日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタコンポーネント別のボリュームレイテンシを表示します

寄稿者 netapp-chikkusu

ボリュームの詳細なレイテンシ情報を表示するには、ボリュームパフォーマンスエクスプローラのページを使用します。Latency - Total カウンタグラフはボリュームの合計レイテンシを表示し、 Latency - Breakdown カウンタグラフはボリュームへの読み取りと書き込みのレイテンシが及ぼす影響を特定するのに役立ちます。

また、 Latency - Cluster Components チャートには各クラスタコンポーネントのレイテンシの詳細な比較が表示され、各コンポーネントがボリュームの合計レイテンシにどのように影響しているかを確認できます。表示されるクラスタコンポーネントは次のとおりです。

  • ネットワーク

  • 最大 QoS

  • 最小 QoS

  • ネットワーク処理

  • クラスタインターコネクト

  • データ処理

  • アグリゲートの処理

  • ボリュームのアクティブ化

  • MetroCluster リソース

  • クラウドレイテンシ

  • 同期 SnapMirror

手順
  1. 選択したボリュームの * ボリュームパフォーマンスエクスプローラ * ページで、レイテンシチャートからドロップダウンメニューから * クラスタコンポーネント * を選択します。

    Latency - Cluster Components (レイテンシ - クラスタコンポーネント)グラフが表示されます。

  2. グラフのより大きなバージョンを表示するには、「 * ズームビュー * 」を選択します。

    クラスタコンポーネント別のグラフが表示されます。を選択または選択解除して、比較対象を調整することができます 各クラスタコンポーネントに関連付けられている。

  3. 特定の値を表示するには、グラフ領域にカーソルを合わせてポップアップウィンドウを表示します。