日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

論理インターフェイス( LIF )の移動

論理インターフェイス( LIF )を負荷の低いポートに移動すると、負荷分散を改善し、メンテナンス処理やパフォーマンスの調整、間接アクセスの軽減に役立ちます。

間接アクセスはシステムの効率を低下させる可能性があります。ボリュームワークロードでネットワーク処理とデータ処理に別々のノードが使用されている場合に発生します。間接アクセスを軽減するには LIF を再配置します。つまり、ネットワーク処理とデータ処理に同じノードが使用されるように LIF を移動します。負荷の高い LIF が ONTAP によって自動的に別のポートに移動されるようにロードバランシングを設定することも、 LIF を手動で移動することもできます。

* 利点 * * 考慮事項 *
  • 負荷分散を改善します。

  • 間接アクセスが軽減されます。

注記

CIFS 共有に接続されている LIF を移動すると、 CIFS 共有にアクセスするクライアントが切断されます。CIFS 共有に対する読み取り要求や書き込み要求はすべて中断されます。

ロードバランシングを設定するには、 ONTAP コマンドを使用します。詳細については、 ONTAP のネットワークに関するドキュメントを参照してください。

LIF を手動で移動する場合は、 ONTAP System Manager と ONTAP CLI コマンドを使用します。