日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

不要なイベントを無効にします

寄稿者

デフォルトでは、すべてのイベントが有効になっています。環境で重要でないイベントについては、グローバルに無効にして通知が生成されないようにすることができます。無効にしたイベントの通知を再開するときは、該当するイベントを有効にすることができます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

イベントを無効にすると、システムで以前に生成されたイベントは「廃止」とマークされ、それらのイベントに設定されたアラートはトリガーされなくなります。無効にしたイベントを有効にすると、それらのイベントの通知の生成が次の監視サイクルから開始されます。

オブジェクトのイベント(など)を無効にした場合 vol offline イベント)をクリックし、あとでイベントを有効にした場合、イベントが無効な状態のときにオフラインになったオブジェクトに対しては新しいイベントは生成されません。Unified Manager では、イベントを再度有効にしたあとにオブジェクトの状態に変更があった場合にのみ新規のイベントが生成されます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Event Setup * をクリックします。

  2. イベント設定 * ページで、次のいずれかのオプションを選択してイベントを無効または有効にします。

    状況 操作

    イベントを無効にします

    1. [Disable] をクリックします。

    2. [ イベントの無効化 ] ダイアログボックスで、イベントの重大度を選択します。

    3. [Matching Events] カラムで、イベントの重大度に基づいてディセーブルにするイベントを選択し、右矢印をクリックして [Disable Events] カラムに移動します。

    4. [ 保存して閉じる ] をクリックします。

    5. 無効にしたイベントが Event Setup ページのリストビューに表示されることを確認します。

    イベントを有効にします

    1. 有効にするイベントのチェックボックスを選択します。

    2. [Enable] をクリックします。