日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Configure Protection (保護の設定)ダイアログボックス

保護の設定ダイアログボックスを使用して、クラスタ上のすべての読み取り、書き込み、データ保護のボリュームに対して SnapMirror 関係と SnapVault 関係を作成し、ソースボリュームまたはプライマリボリューム上のデータをレプリケートできます。

[ ソース ] タブ

  • * トポロジビュー *

    作成する関係が視覚的に表示されます。デフォルトでは、トポロジ内のソースが強調表示されます。

  • * ソース情報 *

    選択したソースボリュームに関する詳細が表示されます。次の情報が含まれます。

    • ソースクラスタ名

    • ソース SVM 名

    • ボリュームの累積合計サイズ

      選択したすべてのソースボリュームの合計サイズが表示されます。

    • ボリュームの累積使用サイズ

      選択したすべてのソースボリュームの累積使用サイズが表示されます。

    • ソースボリューム

      次の情報を表形式で表示します。

      • ソースボリューム

        選択したソースボリュームの名前が表示されます。

      • を入力します

        ボリュームタイプが表示されます。

      • SnapLock タイプ

        ボリュームの SnapLock タイプが表示されます。「 Compliance 」、「 Enterprise 」、「 Non-SnapLock 」のいずれかです。

      • Snapshot コピー

        ベースライン転送に使用される Snapshot コピーが表示されます。ソースボリュームが読み取り / 書き込みの場合、 Snapshot コピーの列の default の値は、新しい Snapshot コピーがデフォルトで作成され、ベースライン転送に使用されることを示します。ソースボリュームがデータ保護ボリュームの場合、 Snapshot コピー列の default の値は新しい Snapshot コピーが作成されないことを示し、既存のすべての Snapshot コピーがデスティネーションに転送されます。Snapshot コピーの値をクリックすると Snapshot コピーのリストが表示され、ベースライン転送に使用する既存の Snapshot コピーを選択できます。ソースタイプがデータ保護の場合、別のデフォルトの Snapshot コピーを選択することはできません。

SnapMirror タブ

保護関係のデスティネーションクラスタ、 Storage Virtual Machine ( SVM )、アグリゲート、および SnapMirror 関係を作成する際のデスティネーションの命名規則を指定できます。SnapMirror ポリシーとスケジュールを指定することもできます。

  • * トポロジビュー *

    作成する関係が視覚的に表示されます。デフォルトでは、トポロジ内の SnapMirror のデスティネーションリソースが強調表示されます。

  • * 目的地情報 *

    保護関係のデスティネーションリソースを選択できます。

    • 詳細リンク

      SnapMirror 関係の作成時に、詳細なデスティネーション設定ダイアログボックスを表示します。

    • クラスタ

      保護デスティネーションホストとして使用できるクラスタが表示されます。このフィールドは必須です。

    • Storage Virtual Machine ( SVM )

      選択したクラスタで使用可能な SVM が表示されます。このリストに SVM を表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。

    • アグリゲート

      選択した SVM で使用できるアグリゲートが表示されます。このリストにアグリゲートを表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。アグリゲートリストには、次の情報が表示されます。

      • ランク

        複数のアグリゲートがデスティネーションの要件をすべて満たす場合、この順位は、次の条件に従ってアグリゲートを表示する優先順位を示します。

        1. ソースボリュームのノードとは異なるノードに配置されているアグリゲートが優先され、障害ドメインの分離が可能になります。

        2. ボリューム数が少ないノード上のアグリゲートが優先され、クラスタ内のノード間での負荷分散が可能になります。

        3. 他のアグリゲートよりも空きスペースの多いアグリゲートが優先され、容量の分散が可能になります。順位 1 は、この 3 つの条件に従っているアグリゲートが最も優先されることを示します。

      • アグリゲート名

        アグリゲートの名前

      • 使用可能容量

      • アグリゲートでデータに使用できるスペースの量

      • リソースプール

        アグリゲートが属するリソースプールの名前

    • 命名規則

      デスティネーションボリュームに適用されるデフォルトの命名規則を指定します。用意されている命名規則をそのまま使用することも、カスタムの命名規則を作成することもできます。命名規則には、 %C 、 %M 、 %V 、 %N という属性を指定できます。 %C はクラスタ名、 %M は SVM 名、 %V はソースボリューム、 %N はトポロジのデスティネーションノード名です。

    入力が無効な場合、命名規則のフィールドが赤で強調表示されます。「名前のプレビュー」リンクをクリックすると、入力した命名規則のプレビューが表示され、テキストフィールドに命名規則を入力するとプレビューテキストが動的に更新されます。関係を作成すると、 001 ~ 999 のサフィックスが宛先名に付加されます。プレビューテキストに表示される nnn は置き換えられ、 001 が最初に割り当てられ、 002 が 2 番目に割り当てられます。

