表示されます。NFS エクスポートポリシーがボリューム内の qtree に適用されている場合は、ボリュームと qtree の両方の名前が表示されます。

    リンクをクリックすると、オブジェクトに関する詳細を対応する詳細ページで確認できます。オブジェクトが qtree の場合、 qtree とボリュームの両方のリンクが表示されます。

  • * ボリュームの状態 *

    エクスポートされるボリュームの状態が表示されます。「オフライン」、「オンライン」、「制限」、「混在」のいずれかです。

    • オフラインです

      ボリュームへの読み取り / 書き込みアクセスが許可されていません。

    • オンライン

      ボリュームへの読み取り / 書き込みアクセスが許可されています。

    • 制限

      パリティの再構築などの一部の処理は許可されますが、データアクセスは許可されません。

    • 混在

      FlexGroup ボリュームに状態の異なるコンスティチュエントが混在しています。

  • * セキュリティ形式 *

    エクスポートされているボリュームのアクセス権限が表示されます。セキュリティ形式には、 UNIX 、 Unified 、 NTFS 、 Mixed があります。

    • UNIX ( NFS クライアント)

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに UNIX 権限が設定されています。

    • 統合:

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに unified セキュリティ形式が設定されています。

    • NTFS ( CIFS クライアント)

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに Windows NTFS 権限が設定されています。

    • 混在

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに UNIX 権限または Windows NTFS 権限のどちらかを設定できます。

  • * UNIX 権限 *

    エクスポートされるボリュームに設定されている 8 進数の文字列形式の UNIX 権限ビットが表示されます。UNIX 形式の権限ビットと同様の形式です。

  • * エクスポートポリシー *

    エクスポートされているボリュームのアクセス権限を定義するルールが表示されます。リンクをクリックすると、エクスポートポリシーに関連付けられているルールについて、認証プロトコルやアクセス権限などの詳細を確認できます。

SMB Shares ( SMB 共有)タブ

選択した Storage VM の SMB 共有に関する情報が表示されます。SMB 共有のステータス、共有名、 Storage VM に関連付けられているパス、共有のジャンクションパスのステータス、コンテナオブジェクト、コンテナボリュームの状態、共有のセキュリティのデータ、共有に対して定義されているエクスポートポリシーなどの情報を参照できます。SMB 共有に相当する NFS パスが存在するかどうかも確認できます。

注記

フォルダ内の共有は、 SMB 共有タブには表示されません。

  • * ユーザーマッピングの表示コマンドボタン *

    [ ユーザーマッピング( User Mapping ) ] ダイアログボックスを起動します。

    Storage VM のユーザマッピングの詳細を確認できます。

  • * ACL コマンドボタン * を表示します

    共有の Access Control ダイアログボックスを開きます。

    選択した共有のユーザおよび権限の詳細を表示できます。

  • * ステータス *

    共有の現在のステータスが表示されます。標準(重大度が「 Normal 」のイベントのアイコン)またはエラー(重大度が「 ERROR 」のイベントのアイコン)。

  • * 共有名 *

    SMB 共有の名前が表示されます。

  • * パス *

    共有が作成されているジャンクションパスが表示されます。

  • * ジャンクションパスがアクティブ *

    共有にアクセスするパスがアクティブであるか非アクティブであるかが表示されます。

  • * コンテナオブジェクト *

    共有が属するコンテナオブジェクトの名前が表示されます。コンテナオブジェクトは、ボリュームまたは qtree のいずれかです。

    リンクをクリックすると、該当する [ 詳細 ] ページでコンテナオブジェクトの詳細を表示できます。コンテナオブジェクトが qtree の場合、 qtree とボリュームの両方のリンクが表示されます。

  • * ボリュームの状態 *

    エクスポートされるボリュームの状態が表示されます。「オフライン」、「オンライン」、「制限」、「混在」のいずれかです。

    • オフラインです

      ボリュームへの読み取り / 書き込みアクセスが許可されていません。

    • オンライン

      ボリュームへの読み取り / 書き込みアクセスが許可されています。

    • 制限

      パリティの再構築などの一部の処理は許可されますが、データアクセスは許可されません。

    • 混在

      FlexGroup ボリュームに状態の異なるコンスティチュエントが混在しています。

  • * セキュリティ *

    エクスポートされているボリュームのアクセス権限が表示されます。セキュリティ形式には、 UNIX 、 Unified 、 NTFS 、 Mixed があります。

    • UNIX ( NFS クライアント)

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに UNIX 権限が設定されています。

    • 統合:

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに unified セキュリティ形式が設定されています。

    • NTFS ( CIFS クライアント)

