日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager のパフォーマンス監視機能

Unified Manager は、 ONTAP ソフトウェアを実行しているシステムからパフォーマンス統計を収集して分析します。このツールは、動的なパフォーマンスしきい値とユーザ定義のパフォーマンスしきい値を使用して、多数のクラスタコンポーネントにわたるさまざまなパフォーマンスカウンタを監視します。

長い応答時間(レイテンシ)は、ストレージオブジェクト(ボリュームなど)の実行速度が通常よりも遅いことを示しています。また、この問題は、ボリュームを使用しているクライアントアプリケーションのパフォーマンスが低下したことも示します。Unified Manager はパフォーマンス問題が存在するストレージコンポーネントを特定し、そのパフォーマンス問題に対処するための推奨される対処策を提示します。

Unified Manager には次の機能があります。

  • ONTAP ソフトウェアを実行しているシステムからワークロードのパフォーマンス統計を監視して分析します。

  • クラスタ、ノード、アグリゲート、ポート、 SVM のパフォーマンスカウンタを追跡します。 ボリューム、 LUN 、 NVMe ネームスペース、およびネットワークインターフェイス( LIF )。

  • IOPS (処理数)、 MBps (スループット)、レイテンシ(応答時間)、利用率など、ワークロードのアクティビティを時系列で示す詳細なグラフを表示します。 パフォーマンス容量とキャッシュ比率:

  • しきい値を超えた場合にイベントをトリガーして E メールアラートを送信する、ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーを作成できます。

  • システム定義のしきい値とワークロードのアクティビティを学習する動的なパフォーマンスしきい値を使用して、パフォーマンスの問題を特定してアラートを送信します。

  • ボリュームおよび LUN に適用されるサービス品質( QoS )ポリシーとパフォーマンスサービスレベルポリシー( PSL )を特定します。

  • 競合状態のクラスタコンポーネントを特定します。

  • クラスタコンポーネントを過剰に消費しているワークロードと、アクティビティの増加によってパフォーマンスが影響を受けたワークロードを特定します。