  • * 関係設定 *

    保護関係で使用する最大転送速度、 SnapMirror ポリシー、およびスケジュールを指定できます。

    • 最大転送速度

      ネットワークを介してクラスタ間でデータを転送する最大速度を指定します。最大転送速度を指定しない場合は、関係間でベースライン転送が制限されません。

    • SnapMirror ポリシー

      関係の ONTAP SnapMirror ポリシーを指定します。デフォルトは DPDefault です。

    • ポリシーの作成

      SnapMirror ポリシーの作成ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、新しい SnapMirror ポリシーを作成して使用できます。

    • SnapMirror スケジュール

      関係の ONTAP SnapMirror ポリシーを指定します。スケジュールは、「 None 」、「 5min 」、「 8hour 」、「 daily 」、「 hourly 」、 毎週、デフォルトは「 None 」で、関係にスケジュールが関連付けられません。スケジュールが設定されていない関係については、ストレージサービスに属している場合を除き、遅延ステータスの値は表示されません。

    • スケジュールを作成します

      スケジュールの作成ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、新しい SnapMirror スケジュールを作成できます。

SnapVault タブ

保護関係のセカンダリクラスタ、 SVM 、アグリゲート、および SnapVault 関係を作成する際のセカンダリボリュームの命名規則を指定できます。SnapVault ポリシーとスケジュールを指定することもできます。

  • * トポロジビュー *

    作成する関係が視覚的に表示されます。デフォルトでは、トポロジ内の SnapVault セカンダリリソースが強調表示されます。

  • * 二次情報 *

    保護関係のセカンダリリソースを選択できます。

    • 詳細リンク

      Advanced Secondary Settings ダイアログボックスを起動します。

    • クラスタ

      セカンダリ保護ホストとして使用できるクラスタが表示されます。このフィールドは必須です。

    • Storage Virtual Machine ( SVM )

      選択したクラスタで使用可能な SVM が表示されます。このリストに SVM を表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。

    • アグリゲート

      選択した SVM で使用できるアグリゲートが表示されます。このリストにアグリゲートを表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。アグリゲートリストには、次の情報が表示されます。

      • ランク

        複数のアグリゲートがデスティネーションの要件をすべて満たす場合、この順位は、次の条件に従ってアグリゲートを表示する優先順位を示します。

        1. プライマリボリュームのノードとは異なるノードに配置されているアグリゲートが優先され、障害ドメインの分離が可能になります。

        2. ボリューム数が少ないノード上のアグリゲートが優先され、クラスタ内のノード間での負荷分散が可能になります。

        3. 他のアグリゲートよりも空きスペースの多いアグリゲートが優先され、容量の分散が可能になります。順位 1 は、この 3 つの条件に従っているアグリゲートが最も優先されることを示します。

      • アグリゲート名

        アグリゲートの名前

      • 使用可能容量

      • アグリゲートでデータに使用できるスペースの量

      • リソースプール

        アグリゲートが属するリソースプールの名前

    • 命名規則

      セカンダリボリュームに適用されるデフォルトの命名規則を指定します。用意されている命名規則をそのまま使用することも、カスタムの命名規則を作成することもできます。命名規則には、 %C 、 %M 、 %V 、 %N という属性を指定できます。 %C はクラスタ名、 %M は SVM 名、 %V はソースボリューム、 %N はトポロジのセカンダリノード名です。

    入力が無効な場合、命名規則のフィールドが赤で強調表示されます。「名前のプレビュー」リンクをクリックすると、入力した命名規則のプレビューが表示され、テキストフィールドに命名規則を入力するとプレビューテキストが動的に更新されます。無効な値を入力すると、プレビュー領域に無効な情報が赤の疑問符として表示されます。リレーションが作成されると、 001 ~ 999 の接尾辞がセカンダリ名に付加されます。プレビューテキストに表示される nnn は置き換えられ、 001 が最初に割り当てられ、 002 が 2 番目に割り当てられます。

  • * 関係設定 *

    保護関係で使用する最大転送速度、 SnapVault ポリシー、および SnapVault スケジュールを指定できます。

    • 最大転送速度

      ネットワークを介してクラスタ間でデータを転送する最大速度を指定します。最大転送速度を指定しない場合は、関係間でベースライン転送が制限されません。

    • SnapVault ポリシー

      関係の ONTAP SnapVault ポリシーを指定します。デフォルトは XDPDefault です。

    • ポリシーの作成

      Create SnapVault Policy ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、新しい SnapVault ポリシーを作成して使用できます。

    • SnapVault スケジュール

      関係の ONTAP SnapVault スケジュールを指定します。スケジュールは、「 None 」、「 5min 」、「 8hour 」、「 daily 」、「 hourly 」、 毎週、デフォルトは「 None 」で、関係にスケジュールが関連付けられません。スケジュールが設定されていない関係については、ストレージサービスに属している場合を除き、遅延ステータスの値は表示されません。

    • スケジュールを作成します

      スケジュールの作成ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、 SnapVault スケジュールを作成できます。

コマンドボタン

各コマンドボタンを使用して次のタスクを実行できます。

  • * キャンセル *

    選択内容を破棄して、 Configure Protection ダイアログボックスを閉じます。

  • * 適用 *

    選択項目を適用して保護プロセスを開始します。