日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

非アクティブなボリュームと LUN を削除します

寄稿者 netapp-chikkusu

アグリゲートの空きスペースが問題として識別されている場合は、使用されていないボリュームと LUN を検索してアグリゲートから削除できます。これにより、ディスクスペース不足の問題を軽減できます。

アグリゲートでのパフォーマンスイベントの原因がディスクスペースの不足である場合は、使用されなくなったボリュームと LUN をいくつかの方法で特定できます。

使用されていないボリュームを特定する方法

  • イベントの詳細ページの * 影響を受けるオブジェクト数 * フィールドには、影響を受けるボリュームのリストを示すリンクが表示されます。

    リンクをクリックすると、 Performance : All Volumes ビューにボリュームが表示されます。このページで関連するボリュームを * IOPS * でソートすると、アクティブでないボリュームがわかります。

使用されていない LUN を特定する方法

  1. イベントの詳細ページで、イベントが発生したアグリゲートの名前を書き留めます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * LUNs * をクリックし、表示メニューから * Performance * > * All LUNs * を選択します。

  3. [Filtering] をクリックし、左側のドロップダウンメニューから [Aggregate] を選択して、テキストフィールドにアグリゲートの名前を入力し、 [Apply Filter] をクリックします。

  4. 表示された影響を受ける LUN のリストを * IOPS * でソートして、アクティブでない LUN を確認します。

使用されていないボリュームと LUN を特定したら、 ONTAP System Manager または ONTAP コマンドを使用して、それらのオブジェクトを削除できます。