日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップとリストアの処理の管理

Active IQ Unified Manager のバックアップを作成し、リストア機能を使用して、システム障害やデータ損失が発生した場合に、同じ(ローカル)システムまたは新しい(リモート)システムにバックアップをリストアできます。

Unified Manager をインストールしたオペレーティングシステム、および管理対象のクラスタとノードの数に応じて、バックアップとリストアの方法は 3 種類あります。

オペレーティングシステム 展開のサイズ 推奨されるバックアップ方法

VMware vSphere の場合

任意

Unified Manager 仮想アプライアンスの VMware スナップショット

Red Hat Enterprise Linux または CentOS Linux

小規模

Unified Manager の MySQL データベースダンプ

大規模

Unified Manager データベースの NetApp Snapshot

Microsoft Windows の場合

小規模

Unified Manager の MySQL データベースダンプ

大規模

NetApp Snapshot of Unified Manager database with iSCSI protocol 』

これらのさまざまな方法については、以降のセクションで説明します。