日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム / 健全性の詳細ページから SnapMirror 保護関係を作成しています

データレプリケーションを有効にしてデータを保護するために、ボリューム / 健全性の詳細ページを使用して SnapMirror 関係を作成することができます。SnapMirror レプリケーションを使用すると、ソースでデータ損失が発生した場合にデスティネーションボリュームからデータをリストアできます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • Workflow Automation のセットアップが完了している必要があります。

次の場合、 * Protect * メニューは表示されません。

  • RBAC の設定で休止操作が許可されていない場合:オペレータの権限しかない場合など

  • ボリューム ID が不明な場合:クラスタ間関係が確立されているがデスティネーションクラスタが検出されていない場合など

保護ジョブは、パフォーマンスに影響を及ぼすことなく最大 10 件まで同時に実行できます。11~30 件のジョブを同時に実行すると、パフォーマンスが低下することがあります。30 を超えるジョブを同時に実行することは推奨されません。

手順
  1. [* Volume/Health* (ボリューム / ヘルス * の詳細) ] ページの [* 保護 ] タブ * で、保護するボリュームの名前をトポロジビューで右クリックします。

  2. メニューから * Protect * > * SnapMirror * を選択します。

    Configure Protection (保護の設定)ダイアログボックスが表示されます。

  3. 「 * SnapMirror * 」をクリックして、「 * SnapMirror * 」タブを表示し、デスティネーション情報を設定します。

  4. 必要に応じて「 * 詳細設定 * 」をクリックしてスペースギャランティを設定し、「 * 適用 * 」をクリックします。

  5. [ 保護の設定 *] ダイアログボックスの [ 接続先情報 *] 領域と [ 関係設定 *] 領域に入力します。

  6. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

    ボリューム / 健全性の詳細ページに戻ります。

  7. 「 * Volume/Health * details 」ページの上部にある保護設定ジョブのリンクをクリックします。

    ジョブのタスクと詳細がジョブの詳細ページに表示されます。

  8. [ * ジョブ * の詳細 ] ページで、 [ * 更新 * ] をクリックして、保護設定ジョブに関連するタスクリストとタスクの詳細を更新し、ジョブが完了したかどうかを確認します。

  9. ジョブのタスクが完了したら、ブラウザの * 戻る * をクリックして * 音量 / ヘルス * の詳細ページに戻ります。

    新しい関係がボリューム / 健全性の詳細ページのトポロジビューに表示されます。

設定で指定したデスティネーション SVM と詳細設定で有効にしたオプションに応じて、次のいずれかの SnapMirror 関係が作成されます。

  • ソースボリュームと同じかそれよりも新しいバージョンの ONTAP で実行されているデスティネーション SVM を指定した場合、デフォルトではブロックレプリケーションベースの SnapMirror 関係が作成されます。

  • ソースボリュームと同じかそれよりも新しいバージョンの ONTAP で実行されているデスティネーション SVM を指定し、詳細設定でバージョンに依存しないレプリケーションを有効にした場合、バージョンに依存しないレプリケーションを使用した SnapMirror 関係が作成されます。

  • ONTAP の以前のバージョン、またはソースボリュームよりも新しいバージョンで実行されているデスティネーション SVM を指定した場合、以前のバージョンではバージョンに依存しないレプリケーションがサポートされていれば、バージョンに依存しないレプリケーションを使用した SnapMirror 関係が自動で作成されます。