日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux と Windows のバックアップスケジュールの定義

Unified Manager UI を使用して、 Unified Manager の Snapshot バックアップを作成するスケジュールを設定できます。

  • 必要なもの *

  • オペレータ、アプリケーション管理者、またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • メンテナンスコンソールで、 Snapshot を作成するデスティネーションを特定するように NetApp Snapshot バックアップを設定しておく必要があります。

数分で Snapshot バックアップが作成され、 Unified Manager データベースがロックされるのは数秒だけです。

注記

新しいクラスタに追加してから最初の 15 日間に作成されたバックアップは、過去のパフォーマンスデータを取得するのに十分な精度がない可能性があります。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * General * > * Database Backup * をクリックします。

  2. [* データベース・バックアップ * ] ページで、 [ * バックアップ設定 * ] をクリックします。

  3. 保持する Snapshot コピーの最大数を「 * Retention Count * 」フィールドに入力します。

    保持数のデフォルト値は 10 です。Snapshot コピーの最大数は、クラスタ上の ONTAP ソフトウェアのバージョンによって決まります。このフィールドを空白のままにすると、 ONTAP のバージョンに関係なく最大値を実装できます。

  4. 「毎日スケジュール」または「毎週スケジュール」 * ボタンを選択し、スケジュールの詳細を指定します。

  5. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

Snapshot バックアップファイルはスケジュールに基づいて作成されます。使用可能なバックアップファイルは、 [ データベースバックアップ ] ページに表示されます。

このボリュームと Snapshot の重要性により、次のいずれかの場合に通知を受けるために、このボリュームに対して 1 つまたは 2 つのアラートを作成することができます。

  • ボリュームスペースが 90% フルの場合。イベント「 * Volume Space Full 」を使用してアラートを設定します。

    ONTAP System Manager または ONTAP CLI を使用してボリュームに容量を追加し、 Unified Manager データベースのスペースが不足しないようにすることができます。

  • Snapshot が最大数に近づいています。イベント * Snapshot コピー数が多すぎる * を使用してアラートを設定してください。

    ONTAP System Manager または ONTAP CLI を使用して古い Snapshot を削除して、新しい Snapshot バックアップ用の空きスペースを常に確保することができます。

アラートの設定は、 Alert Setup ページで行います。