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに Windows NTFS 権限が設定されています。

    • 混在

      ボリューム内のファイルおよびディレクトリに UNIX 権限または Windows NTFS 権限のどちらかを設定できます。

  • * エクスポートポリシー *

    共有に適用されているエクスポートポリシーの名前が表示されます。Storage VM にエクスポートポリシーが指定されていない場合は、「無効」と表示されます。

    リンクをクリックすると、エクスポートポリシーに関連付けられているルールについて、アクセスプロトコルや権限などの詳細を確認できます。このリンクは、選択した Storage VM のエクスポートポリシーが無効になっている場合は無効になります。

  • * NFS の同等機能 *

    共有に NFS と同等の機能があるかどうかを示します。

SAN タブ

選択した Storage VM の LUN 、イニシエータグループ、およびイニシエータに関する詳細が表示されます。デフォルトでは、 LUNs ビューが表示されます。イニシエータグループの詳細は、イニシエータグループタブで確認できます。また、イニシエータタブでイニシエータの詳細を確認できます。

  • * LUNs タブ *

    選択した Storage VM に属する LUN に関する詳細が表示されます。LUN の名前、 LUN の状態(オンラインまたはオフライン)、 LUN が含まれているファイルシステム(ボリュームまたは qtree )の名前、ホストオペレーティングシステムのタイプ、 LUN の合計データ容量とシリアル番号などの情報を参照できます。LUN Performance 列には、 LUN / パフォーマンスの詳細ページへのリンクが表示されます。

    LUN でシンプロビジョニングが有効になっているかどうかや、 LUN がイニシエータグループにマッピングされているかどうかも確認できます。イニシエータにマッピングされている場合は、選択した LUN にマッピングされているイニシエータグループとイニシエータを表示できます。

  • * イニシエータグループタブ *

    イニシエータグループに関する詳細が表示されます。イニシエータグループの名前、アクセス状態、グループ内のすべてのイニシエータで使用されているホストオペレーティングシステムのタイプ、サポートされるプロトコルなどの詳細を確認できます。アクセス状態の列のリンクをクリックすると、イニシエータグループの現在のアクセス状態を確認できます。

    • * 標準 *

      イニシエータグループは複数のアクセスパスに接続されています。

    • * シングルパス *

      イニシエータグループは単一のアクセスパスに接続されています。

    • * パスなし *

      イニシエータグループにアクセスパスが接続されていません。

      イニシエータグループがすべてのインターフェイスにマッピングされているか、ポートセットを介して特定のインターフェイスにマッピングされているかを確認することができます[Mapped Interfaces] カラムのカウントリンクをクリックすると、すべてのインターフェイスが表示されるか、ポートセットの特定のインターフェイスが表示されます。ターゲットポータルを介してマッピングされているインターフェイスは表示されません。イニシエータグループにマッピングされているイニシエータと LUN の合計数が表示されます。

    + をクリックすると、選択したイニシエータグループにマッピングされている LUN とイニシエータも表示されます。

  • * イニシエータタブ *

    選択した Storage VM のイニシエータの名前とタイプ、およびこのイニシエータにマッピングされているイニシエータグループの合計数が表示されます。

    選択したイニシエータグループにマッピングされている LUN とイニシエータグループも確認できます。

関連するアノテーションペインでは、選択した Storage VM に関連付けられているアノテーションの詳細を確認できます。これには、 Storage VM に適用されるアノテーションの名前と値などの情報が含まれます。関連するアノテーションペインから手動アノテーションを削除することもできます。

Related Devices ペインでは、 Storage VM に関連するクラスタ、アグリゲート、ボリュームを確認できます。

  • * クラスタ *

    Storage VM が属するクラスタの健全性ステータスが表示されます。

  • * アグリゲート *

    選択した Storage VM に属するアグリゲートの数が表示されます。最も高い重大度レベルに基づいて、アグリゲートの健全性ステータスも表示されます。たとえば、 Storage VM に 10 個のアグリゲートがあり、 5 つのステータスが「警告」で残りの 5 つが「重大」の場合、ステータスは「重大」と表示されます。

  • * 割り当て済みアグリゲート *

    Storage VM に割り当てられているアグリゲートの数が表示されます。最も高い重大度レベルに基づいて、アグリゲートの健全性ステータスも表示されます。

  • * ボリューム *

    選択した Storage VM に属するボリュームの数と容量が表示されます。最も高い重大度レベルに基づいて、ボリュームの健全性ステータスも表示されます。Storage VM に FlexGroup がある場合は、 FlexGroup の数も含まれます。 FlexGroup コンスティチュエントは含まれません。

[ 関連グループ ] ペイン

Related Groups ペインでは、選択した Storage VM に関連付けられているグループのリストを確認できます。

[ 関連アラート ] ペイン

関連するアラートペインでは、選択した Storage VM に対して作成されたアラートのリストを確認できます。また、 [ * アラートの追加 * ] リンクをクリックしてアラートを追加したり、アラート名をクリックして既存のアラートを編集したりすることもできます。