日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスケード関係またはファンアウト関係を作成して、既存の保護関係から保護を拡張します

既存の関係のソースボリュームからのファンアウトまたはデスティネーションボリュームからのカスケードを作成することで、既存の関係から保護を拡張できます。この処理は、 1 つのサイトから複数のサイトにデータをコピーする必要がある場合や、バックアップをさらに作成して追加の保護を提供する必要がある場合に実行します。

複数のボリュームを保持するコンテナである整合グループを使用してボリュームの保護を拡張することで、すべてのボリュームを 1 つのエンティティとして管理できます。SnapMirror のビジネス継続性( SM-BC )整合グループと同期整合性グループの関係は、 Unified Manager の関係のページで確認できます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • Workflow Automation のセットアップが完了している必要があります。

手順
  1. [* 保護 >] 、 [ 関係 *] の順にクリックします。または、ボリュームの詳細ページで関係を確認します。

  2. * Volume Relationships * ページで、保護の拡張元の SnapMirror 関係を選択します。

  3. アクションバーで、 * 保護の拡張 * をクリックします。

  4. メニューで、ソースからファンアウト関係を作成するか、デスティネーションからカスケード関係を作成するかに応じて、ソースから * を選択するか、デスティネーションから * を選択します。

  5. 作成する保護関係のタイプに応じて、「 * with SnapMirror * 」または「 * with SnapVault * 」のいずれかを選択します。

    [ 保護の設定 * ( Configure Protection * ) ] ダイアログボックスが表示されます。

    注記

    これは、一元化された関係 / ボリューム関係とボリューム / 健常性の詳細ページから実行できます。

  6. [ 保護の設定 *] ダイアログボックスに示されている情報を入力します。