日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Storage VMの関連付けの概要

Storage Virtual Machine(Storage VM)の関連付けは、ソースStorage VMからデスティネーションStorage VMへのマッピングであり、リソースの選択やセカンダリボリュームのプロビジョニングのためにパートナーアプリケーションで使用されます。

デスティネーションStorage VMがセカンダリデスティネーションか3次デスティネーションかに関係なく、ソースStorage VMとデスティネーションStorage VMの間で関連付けが作成されます。セカンダリデスティネーションStorage VMをソースとして使用して、3番目のデスティネーションStorage VMとの関連付けを作成することはできません。

アプリケーション管理者またはストレージ管理者は、環境内のStorage VMの関連付けを* Protection > Storage VM Associations *ページで確認できます。

SVMを関連付ける方法は3つあります。

  • 任意のStorage VMを関連付け:任意のプライマリソースStorage VMと1つ以上のデスティネーションSVMの間で関連付けを作成できます。つまり、現時点で保護を必要とする既存のすべてのSVMおよび今後作成されるすべてのSVMが指定したデスティネーションSVMに関連付けられます。たとえば、異なる場所にある複数のソースのアプリケーションを1箇所にある1つ以上のデスティネーションSVMにバックアップできます。

  • 特定のStorage VMを関連付け:特定のソースStorage VMと1つ以上の特定のデスティネーションSVMの間で関連付けを作成できます。たとえば、データを互いに分離する必要のある多数のクライアントにストレージサービスを提供する場合は、このオプションを選択して、特定のソース Storage VM を、対象のクライアントにのみ割り当てられる特定のデスティネーション Storage VM に関連付けることができます。

  • 外部Storage VMと関連付け:ソースStorage VMとデスティネーションStorage VMの外部のフレキシブルボリュームとの間で関連付けを作成できます。

Storage VMの関連付けを作成します

Create Storage Virtual Machine Associationsウィザードでは、パートナーの保護アプリケーションを使用して、ソースStorage VMをデスティネーションStorage VMに関連付けて、SnapMirror関係とSnapVault 関係で使用することができます。パートナーアプリケーションでは、デスティネーションボリュームの最初のプロビジョニングの際にこれらの関連付けを使用して、.ddを選択するリソースを特定します

  • 必要なもの *

  • 関連付ける Storage VM がすでに存在している必要があります。

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

すべてのソース Storage VM と関係タイプについて、各デスティネーションクラスタでデスティネーション Storage VM を 1 つだけ選択できます。

削除機能と作成機能を使用した関連付けの変更は、以降のプロビジョニング処理にのみ反映されます。既存のデスティネーションボリュームは移動されません。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、* Protection > Storage VM Associations *をクリックします。

  2. [* Storage VM Associations]ページで、[* Create]をクリックします。

    Create Storage Virtual Machine Associations *ウィザードが起動します。

  3. 次のいずれかのソースを選択します。

    • * 任意 *

      任意のプライマリ Storage VM ソースと 1 つ以上のデスティネーション Storage VM の間で関連付けを作成する場合に、このオプションを選択します。つまり、現時点で保護を必要とする既存のすべての Storage VM と、以降に作成されるすべての Storage VM が、指定したデスティネーション Storage VM に関連付けられます。たとえば、異なる場所にある複数のソースのアプリケーションを 1 箇所にある 1 つ以上のデスティネーション Storage VM にバックアップできます。

    • * シングル *

      1 つ以上のデスティネーション Storage VM に関連付けられている特定のソース Storage VM を選択する場合に、このオプションを選択します。たとえば、データを互いに分離する必要のある多数のクライアントにストレージサービスを提供する場合は、このオプションを選択して、特定の Storage VM ソースを、対象のクライアントにのみ割り当てられる特定の Storage VM デスティネーションに関連付けます。

    • * なし(外部) *

      ソース Storage VM とデスティネーション Storage VM の外部のフレキシブルボリュームの間で関連付けを作成する場合に、このオプションを選択します。

  4. 作成する保護関係タイプとして、次のいずれかまたは両方を選択します。

    • * SnapMirror *

    • * SnapVault *

  5. 「 * 次へ * 」をクリックします。

  6. Storage VM 保護デスティネーションを 1 つ以上選択してください。

  7. [ 完了 ] をクリックします。

Storage VMの関連付けを削除します

パートナーアプリケーションに対するStorage VMの関連付けを削除して、ソースとデスティネーションのStorage VM間のセカンダリプロビジョニング関係を削除することができます。この処理は、たとえば、デスティネーションStorage VMがいっぱいになり、Storage VMの保護の関連付けを新たに作成する場合などに行います。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

Delete *ボタンは、Storage VMとの関連付けが少なくとも1つ選択されるまで無効になります。関連付けの削除と追加による変更は、以降のプロビジョニング処理にのみ反映されます。既存のデスティネーションボリュームが移動されることはありません。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、* Protection > Storage VM Associations *をクリックします。

  2. Storage VMの関連付けを少なくとも1つ選択してください。

    • Delete * (削除)ボタンが有効になっています。

  3. [ 削除 ] をクリックします。 *

    警告のダイアログボックスが表示されます。

  4. 続行するには、 [ はい ] をクリックします。

    選択したStorage VMの関連付けがリストから削除されます。