日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

JBoss パスワードを変更しています

インストール時に設定されたインスタンス固有の JBoss パスワードをリセットできます。このセキュリティ機能によって Unified Manager のインストール設定が上書きされてしまいます。必要に応じて、パスワードをリセットすることもできます。この処理を実行すると、 MySQL へのアクセス時に JBoss で使用するパスワードも変更になります。

  • 必要なもの *

  • Unified Manager がインストールされている Windows システムに対する admin 権限が必要です。

  • MySQL の root ユーザのパスワードが必要です。

  • ディレクトリにある、ネットアップが提供する「 password.bat 」スクリプトにアクセスできる必要があります

    C:\Program Files\NetApp\essentials\bin.

手順
  1. Unified Manager ホストマシンに admin ユーザとしてログインします。

  2. Windows サービスコンソールを使用して、次の Unified Manager サービスを停止します。

    • NetApp Active IQ 取得サービス( Ocie-au )

    • NetApp Active IQ 管理サーバサービス( Oncommandsvc )

  3. 「 password.bat 」スクリプトを起動して、パスワード変更プロセスを開始します。

    C : \Program Files\NetApp\essentials\bin>password.bat resetJBossPassword

  4. プロンプトが表示されたら、 MySQL root ユーザのパスワードを入力します。

  5. プロンプトが表示されたら、新しい JBoss ユーザのパスワードを入力し、確認のためにもう一度入力します。

    パスワードは 8~16 文字で指定し、数字、大文字、小文字、および次の特殊文字の少なくとも 1 文字を含める必要があります。

    '!@%^*-_=[]:<> ? /~+`

  6. スクリプトが完了したら、 Windows サービスコンソールを使用して Unified Manager サービスを開始します。

    • NetApp Active IQ 管理サーバサービス( Oncommandsvc )

    • NetApp Active IQ 取得サービス( Ocie-au )

  7. すべてのサービスが開始されたら、 Unified Manager UI にログインできます。