日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager をアンインストールしています

寄稿者

Unified Manager をアンインストールするには、プログラムと機能ウィザードを使用するか、コマンドラインインターフェイスから無人アンインストールを実行します。

  • 必要なもの *

  • Windows の管理者権限が必要です。

  • ソフトウェアをアンインストールする前に、 Unified Manager サーバからすべてのクラスタ(データソース)を削除しておく必要があります。

手順
  1. 次のいずれかを実行して Unified Manager をアンインストールします。

    • Unified Managerをプログラムと機能*ウィザードからアンインストールする場合は、次の手順を実行します。

      1. [ コントロールパネル > プログラムと機能 * ] に移動します。

      2. Active IQ Unified Manager を選択し、 * Uninstall * をクリックします。

    • コマンドラインからUnified Managerをアンインストールする場合は、次の手順を実行します。

      1. 管理者権限でWindowsのコマンドラインにログインします。

      2. Active IQ Unified Manager ディレクトリに移動し、次のコマンドを実行します。

        「+ msiexec /x{A78760DB-7EC0-4305-97dB - E4A89CDFF4E1}/qn /l * v %systemdrive%\UmUnInstall.log +」

      サーバでユーザアカウント制御( UAC )が有効になっていて、ドメインユーザとしてログインしている場合は、コマンドラインによるアンインストールを実行する必要があります。

    Unified Manager がシステムからアンインストールされます。

  2. Unified Manager のアンインストール時に削除されない次のサードパーティパッケージとデータをアンインストールします。

    • サードパーティパッケージ:JRE、MySQL、Microsoft Visual C# 43;2015再頒布可能パッケージ、Python、 7zipで構成されます

    • Unified Manager によって生成された MySQL のアプリケーションデータ

    • アプリケーションログとアプリケーションデータディレクトリの内容