日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

特定のユーザにイベントを割り当てます

未割り当てのイベントは、自分自身またはリモートユーザを含む他のユーザに割り当てることができます。必要に応じて、割り当てられたイベントを別のユーザに再割り当てすることもできます。たとえば、ストレージオブジェクトで頻繁に問題が発生する場合、そのオブジェクトを管理するユーザにそれらの問題に対するイベントを割り当てることができます。

  • 必要なもの *

  • ユーザの名前と E メール ID が正しく設定されている必要があります。

  • オペレータ、アプリケーション管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * イベント管理 * をクリックします。

  2. [ * イベント管理 * ] インベントリページで、割り当てるイベントを 1 つ以上選択します。

  3. 次のいずれかを実行してイベントを割り当てます。

    イベントを割り当てるユーザ 操作

    自分自身

    [ * Assign to * > * Me * ] をクリックします。

    別のユーザ

    1. [* Assign to * > * another user* ( * 他のユーザーに割り当て) ] をクリックします

    2. 所有者の割り当てダイアログボックスで、ユーザー名を入力するか、ドロップダウンリストからユーザーを選択します。

    3. [Assign] をクリックします。

      ユーザに E メール通知が送信されます。

      注記

      ユーザ名を入力しない場合、またはドロップダウンリストからユーザを選択し、 * assign * をクリックすると、イベントは未割り当てのままになります。