日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

EPEL リポジトリを手動で設定します

寄稿者

Unified Manager をインストールするシステムが Extra Packages for Enterprise Linux ( EPEL )リポジトリにアクセスできない場合、インストールが成功するためにはリポジトリを手動でダウンロードして設定する必要があります。

EPEL リポジトリは、システムにインストールする必要があるサードパーティユーティリティへのアクセスを提供します。Unified Manager を Red Hat と CentOS のどちらのシステムにインストールする場合も EPEL リポジトリを使用します。

手順
  1. インストールに対応する EPEL リポジトリをダウンロードします。Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、次のサイトからダウンロードしてください。

    バージョン 8 については、次のサイトからダウンロードしてください。

  2. EPEL リポジトリを設定します。

    yum`install epel-reley-latest-<version>.noarch.rpm`

Red Hat Enterprise Linux 8 システムの場合 'javapackages-filesystem -<version>.mmodule.rpm' などのモジュール型 RPM パッケージを含む内部リポジトリがある場合は ' モジュール型パッケージのメタデータも同じリポジトリで使用できることを確認してください