日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Workload Analyzer で表示されるデータは何ですか

寄稿者 netapp-chikkusu

Workload Analyzer ページには、ワークロードに影響している可能性のある現在のイベントに関する情報、イベントの原因となっている問題を修正するための推奨事項、およびパフォーマンスと容量の履歴を分析するためのグラフが表示されます。

ページの上部では、分析するワークロード(ボリュームまたは LUN )の名前と、統計情報を表示する期間を指定します。表示する期間はいつでも短縮または延長することができます。

ページの他の領域には、分析結果およびパフォーマンスと容量のグラフが表示されます。

注記

LUN のワークロードグラフに表示される統計情報レベルは、ボリュームのワークロードグラフと同じではないため、これら 2 種類のワークロードで異なる値が表示されることもあります。

  • * イベントサマリ領域 *

    期間中に発生したイベントの数とタイプの概要が表示されます。さまざまな影響領域(パフォーマンスや容量など)のイベントがある場合は、この情報が表示され、関心のあるイベントタイプの詳細を選択できます。イベントタイプをクリックすると、イベント名のリストが表示されます。

    期間中にイベントが 1 つしかない場合、一部のイベントについては、問題を修正するための推奨事項のリストが表示されます。

  • * イベントタイムライン *

    指定した期間内に発生したすべてのイベントが表示されます。各イベントにカーソルを合わせると、イベント名が表示されます。

    イベントの詳細ページから * ワークロードの分析 * ボタンをクリックしてこのページを表示した場合は、選択したイベントのアイコンが大きく表示され、イベントを特定できます。

  • * パフォーマンスチャート領域 *

    選択した期間のレイテンシ、スループット( IOPS と MBps の両方)、利用率(ノードとアグリゲートの両方)のグラフが表示されます。さらに分析を行う場合は、 View performance details リンクをクリックしてワークロードの Performance Explorer ページを表示できます。

    • * Latency * は選択した期間のワークロードのレイテンシを表示します。このグラフには、次の 3 つのビューがあります。

      • * 合計 * レイテンシ

      • * 内訳 * レイテンシ(読み取り、書き込み、その他のプロセスによる内訳)

      • * クラスタコンポーネント * レイテンシ(クラスタコンポーネント別)

を参照してください "クラスタコンポーネントとその競合要因" 表示されるクラスタコンポーネントの概要の場合。 * Throughput * には、選択した期間におけるワークロードの IOPS と MBps の両方のスループットが表示されます。このグラフには 4 つのビューがあり、それぞれ以下を確認できます。 * * 合計スループット * * 内訳 * スループット(読み取り、書き込み、その他のプロセスで内訳) * クラウドスループット * (クラウドへのデータの書き込みとクラウドからのデータの読み取りに使用される MBps 。 容量をクラウドに階層化しているワークロードの場合) * 予測付き IOPS * ( IOPS スループットの上限と下限の値が時間枠を超えて想定される予測)このチャートには、サービス品質( QoS )の最大スループットと最小スループットのしきい値の設定も表示されます(設定されている場合)。 そのため、 QoS ポリシーによって意図的にスループットが制限されているかどうかを確認することができます。 * Utilization * には、選択した期間にワークロードが実行されているアグリゲートとノードの両方の利用率が表示されます。ここから、アグリゲートまたはノードが過剰に使用され、レイテンシが高くなっていないかどうかを確認できます。FlexGroup ボリュームを分析している場合は、利用率グラフに複数のノードと複数のアグリゲートが表示されます。

  • * 容量チャート領域 *

    過去 1 カ月のワークロードに対するデータ容量と Snapshot 容量のグラフが表示されます。

    ボリュームについては、容量の詳細の表示リンクをクリックして、詳細な分析を行う場合に備えてワークロードの健全性の詳細ページを表示できます。LUN の健全性の詳細ページがないため、 LUN ではこのリンクは表示されません。

    • * 容量ビュー * :ワークロードに割り当てられている使用可能な合計スペースと使用済みの論理スペースが表示されます(ネットアップによるすべての最適化の完了後)。

    • * Snapshot ビュー * には、 Snapshot コピー用にリザーブされているスペースの合計と、現在使用されているスペースの量が表示されます。LUN には Snapshot ビューがありません。

    • * クラウド階層ビュー * には、ローカルのパフォーマンス階層で使用されている容量とクラウド階層で使用されている容量が表示されます。これらのグラフには、このワークロードの容量がフルになるまでの推定残り時間が表示されます。この情報は過去の使用状況に基づいており、最低 10 日間のデータが必要です。Unified Manager は、容量が 30 日未満になるとストレージを「ほぼフル」とみなします。