日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Event Setup ページ

寄稿者

[Event Setup] ページに、無効なイベントのリストが表示され、関連するオブジェクトタイプやイベントの重大度などの情報が提供されます。イベントのグローバルな無効化や有効化などのタスクを実行することもできます。

このページにアクセスできるのは、アプリケーション管理者ロールまたはストレージ管理者ロールが割り当てられている場合のみです。

コマンドボタン

選択したイベントについて、各コマンドボタンを使用して次のタスクを実行できます。

  • * 無効 *

    [ イベントの無効化 ] ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスを使用して、イベントを無効にできます。

  • * 有効 *

    以前に無効にするように選択したイベントを有効にします。

  • * ルールのアップロード *

    ルールのアップロードダイアログボックスを表示します。このダイアログボックスで、外部ネットワークアクセスのないサイトから Active IQ ルールファイルを Unified Manager に手動でアップロードできます。これらのルールがクラスタの AutoSupport メッセージに対して実行され、 Active IQ プラットフォームで定義されているシステム構成、ケーブル配線、ベストプラクティス、および可用性についてのイベントが生成されます。

  • * EMS イベント * を購読しなさい

    [EMS イベントのサブスクライブ( Subscribe to EMS Events ) ] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、監視しているクラスタから特定の Event Management System ( EMS ;イベント管理システム)イベントを受け取るようにサブスクライブできます。EMS では、クラスタで発生したイベントに関する情報を収集します。サブスクライブした EMS イベントに関する通知を受信すると、適切な重大度を使用して Unified Manager イベントが生成されます。

リストビュー

リストビューには、無効になっているイベントに関する情報が表形式で表示されます。列のフィルタを使用して、表示するデータをカスタマイズできます。

  • * イベント *

    無効なイベントの名前が表示されます。

  • * 重大度 *

    イベントの重大度が表示されます。重大、エラー、警告、情報のいずれかです。

  • * ソースタイプ *

    イベントが生成されるソースタイプが表示されます。