日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アノテーションルールの作成

Unified Manager がボリューム、クラスタ、 Storage Virtual Machine ( SVM )などのストレージオブジェクトを動的にアノテートするために使用するアノテーションルールを作成できます。

  • 必要なもの *

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

監視中のストレージオブジェクトは、アノテーションルールの作成後すぐにアノテートされます。新しいオブジェクトは、監視サイクルの完了後にアノテートされます。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage Management * > * Annotations * をクリックします。

  2. [* 注釈ルール * ( * Annotation Rules * ) ] タブで、 [ * 追加( * Add * ) ] をクリックする

  3. アノテーションルールの追加 * ダイアログボックスで、アノテーションルールの名前を指定します。

  4. [ * ターゲットオブジェクトタイプ * ] フィールドで、アノテーションを適用するストレージオブジェクトのタイプを選択します。

  5. [ * アノテーションの適用 * ] フィールドで、使用するアノテーションとアノテーションの値を選択します。

  6. [ 条件 ] セクションで、条件、条件グループ、またはその両方を作成するための適切なアクションを実行します。

    作成対象 手順

    条件

    1. オペランドのリストからオペランドを選択します。

    2. 演算子として「 * Contains * 」または「 * is * 」を選択します。

    3. 値を入力するか、使用可能な値のリストから値を選択します。

    条件グループ

    1. [ 条件グループの追加( Add Condition Group ) ] をクリックする。

    2. オペランドのリストからオペランドを選択します。

    3. 演算子として「 * Contains * 」または「 * is * 」を選択します。

    4. 値を入力するか、使用可能な値のリストから値を選択します。

    5. 必要に応じて、 [ 条件の追加( Add Condition ) ] をクリックして条件をさらに作成し、条件ごとに手順 a ~ d を繰り返します。

  7. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

アノテーションルールの作成例

アノテーションルールを作成し、条件の設定と条件グループの追加を行うには、アノテーションルールの追加ダイアログで次の手順を実行します。

手順
  1. アノテーションルールの名前を指定します。

  2. ターゲットオブジェクトタイプとして Storage Virtual Machine ( SVM )を選択します。

  3. アノテーションのリストからアノテーションを選択し、値を指定します。

  4. 条件セクションで、オペランドとして * オブジェクト名 * を選択します。

  5. 演算子として * Contains * を選択します。

  6. 「 VM_data 」という値を入力します。

  7. [ * 条件グループの追加 * ] をクリックします。

  8. オペランドとして * オブジェクト名 * を選択します。

  9. 演算子として * Contains * を選択します。

  10. 値を「 vol 」として入力します。

  11. [ 条件の追加( Add Condition ) ] をクリックする。

  12. 手順 8 から 10 を繰り返し、手順 8 のオペランドとして「 * data-priority * 」を選択し、手順 9 の演算子として「 * is * 」を、手順 10 の値として「 * mission-critical 」を選択します。

  13. [ 追加( Add ) ] をクリックします。